日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

シャイニング (字幕版)

 (5,099)8.41時間59分1980R15+
冬の間閉鎖されるホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってきた。そのホテルでは過去に、管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていたのだが…。 (C) 1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

プロデューサー
スタンリー・キューブリック
提供
Warner Bros. Entertainment Inc.
レーティング
15歳以上対象
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.8

5099件のグローバルレーティング

  1. 44%のレビュー結果:星5つ
  2. 20%のレビュー結果:星4つ
  3. 16%のレビュー結果:星3つ
  4. 10%のレビュー結果:星2つ
  5. 10%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

2017/08/18に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
143分版を
日本で劇場公開されたのは119分版ですが、最初にソフト化されたのは米国と同じ143分版です。VHS、LD、DVD(99年発売分)までは143分でしたが、01年のリマスター時に119分版へと変更されました。07年リマスター時には画面サイズをアメリカンビスタに変更。BDも同仕様。画面サイズは賛否が分かれても、監督が亡くなる年まで日本国内で販売されていたソフトは143分版。以下、カットされたシーンです。

1.ウェンディ、ダニーの会話ラストからビルの登場シーン。ジャックが元教師である事やホテルを6ヶ月閉鎖する理由等が語られる。
2."血の激流"の後、女医の診察シーン。口の中にトニーが住んでいるとダニーが語る(ウェンディはトニーを空想の親友としている)。
3.2の後、リビングに移動して女医とウェンディの会話。トニーと話し始めたのは酒に酔ったジャックの暴力が原因だとわかる。ジャックはウェンディに対し「もう酒は飲まない。飲んだら離婚する」と約束をして5ヶ月(教師を辞めボルダーに来て3ヶ月)禁酒を守っている。
4.支配人がホテル内を案内するシーン。以前はセレブも泊まりに来たと言うエピソード、ホテル内のデザインがインディアン風だと語られる。
5.生活スペース(斧でメチャクチャにする場所)に対しジャックが「家庭的ですな」と言う台詞、支配人が迷路について語るシーンをカット。
6.ゴールド・ボール・ルームについて語るシーン。保険料が安くなるので冬場は酒を置かない事も説明される(ジャックは「下戸です」と返答)。ハロランを一家に紹介した後、移動中のハロラン、ウェンディの短い会話をカット。
7.ハロランとダニーの会話。「よく考えてごらん "先生"」の後、「さあね」と返すダニー。ここが怖いのかと聞くダニーに対し、建物によっては超能力を持つものがあり、このホテルにも未来を予知させる何かがあるとハロランが語る(その後「何か悪いこと?」と続く)。
8.1ヶ月後、ウェンディがロビーを通って朝食を運ぶシーン(三輪車で走るダニーの前)。
9.朝食シーンで、ジャックが面接でホテルに来てすぐ気に入った事、昔来た事がある気がした上に、どこに何があるのかも全て覚えている気がしたと冗談めかして語るシーンをカット。
10.ジャックがボールを投げつけるシーン。壁のデザインがインディアンだと(はっきり)判る。
11.火曜日、ウェンディが缶詰を開けるシーン。テレビでは殺人犯脱獄のニュースやコロラドに雪が降る事を伝えている。
12.雪の中で遊ぶウェンディとダニーの前、"木曜日"の表示画面をカット(遊ぶシーン及びその前のジャックがタイプを打つシーンも短くなっている)。
13.月曜日、テレビで『おもいでの夏』を観ているウェンディとダニーのシーン。消防車を取って来ていいかウェンディに尋ねるダニー。
14.水曜日、ロイドとの会話。「光栄で」の後、「5か月間の惨めな禁酒に乾杯」等の台詞と1杯目の飲酒をカット。横からのアングルで2杯目を注ぐシーンと短い会話をカット。
15.237号室から戻ったジャックとの会話で「ほかにどう説明する?」の後、「あの子はよく空想するのだから。ここへ来る前もそうだった」と言う台詞をカット。
16.トイレでのグレーディーとの会話の後、ウェンディとダニーの会話をカット。ウェンディが雪上車に乗って逃げよう、夫が来なければ二人で行こうと独り言を言っていると、ダニーの部屋から「レッドラム、レッドラム・・・」と声がする。ウェンディが声をかけてもいつもとは違う声色で「ダニーはいない。トランスの奥さん」「ダニーは遠くへ行った。トランスの奥さん」と繰り返すダニー("トランスの奥さん"は冒頭の会話でも使われている)。
17.ジャックが無線機の部品を取るシーンが長い。ハロランが森林警備隊に2度目の電話。飛行機の前、"午前8時"表示画面をカット。
18.機内でハロランが到着時間(8時20分)を尋ねる。タイプライターに向かうジャック。到着する飛行機。ラリーがハロランからの電話で雪上車の手配を請け負うシーン。ハロランは空港で車を借りて5時間後に向かうと伝える。
19.車内でラジオを聴くハロランの後、テレビで『ロードランナー』を観ているウェンディとダニーの会話をカット。「パパと話をしてくる」と伝えるウェンディ。「はい。トランスの奥さん」と返すダニー(この時は指が動く)。気付かれない様にバットを手に取るウェンディ。
20.迷路でダニーを追いかけるジャックが「逃げられないぞ」と言った後、ウェンディがクモの巣に覆われたロビーでガイコツ達を見るシーン。
*引用した台詞は99年発売のDVDより

カットの傾向を見ると「家族の過去」「ホテルに関する説明」「ホテル内でテレビが映る(点いている)シーン」「ハロランの雪上車手配とその時間」の4つに大別されます。キューブリックが削りたかったのは"情報"だけだったと思いますが、この監督らしからぬ細かな人間描写まで削がれているのが残念ですね。特にシーン9はジャックが正気を失う伏線としても機能しており、カットされた事でジャックの変化がより性急な印象を受けます。テレビが映る事も個人的には重要なファクターで、ジャックだけが心象風景に取り憑かれる説得力が増していると思うのですが。

ホテルには2つの時間軸が存在すると解釈しています。1つはホテルの管理を任された現在のトランス一家。もう1つは独立記念日のパーティを続ける懐古主義的な過去の幽霊達。後者が象徴しているのは歴史の暗部であり、インディアンの墓の上に建てたホテルはアメリカその物と言えます。人生に行き詰まり閉鎖空間でおかしくなった白人男性と排他的なナショナリズムが交錯する訳です。劇中で傷付けられるのは黒人とアポロ11号(差別撤廃に尽力したケネディの象徴か)のセーターを着た子供です(過去に抑圧を受けた彼等だけが特別な能力を持っている)。グレーディーは先の時間軸に拠ってファーストネームが異なるのですが、ジャックもまたもう一人のトランス(ラストの写真)との間でフラフラしているのです。2003年10月号の映画秘宝に載っていた本作の映画評では一言も触れられていなかった前述の暗喩と家族の変化がコンチネンタル版だと非常に解りづらい。2時間以内に収めたかったんだろうけどカットし過ぎ。日本でも当初は143分版が販売されていたのだから。2020年に向けて40周年記念盤的な奴をカキーン
1103人のお客様がこれが役に立ったと考えています
puru2019/01/31に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
原作を知って映画を見ると、違う意味で衝撃
確認済みの購入
見終わった後の最初の感想は、
「これはキングが映画作り直したいと思っても仕方がない・・・」
でした。
原作とちがいすぎる。
まさに「えっ!?」という感じです。

カットされているということですが、それにしても色々おかしい点が多すぎる。
たとえば
・双子を序盤にもってきたのに、それを伏線にせず、ある場面からいっさい出てこなくなる。
・ボイラー操作の仕事を、なぜか奥さんがしている。
・夫をバットで殴って閉じ込めるって相当恐怖しているはずなのに、そのあとで奥さんが安眠するのが理解できない。
・黒人のおじさんにも能力があるわけで、それで危険を感じ、わざわざ飛行機でやってきた。
なのにホテルに入った瞬間、大声張り上げるなんて・・・。もっと警戒すると思う。
また原作では死なないのに、これじゃただの「雪上車を届けにきた人」になっていてがっかり。
・刃物を持った手で子供と抱き合う。見ていて冷や冷やした。
など。

私はホラー苦手なんですが、全体的に怖くない映画だと思いました。
たぶん映画のテンポがゆっくり流れるような感じ(ワルツのような感じ)で、ホラーにありがちな
「いきなりドーン!」
がなかったからだと思います。
その代わりBGMが最初から最後まで甲高い音でキンキンしていて、驚かすような場面でなくても大きな音をたてたりしているのが気になりました。

全体的に評価が高い映画なのに、良さがあまり分かりませんでした。
これが「原作を先に読むと・・・」といわれる所以だとは思います。

ちなみに原作ではシャイニングの続編がありますが、正直ダニーの有様にショックを受けるから、この映画のダニーファンにはお勧めできないです。
137人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2019/05/25に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
たぶんすごいんでしょ?笑
確認済みの購入
いちいち間が無駄に長くてイラついた
ほんとに無駄に長い そこの間いる?っていうとこでもしっかり間をとっていく
その間ずっとキリキリキリキリBGMがうるさい 後半はもうしんどくてとばしながら見た
取り憑かれるのがなんか早すぎる
段階踏んで徐々に狂っていくっていうか、最初から一気に取り憑かれてる感。この旦那取り憑かれる前から不気味だったしギャップも無い。もともと仲良くなさそうな家族。このおっさんならこの仕事引き受けなくてもいずれ家族殺してそう。
ホラーというより、なんかおしゃれな映画っていう感じ?古い映画なのに古臭さを感じないってことはたぶん相当すごいんだろうなぁって思う笑
小説書いてるかと思いきや同じ文章を延々書いてあったのだけちょっとゾッとした
わりとまともそうにしてるときもこれ書いてたんかと思うと怖い
奥さんの演技力ってすごいの?この人だけ世にも奇妙な物語見てるみたいなわざとらしいなんともいえない雰囲気だったw
みなさんのレビュー読むと、狂っていく様子が怖いとかって書かれてるけどわたしにはいきなり狂ってたというかもともとキレやすいタイプ?にしか見えない
ラストがバッドエンドならまだ納得いくけど 心臓発作みたいなので勝手にポックリ逝ってくれてちゃんと凍って死んでくれててチョロすぎる
ストーリーよりオシャレ感を楽しむ映画に違いない。わたしにはわからないけど笑
48人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2018/11/05に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
狂気に満ち満ち溢れたホラー・サスペンス!!
確認済みの購入
長い間、この映画だけは避けて観なかった。どうもジャック・ニコルソンが好きでは無くて。奥さんのウェンディも好きじゃ無く。。。で、何故か今夜観てしまった。どんな幽霊・スプラッター・モンスター映画より怖い。
ジャックがホテルに着いて数日で、”何か”にとり憑かれ、形相・行動が日増しに狂人になっていく様が、やはりジャック・ニコルソンの演技の上手さだ。子役のダニーも演技が上手い。(アメリカ映画に出て来る子役の演技の上手さにはいつも感心する)。悪霊が棲みつくホテルだが、それより気が狂って行く人間の方が怖い。
元々、ジャックは良い父親でも旦那でもなかったのだろう。かなり汚い言葉で奥さんを罵倒するシーンがある。
舞踏会のシーンは、”ゴースト・シップ”を思い出させる。過去に何があったかを幻想で見せている。
映像は短縮版のようだけど、やはりストーリーに対して”あれ?”と、感じる箇所があれこれ出て来るが、そこは自分の想像に任せた。
コロラドの雪山は半端なく積雪する。そんなホテルに3人しか居なかったら、正常な神経の持ち主でも気がふれてしまうだろう。
要らぬ能力は持って無い方が幸せだ。
45人のお客様がこれが役に立ったと考えています
村雨紅寧2019/11/03に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
全然怖くない。
確認済みの購入
古い映画だからか、色々ちゃちく見えるところがあり全然怖いと思えない。
公開当時に見てたら怖かったのかなぁ?

私は頭がよくないので、ネットで考察とか読まないと意味不明なシーンだらけだった。
・血の波は何?
・殺された双子のオバケは何がしたいの?
・で、殺された奥さんは出てこない
・裸の女性は殺された奥さんではない
→この事件に無関係の人?何者?
・バーテンダーは何者?
→結局、酒はあるの?ないの??
・犬男が一瞬でるが、超意味わからない

演技は確かにすごいのかも。
ただ、中盤ぐらいからずっとあのおっかない顔なので、だんだん食傷気味にはなる。
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
アナーキャ2018/10/23に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
何度見てもスゴイ
確認済みの購入
キューブリック作品は基本的に苦手なんですが、この作品だけは何度見てもホントに怖いし、そして美しい。
原作者のキングが激怒するような内容変更ですが、これはこれでアリでしょう。恐怖、という点ではこっちの方がはるかに上です。ただ字幕版でダニーの力を超能力としてますが、ほぼ誤訳でTalentですから“才能”という言い回しが近いかと。Super natural powerの和訳である超能力ではちょっと俗っぽい印象になってしまい、キューブリックの演出が台無しかと。あと、All works and no play ~は単に“よく遊びよく学べ”という諺に主人公の名前を掛けたもので、ジャックは気が狂うなんて意味はないはずですが…。この辺りも含め、ちょっと字幕の翻訳が気になりました。
42人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ゆうくん2018/12/24に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
超美麗なリマスターに感動、今はそれだけで充分満足
確認済みの購入
冒頭の高原ホテルに向かう道路の空撮だけで吃驚した。目の覚める鮮明な大自然の素晴らしいリマスター映像を前に、此れからのホテル内部で繰り広げられる美しい戦慄映像を想像して興奮してしまう。
ホラー映画はそれこそ数多いが、これほどシャープな美しさと、幾何学的でシンメトリーな舞台は類を見ない。鮮やかな客室、タイプライターと無機質な印字用紙、赤一色のトイレ、整備の行き届いた迷路等の整然とした文明の香りと、一方の怨念渦巻く精神世界のカオスと言う対照的な存在の融合によって恐怖が増幅される罠が何とも恐ろしい。さらに観客を心理的に追い込む効果だけを意識した音や静寂シーンが先鋭的で、特に全ての音を吸収する雪上シーンの静寂さには身震いした。
それでもジャック・ニコルソンの起用に優る成功の鍵はないだろう。明確で整合的なストーリーが意図的にぼかされた中、演技だけで豹変する狂気を体現した彼こそ本作の核心中の核心だ。
ホラーの歴史的傑作を鮮やかに復元させたこのBlu-rayは、たとえ短時間版の暫定リリースだったとしても、やはり手元に置いておきたい。日本語吹替は無いがニコルソンの肉声以上のリアルは無いので、このままで良い。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Rock2019/08/17に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
まさに怪演
確認済みの購入
人を恐ろしい気分にさせる、その一点だけを細部まで突き詰めた、異様に高い完成度を誇る名作です。
インディアンの墓の上に建てられた長い歴史を誇るホテル、白人に虐殺され駆逐されていったインディアンの恨みの上に建っており、霊的な出来事も不思議ではないシチュエーション。過去に父親から惨殺された家族の記憶がホテルに残り、不協和音が何倍にも恐怖を増幅させる。三人の家族の演技がまさに怪演で、この映画は三人の俳優によって完成している。

映画の大事なモチーフとして鏡が存在しており、ダニーは鏡に向かってトニーと話し、ジャックは過去の管理人と同じ苗字のグレイディーとトイレの鏡越しに会い、浴槽の女性は鏡を通して腐乱死体だとわかる。極めつけはREDRUMの字が鏡越しに見える場面。鏡を通して霊的な世界、もしくはもう一つの世界が垣間見えるようになっている。ホテルも鏡で照らし合わせたように左右対称に作られており、双子の少女が並んで立つ場面や木でできた左右対称の迷路など、完璧な左右対称を意識させたうえで鏡の向こう側がこちらと対象ではないということに気づかせる恐怖の手法は流石の一言です。
ダニーと料理人が話す能力であるシャインとは、鏡の向こう側に映る世界から発せられる光のことではないかと、映画を観ながらその世界に引き込まれてしまいました。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示