¥ 977
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド) コミック – 2000/6

5つ星のうち 4.9 17件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 771 ¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 977
¥ 977 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)
  • +
  • シャカリキ! (Vol.2) (ビッグコミックスワイド)
  • +
  • シャカリキ! (Vol.5) (ビッグコミックスワイド)
総額: ¥2,931
ポイントの合計: 27pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

▼第1話/PROLOGUE“BIRTH OF THE CLIMER ”▼第2話/PROLOGUE“BIRTH OF THE CLIMER 2 ”▼第3話/おおきに▼第4話/ユタ▼第5話/負けずギライ▼第6話/ロケッティア▼第7話/ミスファイヤー▼第8話/フィニッシュ&スタート▼第9話/もうひとつの坂道▼第10話/一番坂の先▼第11話/パレードスタート▼第12話/第三の男▼第13話/新チーム発進▼第14話/炎のマイヨ▼第15話/クイックシルバー▼第16話/坂の町では…▼第17話/オーバーテイク▼第18話/マネージャー▼第19話/ハマのラルプ・デュエズ▼第20話/勝ちたい▼第21話/パレードスタート!!
●主な登場人物/野々村輝(子供の頃から自転車の魅力に取りつかれ、坂だらけの町でペダルをこぎ続けてきた少年。坂を登ることに異常なまでに執着している)、野々村さゆり(輝の姉。高校卒業後、横浜でOLをしている。弟思いで、輝をサポート)、双葉哲平(通称・おっちゃん。輝が子供の頃から世話になってきた自転車店「双葉双輪館」の店主。輝の一番の理解者)、由多比呂彦(日の大付属亀ケ丘高校自転車部での輝のチームメイトにして、最大のライバル。高校生離れした実力を持ち、平地でのスピードには絶対の自信を持っている)、鳩村大輔(亀高自転車部主将。日本国内でも有数の実力の持ち主だが、他人との協調性に欠ける)
●あらすじ/小学校2年生の野々村輝は、父の転勤のため、東京から関西のとある町に引っ越してきた。輝の宝物は、買ってもらったばかりの自転車。ところが、この越してきた町は急で長い坂が異常に多く、自転車に乗っている子供などはいないらしい。自転車店も町に一軒だけで、その店「双葉双輪館」のおっちゃんでさえも「この町で自転車に乗ってる子供を見たのは5年ぶりだ」と言う。しかし、負けず嫌いで強情っぱりの輝は、この町の坂の中でも特にきつい「二番坂」、そして「一番坂」に挑む…(第1話)。
●本巻の特徴/中学生になっても輝は相変わらず自転車に取りつかれていた。そんなある日、輝は横浜から関西のレースに参加しに来たユタという少年に、得意の坂道でブチ抜かれた。ショックを受けた輝は横浜に向かい、ユタに勝負を挑む。そして輝は猛勉強し、ユタの進学する自転車の名門校・日の大付属亀ケ丘高校に入学。自転車部に入部した!! 曽田正人が、92~95年にかけて描いた初の長期連載作品をワイド

出版社からのコメント

自転車に取りつかれ、坂を登ることに全てを賭ける少年、野々村輝の熱血感動物語!! 曽田ワールドの原点となる傑作!


登録情報

  • コミック: 464ページ
  • 出版社: 小学館 (2000/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091868010
  • ISBN-13: 978-4091868015
  • 発売日: 2000/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ペトロニウス VINE メンバー 投稿日 2002/5/12
形式: コミック
主人公が、自転車に乗って、坂をただ登るだけ。
・・・・ただそれだけの話が、なぜこんなに心を揺さぶられる
のかわらないくらいだ。。。この底知れない熱さは、
読んだ人にしかわからないかもしれない。
曽田正人さんの作品は『め組の大吾』、『昴』と洗練されて
行くけれども、このシャカリキが一番胸を打つ。
なんだか『ガラスの仮面』の北島マヤを思い出した。
何のとりえもない主人公だけど、何もないから「こそ」
唯一自分が自分でいられるモノに、命の全てをかける。。。
自転車で坂を登ることだけに、人生を賭けた少年のお話です。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しんのすけ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/11/17
形式: 文庫
2006年現在、少年マガジンに連載中の『Over Drive』が人気を博していますが、

Over Driveでロードレース漫画の面白さを感じた人にこそぜひ読んで欲しいです。

私はOver Driveには純粋なロードレース漫画でない部分に良さがあると評価して

いますが、少なくともレースのシーンではこの作品の足下にもおよびません。

『スラムダンク』以降のバスケット漫画がどんなにがんばってもスラムダンクの

劣化コピーになってしまうように、これを超えるロードレース漫画を描くことは

もはや不可能でしょう。クライマーである主人公の、坂への執着、勝利への執念、

ストイックさがほとんど狂気として描かれている様には読んでいて身震いします。
1 コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nttn 投稿日 2003/6/14
形式: コミック
 「天才の成長を書かせたら天才」と言われる曽田正人だが、「シャカリキ!」は天才がその能力を天から受け取ったものではなく、努力の積み重ねによって得たものだと力説する。それは、シャカリキのメインストーリーが高校時代にありながらも、最初の二回だけは小学校時代に自転車に魅せられた少年を書いていることから分かる。少年時代に自転車を手に入れたことで毎日人より坂を登り続ける。自転車が好きで好きでたまらない少年が書かれ、三回目から時代が飛んで中三の夏になる。
 「天才は九九%の努力から作られる」エジソンのそんな言葉に忠実に物語は作られている。
 物語後半、テルは自転車に乗れなくなってしまうような大怪我をしてしまう。だがやはり、努力によって再び、いや、以前よりも自!転車を強くこぎ続けるようになる。
 この過程が、余りにも強烈に脳裏に焼き付けられる。
 「バカの信念、岩をも砕く」ではないが、たった一つのことを目指すのは、努力しなければ続かないし、続けることができるのはバカしかいない。まさに「自転車バカ」がそこにいた。
 バカの信念が世界をどこまでも巻き込む。自転車に自分のすべてを捧げた少年の物語。是非一読を。絶対ハマります。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
面白い面白すぎて全巻一気に読破しました
いや凄いです こんな漫画が15年以上前からあったのには驚きました
もっと早く見たかったです
これを読んでからというもの最近毎日峠の登りに挑戦していますw
登りは苦しいですが 上から見る景色は最高で下る時に感じる風も心地いいです
クライマーの輝と スプリンターの比呂彦を中心に物語が展開されるわけですが
実に熱い!! 熱すぎる
何も知らずはたから観ているだけの人たちにはロードレースに出ている人たちは ただ格好良くみえるかもしれません
しかし 顔をこれでもかと歪めながら穴という穴から体液垂れ流して
苦悶の表情で登り続ける輝はそれとは全く無縁でしょう
そして吐きそうになりながらも頂上から一気にノーブレーキで
全身泥まみれになりながら下る比呂彦も似たもので全く格好付ける余裕なんてありません

でも本来自転車というものは格好いいとか悪いとかそんな事で乗るものじゃないんです
登りも下りも平地も乗ると楽しくなる 楽しいから乗り続ける  それだけなんです
もしかしたら世界一の自転車乗りは世界一自転車が好きな人なのかもしれません

様々なライバルと出会い 様々なレースに出て 勝利を手にしていく二人の自転車乗りの生き様には感動の一言です
自転車に興味のある人は必読の価値ありです 
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー