通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫) 文庫 – 1955/9/22

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)
  • +
  • シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (新潮文庫)
  • +
  • シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)
総額: ¥1,793
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ある朝はやく、ワトスン博士はメイドにたたき起された。急患が来ているという。診察室に入ったワトスンが目にしたのは、片手に血だらけのハンカチをまきつけている若い技師だった。ハンカチを解いた手は医師のワトスンもぞっとするものだった。親指が根もとからなくなっているのだ。技師が語る恐怖の体験「技師の親指」など、8編を収めたシャーロック・ホームズ・シリーズ完結編。


登録情報

  • 文庫: 271ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1955/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102134107
  • ISBN-13: 978-4102134108
  • 発売日: 1955/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,257位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 元々Doyleの原作にはこの『シャーロック・ホームズの叡智』という作品集は存在せず、新潮社が『シャーロック・ホームズの冒険』『同思い出』『同帰還』『同事件簿』から紙面の都合上割愛した作品を一冊にまとめたものです。その意味で、Doyleの原作に少々手をつけてしまっているのが残念ですが、基本的には短編集ですし、読み進める際には問題ありません(例えば過去の事件の回想などという時に時間の歯車が噛み合わなくなる位)。上記の作品集から割愛されたからと言って定評が少ない作品であるはずもなく、勿論穂ホームズシリーズの名作が収録されています。
 取り分け、「技師の親指」などは広く知られた話で、シャーロック・ホームズの代表的な事件記でもあります。怪しい屋敷で指を切られて逃げて来た技師の物語です。又、「緑柱石の王冠」の様に規模の大きな事件から、異色のカンニング事件を扱った「三人の学生」などジャンルも幅広く、一冊で十分に楽しむことが出来ます。相変わらず延原謙氏の翻訳文は個人的に好きで、19世紀末のロンドンの格調高い様子から荒廃した社会まで、ワトスンの手記を通して目に見えるように広がっていくのは魅力的ですが、訳者本人はまだまだ不本意な部分があるようです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
もし、あなたがシャーロック・ホームズを初めて読まれるならば、出版順に読まれることをお勧めする
 先ず、最初は「緋色の研究」と「四つの署名」は読んで欲しい。ついで短編集の「シャーロック。ホームズの冒険」、「シャーロック・ホームズの想い出」、長編「パスカヴィル家の犬」、「シャーロック・ホームズの帰還」、長編「恐怖の谷」、「シャーロック・ホームズ最後の挨拶」、そして、最後に「シャーロックホームズの事件簿」を読み終えると完全読破したことになる。但し新潮文庫版では、短編集の都合で先の作品から落とされた物を集めて「シャーロック・ホームズの叡智」なる表題で出版されているので、他の出版社の作品を選ぶ方が良いとおもう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 metze 投稿日 2003/1/26
形式: 文庫
「シャーロック・ホームズの叡智」という題名のついたシリーズは実際の原作には存在しないのですが、ページの都合上他のシリーズでカットされたものが集められているそうです。だからといって他のものに劣るということは全くなく、他の物語同様どれも素晴らしい作品ばかりです。全部で8話納められていますが、中でも私のオススメは「技師の親指」という作品。この題名に興味を持った方、さっそく読んでみましょう!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
訳文の古さは問題ではない。訳者嗣子による最低限の補訂も経ているし、最近の新潮文庫の版組はとても読みやすい。むしろ19世紀ヴィクトリア朝時代を舞台とするホームズ譚を味わうには最もふさわしい翻訳という評価が定着している。
しかしどうしても気になるのが、この『叡智』の存在だ。訳者による解説に、出版当時(1950年代)の編集方針で厚さを抑える目的で『冒険』『思い出』『帰還』『事件簿』から短編をいくつか外したとある。恐らくは完結した後に、外した短編まとめたこの『叡智』の出版を決めたようだ。
訳者も各解説で当初の短編集から外した作品か内容で劣るものではないと言っているし、苦渋の選択であったことが十分に察せられる(だからこそ『叡智』も出版されたのだろう)。しかしこれは、ある意味では当時流行していた長編の抄訳と同じことだ。
ホームズシリーズは一時の中断を挟んで30年間ほど書き続けられたものであり、やはりそれぞれの時期で内容や作風に変化がある。『冒険』と『事件簿』ではやはり大きく雰囲気も異なる。全作品を通読するのであれば発表順の読むのが望ましいが、新潮文庫の構成はこの視点を欠いている。
個人完訳を最も早い時期(一番ではないかもしれない)に成し遂げた新潮文庫には、ぜひとも本来の構成に改めてこの延原訳ホームズの出版を続けてほしいものだ。
補訂時が最も好機
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告