通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シャネル―人生を語る (中公文庫) 文庫 – 2007/9/22

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 926
¥ 926 ¥ 51

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シャネル―人生を語る (中公文庫)
  • +
  • ココ・シャネル 女を磨く言葉 (PHP文庫)
総額: ¥1,502
ポイントの合計: 80pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

皆殺しの天使、永遠に輝く。
孤高の少女時代から一大モード帝国を築くまで、清新な全訳と綿密な注釈により、シャネルの肉声が甦る。シャネル唯一の回想録を新訳。

出版社からのコメント

謎のヴェールに包まれた少女時代から才能をひらかせ一大モード帝国を築くまでの半生がシャネル自身の言葉で語られる。原題は「シャネルの歩みぶり(アユール)」。盟友作家モランが書き留めた貴重なシャネルの回想録である。本作品は「獅子座の女シャネル」として文化出版局から30年前に刊行されたが、誤認や省略を大幅に訂正。清新な全訳と綿密な注釈により、レザネ・フォル(狂乱の時代)といわれた1920年代のパリの活気を背景に華やかな恋愛体験やピカソ、コクトー、ディアギレフなどのアーティストたちやセレブリティとの交流が明らかになった。
 それにもまして今回の真骨頂はシャネルの純真無垢な肉声が甦ったことである。時に可憐、時に残酷な名言がたくさん織り込まれている。仕事について、異性・同性についての辛口批評は時空を超えて共感を呼び起こす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 273ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2007/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122049172
  • ISBN-13: 978-4122049178
  • 発売日: 2007/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 48,059位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
第二次大戦中、ドイツ人将校を恋人にしていたシャネルと、ヴィシー政権(対独協力政府)の外交官をしていた作家のポール・モラン。
それぞれフランスを追われたふたりは、終戦直後の1946年、スイスで邂逅する。そのときシャネルがモランに語りつくした<私の生き方>のメモが本書のもとになっている。
原題も「シャネルの歩き方」「シャネルのふるまい方」といった意味。

その意味で、本書は小説でもなければ、シャネル伝でもない。
ココ・シャネルというひとりの女性が、自分はどんな人間で、どんな時代を、どのように生きたか……を自在に語ったモノローグである。
ページのあちこちで、自立した女の<精神の火花>がパチパチ飛び跳ね、一読、かなりの名著であると思った。

十九世紀の装飾過多な女性ファッションを一新した<モードの革命>、あるいはピカソやコクトー、ディアギレフら芸術家たちとの交流、イギリスの実業家や大貴族との恋愛、といった波乱の人生を支えたモチーフが率直に明かされている。

《(男たちは)わたしのことを捨てられた小雀だと思った。本当は野獣だったのだけれど》
《わたしには両極がある。わたしはとても臆病で、しかも大胆、とても陽気で、しかもさびしがり屋。激しいのはわたしの性格ではなくて、この両極のコントラ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
近年、何本もの伝記映画が制作・上映されるなど、活況を呈するココ・シャネル周辺。それに一歩先んじて刊行されたのが本書です。一見、自叙伝の体裁を取りながら、虚実を織り交ぜた内容には一筋縄ではいかないところもあり(訳者あとがきより)、それがまた伝説の主・シャネルらしいです。

とにかく膝を打つような警句、名言が満載! ココの機知と毒舌が全編にわたって炸裂していて、とりわけ女性に対する辛辣なコメントには大笑いできます。ストラヴィンスキー、ディアギレフ、コクトー、アポリネール、ピカソなど、当時の第一級の芸術家達がこれでもか!と登場してくるし、20世紀初頭のフランスの経済的な豊かさや文化的な爛熟度の描写もリアルです。何よりホンマもんのヨーロッパのセレブ達の想像を絶する贅沢の水準には圧倒されること請け合い。負け惜しみのように「清貧」を称揚する日本人には想像もつかない世界です。

ここ数年で読んだ本の中でも常にBest5以内にランクする、実にインパクトと破壊力のある一冊です。アートやファッションに関心のある方、社会的自立を考える女性はもちろん、ぜひ男性諸氏に一読をお薦めする次第です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 素材はそう悪くないだけに、料理の仕方にがっかり、というのがこの本の第一の感想。
それがあまりにもどかしくて、読みながらかなり苛立ちを抑えられなかった、というのが
率直なところ。

 シャネルの肉声に価値を置かれる方は読まれてみてもよいのではないか、と思う。
とりわけ、第22章「モード、あるいは失われるための創作について」は、なかなかに秀逸。

 ただやはり、文体的なものに関しては大いに疑問が残る。原著によるものなのか、はたまた
訳者によるものなのか、ただただ鬱陶しいばかりの「わたし」語りに辟易とさせられた、と
いうのが偽らざる感想。ココ・シャネルの孤独、熱情、自己愛といった要素を際立たせるには
むしろ、過剰なまでに冷淡な文体こそがふさわしかったのでは、と個人的には強く感じる。
 全体の構成にも疑問符がつく。幼年期からの生涯を彼女のことばを通じて辿るという形式を
とってはいるものの、いたずらなエピソードの羅列に終始してしまっている感は否めず、
互いの出来事が絡まりあって、重層的にひとつのストーリーを構築していくことに完全に
失敗している。

 結論。史料としてはあり。小説としてはなし。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いつもピリッとした評論を書かれている山田登世子さんが訳されているというので、
期待して買ってみました。
まだ読んでいる途中ですが、早くも文体の不統一が目につきます。シャネルの語りが
「なのよ」「わ」と女言葉になっていたかと思えば、「である」調になっていると
いう具合です。聞き語りであるにせよ、もう少し自然な調子にできなかったのかと
思えてなりません。あるいは原文が訳し難いものなのでしょうか。
あと、画像が少ない、というかほとんど入っていませんね。モードの歴史に疎い人間と
しては、その辺も期待していたので残念です。

新訳と銘打たれているものの、上記のように肩透かしを食らった気分になりましたので、
申し訳ありませんが星は3つにさせていただきます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告