中古品
¥ 1,157
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、多少の傷み、よごれ、ヤケ等がございますが、中古本としましては並以上の状態の商品です。書き込みありません。ゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シャヒード、100の命―パレスチナで生きて死ぬこと 単行本 – 2003/8

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,483 ¥ 800
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

忘却の淵からすくい上げられたごく普通の人々。押さえ付けることのできない人間の自由への憧れ、その現実と夢についてパレスチナの100人のシャヒード、「証人」たちの真実を再現する。

内容(「MARC」データベースより)

2000年9月に始まった民衆蜂起アル=アクサー・インティファーダの中で死んでいった人々を追悼するために考案された美術展の姉妹本。パレスチナの100人のシャヒード(死者)、「証人」たちの真実を再現。英文併記。


登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: 「シャヒード、100の命」展実行委員会 (2003/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4755480086
  • ISBN-13: 978-4755480089
  • 発売日: 2003/08
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,183,508位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「シャヒード、100の命」という、第二次インティファーダで亡くなったパレスチナ人の遺品展が全国であった。
その展覧会のガイドブックのような本である。
見開き2ページの左側に顔写真とエピソード、右側に遺品の写真を載せる。
占領反対のデモに参加していき、イスラエル軍との衝突に巻き込まれてしまう人。
傷ついた人を搬送しようとして、自らも撃たれてしまった救急隊員。
友達を殺された怒りからデモに参加するようになり、そして殺されていく人。
不条理な死の一つ一つを丁寧に、淡々と描き、三人称の死として埋もれてしまいそうな一人一人の生に光を当てる。
その人がどんな性格だったか、家族は、恋人は、将来の夢は…。
これと共に、パレスチナ人による自爆攻撃によって殺される、イスラエル人の命のことも考えたい。
遺品展に行っていない人にも十分に伝わるものです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は2000年9月29日に始まった民衆蜂起、アル=アクサー・インティファーダの中で死に追いやられた人々を追悼するために、パレスチナのラーマッラーにあるハリール・サカキーニー文化センターが企画した同題展覧会で発表された作品を元にして編まれた。

アル=アクサー・インティファーダが始まってからその渦中で亡くなった最初の100人の「シャヒード」たち――68歳のドイツ人男性ハラルド・フィッシャー(彼は砲撃によって火事の起こった近隣の家へと救助に向かった直後、ミサイル爆撃を受けて死亡した)から、11歳のパレスチナ難民キャンプ育ちの少年ムハンマド・アル=ドゥッラ(彼は父親とともに乗っていたタクシーが市街戦に巻き込まれ、一時間に亙って銃撃に晒されて死亡した。その死の様子は偶然にもTVカメラに記録され、全世界に配信されたその映像は人々に大きな衝撃を与えたという)まで――が、死亡当時の年齢順に静かに並ぶ。
彼/彼女たちの肖像写真とそのライフ・ヒストリー、そして形見の品の写真(展覧会では、これらの遺品の実物が展示された)によって構成されたそれらは、さながら聖遺物のような静謐さで、沈黙を守りひっそりと佇んでいる。
そう、あくまでも、どこまでも静かに。

その生と死に向き合うこと。彼ら彼女らが「犠牲者」であることに押し留められてしまう物語の網の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
知らない歴史が知識になった。ともだちにもついかちゅうもんして送りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告