中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シュガー社員が会社を溶かす 単行本(ソフトカバー) – 2007/10/24

5つ星のうち 3.4 35件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,440 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

なぜ、若手社員は自分に甘く、勝手ばかり言うのか?

各メディアで話題の、自分に甘く、自立心に乏しい「シュガー社員」。その名付け親が、遂に本を執筆!

●会社のルールが「自分らしさ」を奪っている●私がやりたいことはこんな仕事ではないので一生懸命にはなれない...一人前に仕事ができないのに甘い考えばかりを持ち権利だけを主張、社内において向上心も責任感もない彼らへの対処法をタイプ別に紹介します。

出版社からのコメント

 出版と同時に、各メディアから大反響!

「そんなダメ社員は、とっとと辞めさせればいいじゃないか」と仰る中小企業の上司の方々、本当にそうですか?

これからますます、「シュガー社員」は増えていきます。

「あの人は苦手なので、一緒に仕事したくありません」
「なんでメールじゃいけないんですか」
「そんなこと、最初に言われていません」
「そんな仕事は、バイトか派遣にやらせればいい」
「俺がやりたかった仕事は、こんなんじゃないんですけど」

 と、仕事はまだまだ半人前のくせに、身勝手なことばかり言い出すシュガー社員。言いたいことを言い、権利ばかりを主張しますが、仕事人としての責任感は希薄です。そんなシュガー社員をどういうふうに扱えばよいかが、会社の将来を左右します。

 企業の責任とは何か? 従業員の責任とは何か?
 現場のさまざまな声を客観的に聞いてきた社会保険労務士の著者が、わかりやすい文章でまとめています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 238ページ
  • 出版社: ブックマン社 (2007/10/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4893086715
  • ISBN-13: 978-4893086716
  • 発売日: 2007/10/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 553,278位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
知らなかったがシュガー社員というものがいるらしい。
著者である田北さんのネーミングらしいが、微妙な。。。

確かなことは、田北さんは「シュガー社員」を嫌いだということ。
実に憎んでいるかのように、読んでいて気持ち悪くなるくらい、罵倒されている。
そこまで言わなくてもいいのに、そんなダメ人間を雇ったヤツの責任はどうなっているんだ!
と思うくらい、ぼこぼこである。

「対処方法」も説明されていて、人間扱いされていない。
嫌いな人の悪口は、傍が聞くと耐えられないということの印象が強く、せっかくの対処方法が台無しになっている。
実に惜しい本だ。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
1.こうならざるべき、という事例集として、自分を戒めるための一つの指針となってくれた。

2.でも、著者が想定する「若手」、つまりシュガー社員が大量にできあがる世代を十把一絡げに非難されている気がして、気分が悪い。

結論:タイトル通り。☆3かなぁ…読み始めは「若者非難の本をなぜ若者の俺がわざわざ買ってしまったんだろう、本選びをミスった!」とイライラしていたが、読み終えてしばらく経ってから1番のように考えることができたから。

*本論からは外れるけれども、なぜ「ダメ男」のタグ"だけ"がこの商品についているんだ?ダメ女タグもあってしかるべきじゃないか?と思ってみたり。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 エパメイノンダス VINE メンバー 投稿日 2008/5/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
職場のトンデモな人々について、世代論に話をスライドさせつつ、通俗的でいかに
もな原因分析と因果関係の説明でレッテル貼りしただけの駄本。久しぶりに、読ん
でて不快な怒りが湧き起こった本。
一番最初に出てきた就業規則のはなしだけど、専門でもないくせにいちゃもんつけ
るな!という著者の憤りしか感じられなかった。就業規則が読みたい、家に持って
いって家族と共に読みたいというのはそんなにトンデモなことなの?ちなみに私の
会社は冊子形式の就業規則が皆に配られ、当然家にもってかえってましたけど。単
に製本代、コピー代がもったいないので皆にくばらないのでは?としか思えなかっ
た。もし、これが経営にポリシーのある経営者とかだったら、これを洗脳するチャ
ンスとみて、なぜ就業規則を皆に配らないのか、その理由を滔々と説き過去の苦労
話や情感をからめつつ、己の経営方針について説明し、信者にしてしまうのでは?
そんなにトンデモだというのであれば、そもそも彼ら彼女らを採用した人事部の問
題なのでは?

つまりは、異なる考えや価値観(さらには文化)の人達が来る事を、実は想定もし
ていないし対処もできていないということを図らずも暴露しているだけなのでは?
...続きを読む ›
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
だめんずうぉーかー的な読み物としては面白いのだろうが。。。
猛獣珍獣の生態については類型的に描かれており、逃げる方法は書かれているが、
飼い馴らす方法は書かれていないから、猛獣珍獣使い(管理者)には役に立たない。
本書自体がシュガーと言われても仕方がない。
いまどき企業が求めるような素質を持った社員が最初からいるわけではないし、
無理して人格を変えることもできない。それはすでに分かっているから、
妥協して育てていくためにコーチングやファシリテーションのような方法が
体系的に整備されてきているわけだ。
この本に興味を持った方はコーチング等社員との双方向で自発的な(お互いに傷つかない)
軌道修正を促す(人格攻撃したり無理強いするのではなく)方法についても
十分な理解を持った上で本書にも取り組んでいただきたい。
本書を生兵法的には利用しないでほしいというのが評者の願いである。
(評者自身30人以上の女性社員たちと日々格闘しているが)
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本の長所
これから働く人、ならびに現在働いている(とりわけ)若手社員にとって、心構えを確認できるところ。しかし、それならば、ビジネスマナーだとか、新入社員の心得だとか書かれた本を買ったり借りたりすればよく、この本でなくてもいい。ゆえに、長所は特に評価に値しない。
この本の短所
1.事例が不適当。きちんと教育をすれば防げる事例があるように感じた(たとえば、p170〜(事例はすべてモデル)は単なるギャップのようなので、きちんと説明すればいいと思った)。その他、シュガー社員側に一理あるところもあった。
2.視点がダメ。(1)シュガー社員がもし増えて、仮にこの本の通りならば、シュガー社員だけ悪し様に言うのはアンフェアではないか(たとえば、p224「将来への不安」については、シュガー社員に責任があるとは言えない(社会情勢の変化が大きい))。(2)データからは、著者の主張を導き出せないところが多い(たとえば、p153の勤続年数とシュガー社員の因果関係は不明確だし(整理解雇や、有期雇用も考えられる)、p184の働く目的についても、年齢を重ねて考え方が変わることもありうる)。
3.専門知識も不十分。たとえば、p2の就業規則の事例で言えば、これでも周知義務を果たしているが(労働基準法第106条第1項)、文書も認められており、説明としては、p2の事
...続きを読む ›
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック