シュヴァンクマイエルのキメラ的世界 幻想と悪夢のア... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

シュヴァンクマイエルのキメラ的世界 幻想と悪夢のアッサンブラージュ [DVD]

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,668より 中古品の出品:5¥ 2,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: ヤン・シュヴァンクマイエル, エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー
  • 監督: ベルトラン・シュミット, ミシェル・ルクレール
  • 形式: Color, Dolby
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日本コロムビア
  • 発売日 2007/08/22
  • 時間: 58 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000S00LTW
  • JAN: 4988001904892
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 165,325位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

鬼才、ヤン・シュヴァンクマイエルの『アリス』『ファウスト』から『オテサーネク 妄想の子供』までの制作秘話や、チェコで催された展覧会の準備風景を交えつつ、豊富なインタビューと証言で彼の作品の魅力を解き明かすファン必見のドキュメンタリー。

内容(「Oricon」データベースより)

鬼才ヤン・シュヴァンクマイエルの「アリス」「ファウスト」「悦楽共犯者」から「オテサーネク」までの制作秘話やチェコで開催された展覧会の準備風景を交えつつ、豊富なインタビューと証言で解き明かすドキュメンタリー。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 のじり トップ1000レビュアー 投稿日 2014/1/3
Amazonで購入
このソフトは2001年にフランスのテレビ局が製作したもので、日本ではボックスセットへ映像特典的に入っていたものを分売したものです。

内容は・・・
○ 『オテサーネク』のメイキング 
・・・ クレイアニメーションや木の子供の準備風景や撮影風景、主演オーデション等、多岐にわたる内容で興味深い。シュヴァンクマイエルのアニメ製作が多くのアニメーター(といっても日本でいうアニメーターとは随分異なる)によって支えられているのもわかる。部分的に『悦楽共犯者』のメイキングシーンも少しあります。

○ 監督の妻エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー(故人)との共同作業。
・・・ 展覧会の準備や夫妻の合同インタヴュー、共同作品での分業の仕方等々。面白いのは自宅紹介のシーン。シュヴァンクマイエルの自宅にはアルチンボルド風彫像など不思議なものが多数鎮座しており、まさにシュルレアリスム美術館の様相です。

これらの内容を ‘シュヴァンクマイエル作品を読み解くのに重要なキーワード’ 別に紹介していく。
キーワードだけでもかなり参考になるので記しておきたい。(そして各キーワード冒頭に示されるタイトルアニメーションも楽しい)

【自然科学・アニメーション・地下室・創造的な対話・理想的な館・風潮に逆
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告