通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シャネルの戦略 ―究極のラグジュアリーブランドに見... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品として状態の良いものだけを出品しています。万一、商品に不備、または商品の状態がお気に召さない場合には返品が可能です。何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。※弊店商品はAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインに準じます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シャネルの戦略 ―究極のラグジュアリーブランドに見る技術経営 単行本 – 2010/1/8

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,180 ¥ 861
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シャネルの戦略 ―究極のラグジュアリーブランドに見る技術経営
  • +
  • ルイ・ヴィトンの法則―最強のブランド戦略
  • +
  • エルメス (新潮新書)
総額: ¥4,946
ポイントの合計: 151pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

「ルイ・ヴィトンが手本にしている」と言われるほど、経営手法への評価は高いシャネル。ココ・シャネルという絶大なカリスマ亡き後も、なぜラグジュアリーのトップブランドに君臨し続けることができたのか。あまり知られていなかったシャネルの経営面に注目し、最強ブランドの「経営の真髄」を分析する。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜラグジュアリーであり続けられるのか!?知られざる最強ブランドの「経営の真髄」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 353ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2010/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492502009
  • ISBN-13: 978-4492502006
  • 発売日: 2010/1/8
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,632位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
シャネルを大きく誤解していたようです。
90年代に一世を風靡した"シャネラー現象"の影響かもしれません。

シャネルはルイヴィトンやグッチとは違う。その違いはまず企業形態にある。
巨大コングロマリッド会社の一翼を担うブランドではなく、株式公開もしていない、独立系企業として存在する。
メリットは、株主のご機嫌伺いをする必要がなく、自由度が高いということなのでしょう。
これを可能にしたのは、豊富な資金力があったから。
(言い換えれば、ココ・シャネルはそれだけ強力なパトロンを獲得したということかな)。

本書はココ・シャネルその人をフォーカスした本ではありません。
彼女の没後、シャネル社がラグジュアリーブランドとしてどのように変遷してきたか。そこに主題があります。

この本を読む限り、シャネルの強味は、一貫性と柔軟性にあるようです。
つまり、変えてはいけないものと変えなければいけないものの峻別がしっかりしているということです。

日本の地場産業がシャネルの製品をつくっているという話は意外でした。
白鳳堂(広島県熊野町)の社長は、「熊野筆」を自らシャネルに売り込みに行ったとか。凄い人ですね。

日本法人の社長は、
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 R12° 投稿日 2010/8/13
形式: 単行本
 シャネル社の情報自体は著者が言うとおり少ない。よって、様々な雑誌記事、本を引用しまとめて書いたことでこの本自身が何らかのデータにはなりうるかもしれない。
 しかし技術経営と表題にはあるが、経営学の本として読むと、内容にまったく定量的データが存在せず、 著者の主観が散見される。また、雑誌記事や本、インターネットサイトを基に書かれていて、特にそれ以外に情報はもちろん、知見が得られるというものでもないと感じた。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ラグジュアリーブランドとしての「シャネル」ととともに、企業としての「シャネル」もよくわかる一冊である。
まず、シャネルブランドを語るには、デザイナーのココ・シャネル(本名:ガブリエル・シャネル)とその周辺の人物について知ることから始まる。最近は映画やメディアでもココ・シャネルの生涯が取り上げられることが多くなった。それは

『ココ・シャネルが生み出したファッションはしばしば「男性に支配され従属する女性の心と体を解放した」とか「女性たちに服を通じて新しい生き方、新しいスタイルを提案した」とか言われ、プライベートでも仕事でも「自立した女性」ないしは「20世紀を代表する女性」として讃えられる。しかしながら、その実像は、男性の庇護を受け、富豪の出資を受けてビジネスを立ち上げ起動に乗せているように、男性からの影響を大きく受けた半生ということもでき、この矛盾ないし葛藤が制作する映画監督の興味ややりがいを奮い立たせるのかもしれない。』

と著者はいう。

ココ・シャネルは孤児院育ちで身内と別れてからは身寄りがなく、生涯独身で子供もいなかった。よって、ココの血縁の「シャネル家」は存在しない。ココ・シャネルの引退後はココ・シャネルとは血縁関係にないヴェルタイマー一族がシャネルのオーナーとなり経営を継ぐこととなった。デザイナーは
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告