通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 ((文... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。出荷前に検品をしていますが、中古品の為、小傷、汚れ等ある場合がございます。尚、中にはレンタル落ちの商品もございますので御了承下さい。万が一、商品に不備がございましたら発送前にメールにて御連絡させて頂きます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。IBSNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます 。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 ((文春新書)) 新書 – 2016/1/20

5つ星のうち 4.2 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 432

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 ((文春新書))
  • +
  • 「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)
  • +
  • グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)
総額: ¥2,636
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

『シャルリとは誰か?』で私はフランス社会の危機を分析しましたが、11月13日の出来事〔パリISテロ〕は、私の分析の正しさを悲劇的な形で証明し、結論部の悲観的な将来予測も悲しいことに正しさが立証されてしまいました――「日本の読者へ」でトッド氏はこう述べています。
本書が扱うのは昨年一月にパリで起きた『シャルリ・エブド』襲撃事件自体ではなく、事件後に行なわれた大規模デモの方です。「表現の自由」を掲げた「私はシャルリ」デモは、実は自己欺瞞的で無意識に排外主義的であることを統計や地図を駆使して証明しています。
ここで明らかにされるのはフランス社会の危機。西欧先進国にも共通する危機で、欧州が内側から崩壊しつつあることに警鐘を鳴らしています。ユーロ、自由貿易、緊縮財政による格差拡大と排外主義の結びつきは、ベストセラー『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』にも通じるテーマで、前著の議論がより精緻に展開されています。

出版社からのコメント

「表現の自由」を掲げた「私はシャルリ」デモが実は偽善的で排外主義的であったことを明らかにする本書が問題にしているのは、一見、ソフトな言辞を弄しながら、自由貿易、緊縮財政、格差拡大を容認し、自分より下層の人々を無視して社会を支配している、高学歴で自称「反体制派」である中産階級の自己欺瞞です。「この本を書いたのは、自分の属する社会の現状に苛立ったひとりのフランス人です」という激しい義憤に駆られ、仏国内のメディアをすべて敵に回わす危険を顧みずに書かれた本書は、高度な学問的著作であると同時に著者渾身の歴史的傑作と言える一冊です。〈附〉パリISテロについての特別寄稿

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 320ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166610546
  • ISBN-13: 978-4166610549
  • 発売日: 2016/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,959位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
シャルリ・エブド事件(ムハンマドの風刺画を載せた出版社がテロ攻撃を受けた事件)に続いてわき上がった”私はシャルリ”を掲げた人々はどのような人たちだったのか。家族の構造から社会と政治を考えるトッドによる分析だ。後書きで秋の大規模テロ事件にも言及している。

フランス各県の宗教への傾倒度、共産党や保守派への投票率の分析は、2つのフランスを明らかにした。ひとつはパリ盆地とプロヴァンスの核家族(そこでは兄弟は平等だ)に由来する平等主義的考えに親和的なフランスであり、それは啓蒙主義の一変種としてのフランス共産党への支持につながっていた。もうひとつはノルマンディーやブルターニュ等の周縁地帯で、父権主義的家族に由来する権威主義的心性のフランスであり、伝統的にはカトリック地帯だったが、今は形骸化していて、彼は、これをゾンビ・カトリックと呼ぶ。実は、この地域がフランス社会党の支持基盤だから、ここにねじれがある。つまり左派政党の支持基盤が実は右派層なので、社会党は無意識的には権威主義的で反共和的だとする。各都市での"私はシャルリ"デモ参加者の分析によれば、デモは平等主義的地域ではなく、権威主義的な地方で盛んであり、階層的には中産階級の上層部が多くこれは現在の既得権益層である。つまり、フランスの言論の自由を今標榜しているのは、実はあまりそれに共感してこなかった人々で、
...続きを読む ›
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
いわゆるシャルリエブドー問題を通じフランスの宗教に関する社会問題を鋭く突いた極めて興味深い内容の本である。

しかしながら、その訳文を読む限り、分かるところは、多くて2割、後8割は何を言っているのかわからないか、言ってることは分かったとしてもそれに対する批判は一切できず「ああそうですか」と言って感心しているくらいであった。その理由は何と言っても、この本の内容を理解するにはフランスの地理、歴史、文化、政治、風土、習慣など様々なことに関するかなり高度な予備知識がないと理解できないない本であることである。正に、この本は、フランスの宗教事情に関する専門家が読む「専門書」と言ったほうがふさわしい内容であるにもかかわらず、新書本で、しかもタイトルがかなりキャッチーなものとなっており、ほとんど予備知識のない一般人でもそれなりに読める本のイメージを出しているためであると言える。そのような場合は、訳者が著者と読者のギャップを埋めるべく、随所に解説を入れたり、分かりやすい一般的な言葉で訳文を作ると言ったことに心がけるべきであるが、この訳者にはそのような考えは全くないようである。正に木で鼻をくくったような「横のもの(仏文)を縦のもの(和文)にしただけ」の文章のオンパレードである。この訳者は、素人にも分かりやすい文章を書く気がない不親切な人か、そのような文章がかけない能力不足な人か、大
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 『私はシャルリ』(Je suis Charlie)のデモに限ってなぜ突然あれほど大勢の人が参加したのか不思議に思っていた。著者も「マイノリティの信仰を『冒涜する権利』は命をかけて守るというくせに、マイノリティが迫害されていることには無関心」と疑問を示す。
 著者は、全国各都市でのデモ参加者数を宗教的実践状況や大統領選挙での投票結果などの地域データと比較しながら、「私はシャルリ」デモを社会学的・家族人類学的に読み解こうとする。

 著者の主張の要点は、
(1) 『言論の自由』を死守するためのデモに見えたものが、実は「ユーロ経済の不平等を許容する中産階級」と「20世紀後半にカトリック信仰が希薄化した地理的周縁部の人々」のそれぞれの不安の現れに過ぎない。イスラム系移民は両者の不安のはけ口(スケープゴート)にされた。デモには都市郊外に住むイスラム系移民はもちろん、国民戦線の支持層である労働者階級も含まれていなかった。
(2) 中産階級を不安にさせている原因は、共通通貨ユーロに代表される不平等な経済システムである。ドイツ企業には好都合でもフランスには経済停滞をもたらし、そのしわ寄せは若者と移民に向かう。
(3) 移民の第2・3世代はフランス社会に同化するので、むやみにイスラム教徒を恐れる必要はない。穏健な「ライシテ(世俗主義)」で
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
表現の自由をミスリードした世界的な「私はシャルリ」のデモ現象に疑問を持ち、この本を読んだ。本書は宗教または信教の視点とユーロ通貨を含むEUの問題から、「私はシャルリ」の現象をを掘り下げている。この点では、洞察を提供してくれたことは評価できると思う。しかし、翻訳がひどくわかりにくい。翻訳ソフトを使用しているのではと思わせるような文章が多々あり、日本語として非常にわかりにくい。原文自体も婉曲的な表現が多いのだろうが、内容を理解したい読者にフラストレーション与えていることで星2個。
1 コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック