この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
15点すべてのイメージを見る

シマエナガさんの12ヵ月 カレンダー 2018 (翔泳社カレンダー) カレンダー – 2017/9/4

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
カレンダー
¥ 5,220 ¥ 4,640
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

小さくてモフモフ! 北海道に生息する日本で2番めに小さい鳥――
シマエナガの12ヵ月がカレンダーになりました。

雪だるまのように白く、モフモフな姿から
「雪の妖精」とも呼ばれるシマエナガ。

ちょこちょこ、ちょこまかと素早く動いてしまうので、
ゆっくり観察したり撮影したりするのが、むずかしいシマエナガを
北海道の自然写真家3名がじっくり追いかけ
その姿を写真に収めました。

春は子育て、夏になるとちょっとスリムに
そして冬は雪の中でモフモフに。
変化もかわいい12ヵ月です。

【仕様】
・縦25.7×横25.7cm(使用時は縦51.4cm)、中綴じ
・壁掛けタイプ
・月めくり、前後月、六曜付き

【著者プロフィール】
山本光一
自然写真家/財団職員。1965年、京都府長岡京市生まれ。龍谷大学卒。
京都府警察本部に勤務後、北海道の自然に魅せられ、阿寒湖畔に移住。
阿寒湖周辺の森林づくり、北海道の自然環境の保全とその適正な利用に取り組む、
一般財団法人前田一歩園財団に勤務。

河瀬 幸
自然写真家/阿寒国際ツルセンター【グルス】館長。1976年、北海道釧路市生まれ。
北海道女子短期大学卒。ハウスメーカーやゼネコン勤務を経て、
阿寒国際ツルセンターに勤務。タンチョウの生態などの解説業務に携わる。

三浦大輔
自然写真家/大学職員。1965年、北海道帯広市生まれ。
就職後、一眼レフに興味を持ち、風景を中心に撮影。
仕事の関係で道内を転々とする。鶴居村でタンチョウの姿を見て
野鳥の素晴らしい姿に触れて以来、野鳥の撮影に没頭する。


登録情報

  • カレンダー: 28ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2017/9/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798152986
  • ISBN-13: 978-4798152981
  • 発売日: 2017/9/4
  • 梱包サイズ: 26 x 25.9 x 0.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2017年12月5日
形式: カレンダーAmazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月18日
形式: カレンダーAmazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月12日
形式: カレンダーAmazonで購入
2017年9月11日
形式: カレンダー
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。カレンダー 2018カレンダー 月