シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン [DVD]

5つ星のうち 4.3 266件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,500
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 573 (38%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 833より 中古品の出品:1¥ 1,937より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオシャイニング (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【DVD どれでも3枚3,090円】 ※Amazon.co.jpが販売している商品のみ、セール対象となります。マーケットプレイスの商品は対象外となります。セール対象商品を今すぐチェック。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン [DVD]
  • +
  • 時計じかけのオレンジ [DVD]
  • +
  • 2001年宇宙の旅 [DVD]
総額: ¥2,781
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・ニコルソン, シェリー・デュバル, ダニー・ロイド
  • 監督: スタンリー・キューブリック
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 266件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003EVW6C2
  • JAN: 4988135804792
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 7,673位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


史上初のホラー映画

一番恐いものを想像してください。
モンスターのようなエイリアン?最悪の伝染病?
それともスタンリー・キューブリックの傑作にある悲劇のように、あなたを愛し守るべき家族から殺される恐怖?
スティーブン・キングの小説を、キューブリックは鮮やかな演技、おどろおどろしいセット、幻想的な撮影映像、衝撃につぐ衝撃の融合を実現し観る者を恐怖に陥れる。
物語はジャック・ニコルソン扮するジャック・トランス(お客様だよ!)が、冬季管理人として優雅で隔離されたオーバールックホテルに、妻(シェリー・デュバール)と息子(ダニー・ロイド)と共に訪れることから始まる。
トランスはホテルに訪れたことがないはずなのだが…。
その答えは狂気と殺人の中にある。


【映像特典】
・ MAKING'THESHINING'AFilmbyVIVIANKUBRICK
・ 劇場予告編

内容(「Oricon」データベースより)

スティーヴン・キング原作の名作小説を、スタンリー・キューブリック監督が大胆な解釈で映画化した衝撃のサスペンス・ホラー。「WARNER THE BEST ¥1,500」対象商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2017/8/19
形式: Blu-ray Amazonで購入
日本で劇場公開されたのは119分版ですが、最初にソフト化されたのは米国と同じ143分版です。VHS、LD、DVD(99年発売分)までは143分でしたが、01年のリマスター時に119分版へと変更されました。07年リマスター時には画面サイズをアメリカンビスタに変更。BDも同仕様。画面サイズは賛否が分かれても、監督が亡くなる年まで日本国内で販売されていたソフトは143分版。以下、カットされたシーンです。

1.ウェンディ、ダニーの会話ラストからビルの登場シーン。ジャックが元教師である事やホテルを6ヶ月閉鎖する理由等が語られる。
2."血の激流"の後、女医の診察シーン。口の中にトニーが住んでいるとダニーが語る(ウェンディはトニーを空想の親友としている)。
3.2の後、リビングに移動して女医とウェンディの会話。トニーと話し始めたのは酒に酔ったジャックのDVが原因だとわかる。ジャックはウェンディに対し「もう酒は飲まない。飲んだら離婚する」と約束をして5ヶ月(教師を辞めボルダーに来て3ヶ月)禁酒を守っている。
4.支配人がホテル内を案内するシーン。以前はセレブも泊まりに来たと言うエピソード、ホテル内のデザインがインディアン風だと語られる。
5.生活スペース(斧でメチャクチャにする場所)に対しジャックが「家庭的ですな」と言
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
何故かと言うと、このバージョンよりも尺が長いバージョンがあって、そっちの方が映画として完成度が高いのです。
しかし何故かその長尺バージョンの国内版は売ってません。不可解です。いい加減映画会社はこの問題をクリアして完全版を発売してほしいものです。

ちなみに原作者が作成したバージョンもありますが、自分はこのキューブリック版の方が好きです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
映画は怪異現象と幽霊を前面に出していますが、昔読んだ原作は主人公が狂気に至る過程をもう少し丁寧に描写していたように思います。

養うべき家族がいるのに失業し、やっと見つけた仕事も半年後には確実に失う期間限定のもの
書こうとしている小説もお金になる保証は無い、
妻は彼の苦悩を理解しようとせず、最愛の息子すら最大の負担に感じてしまう
そのような重圧のなかで主人公は徐々に、しかし確実に心を病んでいきます。

読書した当時仕事がうまくいっていなかった私は自分自身に重ね合わせて言いようのない不安と恐怖を感じたことを覚えています。
スティーブン・キングらしく読み物としても面白く読める作品ですので、この映画で興味を持たれた方は是非読んでみてください。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
119分版と143分版があるらしいですね。見れたのは119分版なので重要な部分をカットしてるのかな?

カメラワークやシンメトリーの構図、絢爛なセット等の映像美は楽しめました。
また若干オーバーかな?とも思える演技も映画と親和性は十分にあったし、時代も考えると不自然ではないかなと思えた。
ただ、話がわかるけど分からない。過去の曰く付きの物件で、超常のものに感化されて狂人となって、家族を襲う。
シナオリはとっても分かりやすいし定型に収まっていると思います。けど、それらの要素が上手く繋がっていない。
シャイニング(空想癖?)を持っている息子は色々な「超常現象的な何か」によく触れるのですが、狂化するジャックが超常現象だと認識してに触れたのは一度だけ。
これが息子の精神が蝕まれて息子が狂人となる話なら理解できるけど、怖い目にあったジャックが急に狂人になったような印象を受ける。という、ジャックが元からキチガイなのか?と思いつつ見ていた。
恐怖というより、駅前で昼間から酒を飲んでいる浮浪者を見るような不快感が勝ってしまいました。

うーん・・・
奥さんの感情に感化されすぎなのかな?
ジャックは序盤のインタビューで爽やかな好印象なのに、仕事が行き詰まってるようなシーンは描かれる
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
後半の極寒のシーンではなく、最初の車が谷間を走るところだ。
ここがなにゆえ寒気を覚えるかというと、NetflixにあるRoom
237なるドキュメンタリーを観てインプットされた記憶が蘇る
せいかもしないからだ。
キューブリックは常人では理解できない表現で映画をこさえている。
シャイニングにも至るところにトリックを仕掛けていて、Room
237は多くのマニアがそのトリックを解析している。
それすらも私には理解できないのだが、深い闇が存在していること
は知覚できる。
ファーゴはテーマをダイレクトに主張したが、シャイニングはわか
らせないように奥の方に隠して表現している。それが怖さの源のよ
うだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ファイアーエムブレム フィギュア

関連商品を探す