通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (新潮文庫) 文庫 – 1955/4/15

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (新潮文庫)
  • +
  • シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)
  • +
  • シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)
総額: ¥1,793
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

引退して田舎に引籠っていたホームズが、ドイツのスパイ逮捕に力を貸す、シリーズ中の異色作「最後の挨拶」。ほかに、一人暮しの老婆のもとに塩漬けの耳が送られてくる「ボール箱」、姿を見せない下宿人と奇妙な新聞広告の謎を解く「赤い輪」、国家機密である特殊潜航艇の設計図の盗難をめぐってホームズ兄弟が活躍する「ブルース・パティントン設計書」など全8編を収録。


登録情報

  • 文庫: 276ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1955/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102134093
  • ISBN-13: 978-4102134092
  • 発売日: 1955/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,699位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 metze 投稿日 2003/1/26
形式: 文庫
題名にもあるように、これがホームズが最後に手がけた事件です。(この後にもシリーズは出版されていますが、年代にズレがあります)「最後の挨拶」は少し毛色の変わった話で、ドイツのスパイ逮捕に晩年のホームズが協力する筋立てとなっています。実際にこの時期には第一次世界大戦が始まり、ドイツはイギリスにとって敵国だったわけで、このあたりからも一人息子を戦争でなくしたドイルの気持ちがよく表れている作品だといえます。他にはホームズが病床で死の危機に瀕す「瀕死の探偵」、漏洩した国家機密をめぐってシャーロック・マイクロフトのホームズ兄弟が活躍する「ブルース・パティントン設計書」など珠玉の作品がギュっと詰まった1冊です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 vadim 投稿日 2016/12/9
形式: 文庫 Amazonで購入
ホームズものを延原氏の翻訳でいろいろ読んできましたが、
私にとってホームズ物の魅力は、ホームズのキレキレの個性、それを受け止めるワトソンの愛と理解の優しさ、
ビクトリア時代のイギリスがもたらすところの奇怪な事件の数々、
当時の人々の、日常保たれていた、今は亡き礼儀、折り目正しさ、
そして、コナン・ドイル氏による、ワトソンあるいは第三者による、物語の
語り口のうまさ、知性、というところだなー、と思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
シャーロック・ホームズをこれから読まれる方は次の順序で読まれることをお勧めする。先ず「緋色の研究」から始まり、「四つの署名」、「シャーロックホームズの冒険」、「シャーロック・ホームズの思い出」、「パスカルヴィル家の犬」、「シャーロックホームズの帰還」、「恐怖の谷」、「シャーロック・ホームズ最後の挨拶」そして「シャロック・ホームズの事件簿」で終了する。なお、新潮社文庫は編集の関係で落とした短編をまとめて「シャーロック・ホームズ乃叡智」なる本を出版しているのでご留意下さい。
 何はともあれ、推理小説の原典としての価値は充分ある作品集である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
30年近く前に一度手にしていたのですが、最近また読んでみたくて購入しました。
若い頃はあまり古典的で意味がわからない所もあったが、改めて読んでみると内容も理解できて新鮮さが味わえた。
久々に一気に読み込んでしまった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kaizen #1殿堂 投稿日 2009/10/17
形式: 文庫
短編集で、最初が「ウィステリア荘」です。

犯罪を犯した加害者と、被害死者が最初の想定とは逆だったりするかもしれまえん。
犯罪の原因が物語の外にあるかもしれません。

話によっては、ホームズお得意の証拠から推察していく場合があります。
また、証言から進展する場合もあります。
話の展開はさまざまです。
そのため、ホームズの話の展開と活躍は安心して読んでいられます。

ps.
アメリカ訛りを翻訳は生かせていないとのこと。
関西弁でも、東北弁でも、日本語の種類を生かせなかった翻訳家には疑問を感じる。
訳したのが、今ほど時間と情報が豊富でなかった時代なので、やむをえないことかもしれない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告