通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シャングリ・ラ 下 (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シャングリ・ラ 下 (角川文庫) 文庫 – 2008/10/25

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 802
¥ 802 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シャングリ・ラ 下 (角川文庫)
  • +
  • シャングリ・ラ 上 (角川文庫)
  • +
  • 夏化粧 (角川文庫)
総額: ¥2,283
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

21世紀半ば。熱帯化した東京には巨大積層都市・アトラスがそびえていた。さまざまなものを犠牲に進められるアトラスの建築に秘められた驚愕の謎とは--? まったく新しい東京の未来像を描き出した傑作長編!!

内容(「BOOK」データベースより)

ついに反政府ゲリラは政府に宣戦布告。國子はブーメランひとつで戦車部隊に立ち向かう。だが地上の森では政府とゲリラの戦争をあざ笑うかのように、想像を超えた進化が始まっていた。究極のエコロジー社会がもたらす脅威とは?國子たちは生き残れるのか?アトラス計画の真の目的とは?ゲリラ豪雨、石油価格の高騰、CO2の取引など、2004年に既に現在を予言し、SFを現代小説に転換した傑作長編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 514ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2008/10/25)
  • ISBN-10: 4043647050
  • ISBN-13: 978-4043647057
  • 発売日: 2008/10/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 459,097位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
下巻は完全にマンガ。
どんでん返し多すぎ。
でも着眼点は素晴らしい。
CO2の排出権が経済の中心って事なんだけどね。

■読んで欲しい人
・若い官僚の人
・経済学者の人
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
上巻からどんどんありえなさがエスカレート。
漫画のような、から漫画のためのストーリーかと思うくらい
開き直ったストーリー。
解説の筒井氏も書いているように、「過剰」という言葉がぴったり。
前半(上巻)のストーリーが結構よく感じていただけに、
強引な後半が残念。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
上巻で広げた大風呂敷を納めるため、下巻はドタバタ劇のような展開。
面白いことは面白いし、アイディアも良いが、話に無理がある。

いっきに読んでああ面白かったという本を探しているなら、お勧め。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一昨年まで文学部のくせに活字が苦手でした。
急にふと読書に目覚めてからは、いろいろ読むようになりましたが、
それでもやはりSFというジャンルにはあまり手を出せずにいました。
なんせハリー・ポッターシリーズですら読めないもので。

それとこの作品を同じジャンルとしてとらえていいかわからないのですが
わたしの中ではSFっぽいと認識したので、その体で書かせていただきます。

上巻も下巻も、テンポよくさくさく読めるシーンとそうでないシーンが
はっきり分かれてしまいました。
結構グロテスクな表現をさらりと文章の中に入れてくるので、
想像したりすると結構気持ち悪いなあ…とも思いつつ。

そもそもの連載が『Newtype』というアニメ情報誌でした。
(当時の挿絵を描いておられた吉田健一氏のファンなので、
 この本を手に取ったといっても過言ではありません。
 挿絵は掲載されていませんが。笑)
ですので、普段ふつうの(というと賛否両論ありそうですが)小説を
お読みになる方は、主人公を始めとする各出演者に違和感を感じるかも
しれません。それくらいキャラ設定がぶっ飛んでます。
アニメ情報誌に連載するものなの
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告