通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫) 文庫 – 1953/4/2

5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)
  • +
  • 四つの署名 (新潮文庫)
  • +
  • 緋色の研究 (新潮文庫)
総額: ¥1,555
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ロンドンにまき起る奇怪な事件を追って神出鬼没する名探偵シャーロック・ホームズは、その怜悧な推理と魅力的な個性で読者を魅了する。近代探偵小説を確立したホームズ物語の第一短編集。赤毛の男が加入した奇妙な組合のからくりを追う「赤髪組合」、乞食を三日やったらやめられない話「唇の捩れた男」など10編。意表をつく事件の展開、軽妙なユーモアがあふれる作品集である。

内容(「BOOK」データベースより)

ロンドンにまき起る奇怪な事件を追って神出鬼没する名探偵シャーロック・ホームズは、その怜悧な推理と魅力的な個性で読者を魅了する。近代探偵小説を確立したホームズ物語の第一短編集。赤毛の男が加入した奇妙な組合のからくりを追う『赤髪組合』、乞食を三日やったらやめられない話『唇の捩れた男』など10編。意表をつく事件の展開、軽妙なユーモアがあふれる作品集である。


登録情報

  • 文庫: 472ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1953/4/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102134018
  • ISBN-13: 978-4102134016
  • 発売日: 1953/4/2
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,692位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 シャーロック・ホームズ短編集の中でも、著名な作品が多数収録されている一冊です。「まだらの紐」や「ボヘミアの醜聞」といった作品は、映画でも知られている名作で、何度読んでも楽しめます。個人的に好きな(笑)アイリーン・アドラーの登場があるのも魅力的でしょうか。短編集ですから、短編ならではの簡潔さと明快さを持ち合わせていますが、同時にホームズの英知とでも言うべき思考も短時間に楽しめます。自分でプロットを追いながら推理を楽しむのも良いでしょうし、彼の類稀な発想から何か1つずつ学んでいくのも良いでしょう。ホームズとワトスンのやり取りの中に、彼らの性格の長所短所がふんだんに織り込まれているのも楽しみの一つです。
 新潮社のシャーロック・ホームズシリーズは日本語訳が酷いという意見も時々耳にしますが、個人的にはそうは思えませんでした。寧ろ、原文の隠喩的な雰囲気も十分に伝わって来ますし、少々古臭い表現や回りくどい言い回しも、個人的には叙情的に感じています。ホームズシリーズを読む際には、緋色の研究を口切とするのが一般的ですが、短編でホームズの魅力を追及出来るこの一冊から読み始めるのも悪くはないかと思います。
1 コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 vadim 投稿日 2016/3/30
形式: 文庫 Amazonで購入
有名なホームズ物を延原氏の訳で、大変楽しみました。年を取るほどその素晴らしさが味わえ、ドイル氏と延原氏のいたこの世界に生まれてラッキーだったなー、と思うほどです!
ホームズの物語は、最初病気の症状、に当たる事件のあらわれ方は謎が深く不可解で不思議です!
しかし、ホームズが最後に解説してくれると、そうだったのかー!!!となって、さすが!すごい!と思って面白いのです。

ホームズのキャラクターのユニークさ、すごさはまず一つの魅力ですよね。ドイル氏の恩師の一人、ベル氏という人が、
本当に鋭い人だったので、インスパイアされたそうですが、戦前は豪快で、簡単には自分の説を曲げない、
人にどう思われるか、は、自分の信念の前には二の次、の男子が多かったみたいだなー、と感じます。
そういうところが男のロマン、を感じさせます。

それから、数々の面白い事件ですが、私はドイル氏がどこでそのネタを仕入れて・・・あるいは思いついて、
それを、どう、最初、不可解な出来事として見せていくか、を考えて、
それを、どういう切り口からホームズが解明していくか、という・・・まあ、プロットを考えていく過程が・・・やはりすごいと思います。
お金や恨み、といった原因が多いですが、それにしても、19世紀なので
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
多くの人が子供のときに手に取ったであろう名作推理小説。新潮文庫のこの『シャーロック・ホームズの冒険』は装丁がオシャレな感じで、しばらくぶりにまた読みたいと思った方にはおススメです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
言わずと知れたミステリーの始祖シャーロック・ホームズの、しかも初期短編集を今さらながら読んでみた。今で言う「キャラミス」の走りと言うか、助手のワトスン医師との掛け合いは読んでるだけで楽しい。人間観察の達人ぶりも遺憾なく発揮され、相談に訪れた相手の知るはずのないプライベートデータをずばり言い当てて煙に巻く、あのホームズだった。
 短編集と言うこともあるが、真に悲惨な殺人事件などはなく、ホームズの名探偵ぶりに降参した犯人が兜を脱ぐ、と言った牧歌的ミステリがほとんど。悪く言えば緊張感に乏しいのだけど、気楽に読めるのは大きなセールスポイントだと思う。それに現代の読者にとって、ホームズとワトスンが登場するだけででも満足出来ると言うネームバリューも大きい。
 いわゆる本格ミステリ的な謎解き要素やトリックなどは見られないが、世界一有名な元祖名探偵の活躍を楽しむだけで十分。シャーロック・ホームズは名前で銭を取れる唯一の名探偵かも知れない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
昔の新潮文庫は、中途半端な収録で、はみ出た分を「叡智」と言うタイトルの別巻にしてました。いまでもそうなのかな?それに文庫でドイルの自伝「我が思い出と冒険」(延原訳)も出てたんですよ。最近はシャーロックブームだし、復刊希望です。まあ電子化が先かも知れませんが… 延原様は「新青年」時代からのご活躍で、ボディガードは後年007で稼いだ井上一夫様です。電車で周りの女学生などの会話を良く聞いて生き生きとした表現に役立ていた、と言うエピソードを井上先生が書いていた記憶があります。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー