通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シュヴァルツェスマーケン 3 縹渺たる煉獄の彼方に... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。出荷前に検品をしていますが、中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。万が一、商品に不備がございましたら発送前にメールにて御連絡させて頂きます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シュヴァルツェスマーケン 3 縹渺たる煉獄の彼方に (ファミ通文庫) 文庫 – 2012/3/30

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シュヴァルツェスマーケン 3 縹渺たる煉獄の彼方に (ファミ通文庫)
  • +
  • シュヴァルツェスマーケン 2 無垢なる願いの果てに (ファミ通文庫)
  • +
  • シュヴァルツェスマーケン 4 許されざる契りのために (ファミ通文庫)
総額: ¥2,268
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第155回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『コンビニ人間』 、直木賞は『海の見える理髪店』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

どうして、妹を疑わないといけないんだ……

家族を殺した国家保安省への恐怖を振り払い、彼らの謀略を阻止したテオドールはカティアを救出し、
彼女を守り抜くために反体制派であるアイリスディーナと共に戦うと心に誓う。
そんな折に666戦術機中隊へ新たな衛士――死んだはずの妹、リィズが編入された。
妹は国家保安省のスパイなのか!? 疑心渦巻く中、中隊に国連軍共同作戦参加の命が下る――!!
大人気PCゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ』の物語より一八年前。欧州大戦を描く物語、第3弾!!

内容(「BOOK」データベースより)

家族を殺した国家保安省への恐怖を振り払い、彼らの謀略を阻止したテオドールはカティアを救出し、彼女を守り抜くために反体制派であるアイリスディーナと共に戦うと心に誓う。そんな折に666戦術機中隊へ新たな衛士―死んだはずの妹、リィズが編入された。妹は国家保安省のスパイなのか!?疑心渦巻く中、中隊に国連軍共同作戦参加の命が下る―!!大人気PCゲーム『マブラヴオルタネイティヴ』の物語より一八年前。欧州大戦を描く物語、第3弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 446ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2012/3/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047279323
  • ISBN-13: 978-4047279322
  • 発売日: 2012/3/30
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 154,921位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
マブラヴシリーズの中でも個人的に最注目している作品の第三巻。
今までも十分面白いと思っていましたが今回はさらにその上をいってくれました。
以下微妙にネタバレ注意

人間関係においては義妹であるリィズの登場が大きいですが、その一方で自らの胸の内を明かすアイリスディーナ、彼女に次第に惹かれていくテオドール、そしてその姿を複雑な心境で見守るカティアとメインキャラの関係も大きく進展していきます。
そんな中で私が注目したのは同志中尉ことグレーテル。彼女の心境の変化に胸を打たれたのは私だけでは無いはず。

物語の展開的には今までにない明るく読みやすい展開から始まり、「あれ? 俺何のラノベ呼んでるんだっけ?」と思わず思ってしまうくらいでしたが、後半から始まる「海王星」作戦ではマブラヴらしいシビアかつ熱い戦闘が繰り広げられ、人類の奮戦をあざ笑うBETAの姿が描かれます。
そして三巻終盤に描かれる第666部隊とそれに呼応する他部隊の活躍はマブラヴシリーズでも屈指の熱い展開と言って過言ではないでしょう。思わず手に汗握ります。
そして迎えるエピローグ。ここを読んだ時私は思わず涙しました。

全てを拒絶する主人公、崩壊を前にしても威信を維持するため非道な行為を繰り返す国家、そして突き付けられる数多
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
3巻目にきてとうとう女性達が水着を着てくれます。
定番の展開をきっちり詰め込みながら、戦争ばかりの日常とは変わる距離感も意識させ
キャラクターへの愛着がますます深まります。
そんな部隊内に波紋を呼ぶのが主人公の義妹の登場。スパイへの警戒など当前の彼らにとって
奇跡の再会も、肉親だという事すらも、最高の隠れ蓑に見えてしまう。
信頼が絶対である戦場で生死を共にしなければ見極めることも出来無いというのは
改めてこの国の狂気を見せつけられる思いです。

また今回は多国間共同大規模作戦が展開されます。世界最新鋭次世代戦術機も登場します。
他国の多様な戦術機が戦闘に新しい彩りを加え、東独の頑迷さもよく見える様になります。
ですがそれでも、主人公達「シュヴァルツェスマーケン」の活躍は強烈な印象を残してくれます。
繰り広げられる死闘には瞬きすら許されません。
正にその瞬間を切り取った挿絵の映像がしばらく頭から離れてくれないでしょう。
読後の興奮が落ち着くと次巻の待ち遠しさに苦しむこととなります。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今巻は表紙の少女ことリィズを主眼に置いた話が展開されていきますが、メインはどちらかというと国連軍共同作戦の方でしょう。
内容紹介にも記載されているとおり、義妹が国家保安省(シュタージ)のスパイなのかと疑念を抱きながらも物語は着々と進んでいきます。
新たに登場する西ドイツ軍衛士の少女も良い味を出しており、主人公達の守る東ドイツという国が外部からどういった目で見られているのかが分かり、彼我の認識の差を突きつけられます。
終盤は一巻、二巻と変わらず盛り上がり、テオドールの活躍もまた健在でした。

マブラヴシリーズに共通していることですが、やはり主人公の心情と成長過程の描写は素晴らしいです。
同じファミ通文庫のトータルイクリプスの方でも主人公は周囲の者と衝突し悩みがらも精神的に成長していきます。
これまでのシュヴァルツェスマーケンでもそれは同様であり、今巻では特にテオドールがリィズを疑うことへの躊躇いとそれによって生じる自己嫌悪、しかしそれでも冷静に役割をこなさなければならない葛藤が上手に描かれていました。
著者は違えどそのあたりの作風は変わらず、戦術機での戦闘や作戦行動の描写もさることながら、登場人物たちの人間らしさを押し出すことで常に先が気になりながら読み進められます。

今巻は物語的に
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
なんか日本語のタイトルみたら某FFの必殺技みたいだよね。
この巻で第666戦術機中隊各自の恋愛相関図が浮かびあがります。
オルタネイティブシリーズながらテオドールが恋愛原子核っぽくないのが
俺的には好感度高いです。(まぁ今後どうなるかはわかりませんが今のところ)
いや、今みたら既に充分原子核候補ですな・・。
確かにイケメンだけどさ・・。ひょっとしてクシャシンスカも参戦したりすんの・・?
って感じ。

あと”暁遥かなり”のシナリオモードでシュヴァルツェス・マーケンのストーリーを
なぞったら超アツな展開だろうなぁ・・と妄想してみたり。
や、それはトータルイクリプスでも同じなんですけどね?
この巻で疑惑の人物が中隊に配属されます・・テオドールが良く知る人物です。
どうなるか・・なんとなく先が読めるけど・・。
ちなみに”誰か”については表紙でバレバレです。
ムサいオッサンキャラじゃなくて良かったx2
今回はシュタージのあのお方の出番はありません。
ファンの方は残念でした。
次の巻にはでてくるのかな?アイリスディーナとの対決は見物だよね。

今回も相変わらず我らがシュヴァルツェス・マーケン中隊は厳しい戦い
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック