シベリウス : 交響曲全集(Jean Sibeli... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

シベリウス : 交響曲全集(Jean Sibelius : Symphonies 1-7 / Berliner Philharmoniker | Sir Simon Rattle) [5SACD Hybrid] [輸入盤] [日本語帯・解説付] Hybrid SACD


価格: ¥ 7,560 通常配送無料 詳細
ポイント: 840pt  (11%)  詳細はこちら
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 7,560より 中古品の出品:1¥ 7,480より

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • シベリウス : 交響曲全集(Jean Sibelius : Symphonies 1-7 / Berliner Philharmoniker | Sir Simon Rattle) [5SACD Hybrid] [輸入盤] [日本語帯・解説付]
  • +
  • シューベルト : 交響曲全集 (Franz Schubert : Symphonien1-8 / Berliner Philharmoniker | Nikolaus Harnoncourt) [5SACD Hybrid] [輸入盤] [日本語帯・解説付]
総額: ¥15,120
ポイントの合計: 910pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 指揮: サー・サイモン・ラトル
  • 作曲: シベリウス
  • CD (2017/11/20)
  • ディスク枚数: 5
  • フォーマット: Hybrid SACD
  • レーベル: Berliner Philharmoniker Recordings
  • ASIN: B076BT27S7
  • JAN: 4909346014718
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 15,149位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

ベルリンの聴衆をも魅了したラトルのシベリウス全集が待望のSACD化 !

[商品番号 : KKC-5823/7] [5SACD Hybrid] [Import] [日本語帯・解説付] [Berliner Philharmoniker Recordings]

[収録内容]
1. シベリウス : 交響曲 第1番 (37'39'') [Disc 1]
2. シベリウス : 交響曲 第2番 (43'12'') [Disc 2]
3. シベリウス : 交響曲 第3番 (28'17'') [Disc 3]
4. シベリウス : 交響曲 第4番 (36'50'') [Disc 3]
5. シベリウス : 交響曲 第5番 (30'32'') [Disc 4]
6. シベリウス : 交響曲 第6番 (29'13'') [Disc 5]
7. シベリウス : 交響曲 第7番 (21'48'') [Disc 5]

サー・サイモン・ラトル (指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

録音 :
2014年12月18~20日 (5番)
2015年1月28日~2月6日 (1~4番)
2015年2月7~9日 (5~7番)

録音場所 : フィルハーモニー / ベルリン
[24bit/192kHz録音]
DSDマスタリング : オプティマル・メディア

「ベルリン・フィル・レコーディングス」からサー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるシベリウス交響曲全集のSACDHybrid盤が発売されます。
ラトルは1981~1987年にかけてバーミンガム市交響楽団とシベリウスの全集をレコーディングしており、今回が2度目の全集録音となります。ラトルは子供の頃からイギリス人としてシベリウスに愛着があり、リバプール・フィルで指揮者としてデビューした際も、シベリウスの交響曲第5番を振っており、ラトルにとってシベリウスは特に思い入れのある作曲家のひとりであることがわかります。このベルリン・フィルとのシベリウス・チクルスは、2002年の首席指揮者就任からの希望であり、2015年シベリウス・イヤーにあわせて録音されました。

[ラトル、シベリウスを語るから]
マーラーの音楽では、人間と自然、とりわけ彼自身がテーマとなっています。しかしシベリウスでは、「人がそこにいる」とは感じられません。もし人間がいるとすれば、自分自身の「不安の藪」に入り込み、捕らわれた人がいる、という意味においてでしょう。つまり、そこに足を踏み入れる者は、もう二度と帰って来られないかもしれないのです。私はシベリウスの音楽の本質は、最終的にはそこにあるような気がします。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう