ポイント: 93pt  (5%)  詳細はこちら
無料配送 月曜日 8月15日詳細を見る
または お届け日時指定便 最も早いお届け日 配送 明日 8:00 - 12:00 45 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
シャッター商店街と線量計 大友良英のノイズ原論 がカートに入りました
配送料 ¥350 8月 17 - 18日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【商品説明】この商品はコンディション3(良い)の商品です。状態は良好ですが、万が一不備があった場合は、迅速にご返金させて頂きます。※全品クリーニングの後、防水梱包にて、ご発送させて頂きます。Amazon専用商品。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

シャッター商店街と線量計 大友良英のノイズ原論 単行本 – 2012/11/21

5つ星のうち4.1 5個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥1,980
¥1,880 ¥138

はじめての本の購入で 10%ポイントプレゼント

購入を強化する

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

音楽家が線量計を持ちあるく世の中なんて間違っている。でも、そこからはじめるしか道はない。福島に住む選択をした人、新天地を求めた人、遠い場所で震災に思いを巡らせた人―「音楽」「祭り」「放射能」「シャッター商店街」…震災後をめぐる6つの対話と、大友の自伝的初小説を含む、切なくも希望とノイズに満ちた対論集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大友/良英
音楽家、ギタリスト、ターンテーブル奏者。1959年横浜生まれ。十代を福島市で過ごす。常に同時進行かつインディペンデントに多種多様な作品をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。ノイズやフィードバックを多用した大音量の作品から、ジャズやポップス、歌謡曲、音響の発生そのものに焦点をあてた作品までその幅は広く、この数年は美術の領域にまたがる作品も数多く手がけている。映画音楽家としても、数多くの作品を手がけ、中国香港映画からNHKのドラマまで、現時点で70作品を超えるサントラを制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 青土社 (2012/11/21)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2012/11/21
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 356ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4791766776
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4791766772
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 5個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

1984年福島県生まれ。東京大学大学院情報学環准教授(2021-)。

他に、

福島県立医科大学非常勤講師(2021-)。

東日本大震災・原子力災害伝承館上級研究員(2020-)。

ふくしまFM番組審議会委員(2017-)。

東日本国際大学客員教授(2016-)。

経済産業省汚染水処理対策委員会多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会委員(2016-)。

楢葉町放射線健康管理委員会副委員長(2015-)。

これまでに、

立命館大学衣笠総合研究機構准教授(2016-2021)。

福島県アーカイブ拠点施設調査研究・研修検討委員会委員(2018-2020)。

京都女子大学非常勤講師(2018)。

福島大学客員研究員(2016-2018)。

Yahoo!基金審査委員(2017-2019)。

Yahoo!基金評議委員(2015-2017)。

経済産業省資源エネルギー庁総合資源エネルギー調査会原子力小委員会委員(2014-2017)。

福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員(2012-2016)。

早稲田大学文化構想学部非常勤講師(2014-2015)。

読売新聞読書委員(2013-2014)。

復興庁東日本大震災生活復興プロジェクト委員(2013-2014)。

福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)ワーキンググループメンバー(2011-2012)。

等を歴任。

東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府博士課程単位取得満期退学。専攻は社会学。

著書に『日本の盲点』(PHP研究所)『社会が漂白され尽くす前に: 開沼博対談集』(徳間書店)『はじめての福島学』(イースト・プレス)『漂白される社会』(ダイヤモンド社)『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)『東電福島原発事故 自己調査報告 深層証言&福島復興提言:2011+10』(徳間書店、編著)『福島第一原発廃炉図鑑』(太田出版、編著)『常磐線中心主義』(河出書房新社、編著)『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(青土社、佐藤栄佐久氏との共著)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。学術誌の他、新聞・雑誌等にルポ・評論・書評などを執筆。

第65回毎日出版文化賞人文・社会部門。

第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

第6回地域社会学会賞選考委員会特別賞。

第36回エネルギーフォーラム賞優秀賞。

第37回エネルギーフォーラム賞普及啓発賞。

2018Openbook年度好書奨(台湾の大手書評サイト「Openbook」の賞)。

尾崎行雄記念財団咢堂ブックオブザイヤー2021総合部門大賞。

(媒体プロフィール・イベント告知などで略歴が必要な場合は上のプロフィールを、近影が必要な場合は隣の写真をご利用下さい)

ご連絡はhiroshikainuma「アット」gmail.comまでお願い致します。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
5 件のグローバル評価
星5つ
49%
星4つ
13%
星3つ
39%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年9月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト1000レビュアー
2014年1月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2013年9月1日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2013年3月17日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する