この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


シベリア捕虜収容所 ハードカバー – 1999/6/28


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー
¥2,916
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

240万の青年の血を流し、内外にその数倍を超える犠牲者を出した今次大戦は、日本民族としては決して忘れてはならない、おそらくは、日本史上最大の事件ではないかと思われる。とりわけ、60万の将兵が数年間にわたり、長きは10年以上もの期間―しかも世界が平和に帰したのち、酷寒と飢餓の下に重労働と思想教育を強制され、その一割余がのたれ死にした「シベリア抑留」は、戦争の被害の中でも長く記憶すべき重要な事項の一つであろう。著者は、ソ連に対する恨みをいつまでも持ち続けるべきだ、というような偏狭なナショナリズムを主張しているのではない。隣りの大国ロシアとの友好関係を保っていかなければならないのは、日本国としては当然のことである。ただ強調したいのは、この問題を正確に認識することにより、一つの主義思想を信奉する国の恐ろしさと、そしてまた、極限状況におかれた兵士たち、一触即発の米ソ間のはざまにゆらいだ“文化人”、そういった立場の日本人がいかに振舞ったかということは、決して過ぎ去った昔の話ではなく、まさに、現在および将来の日本にとって、極めて重大な問題であるはずだ、ということである。


登録情報

  • ハードカバー: 475ページ
  • 出版社: 明石書店 (1999/6/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750311804
  • ISBN-13: 978-4750311807
  • 発売日: 1999/6/28
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,205,859位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう