中古品
¥ 99
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シブサワ・レター 日本再生への提言 単行本 – 2004/3

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 99
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

渋沢栄一5代目子孫が、政官財のリーダーたちに送り続けた警鐘の書簡集。

内容(「MARC」データベースより)

渋沢栄一5代目の子孫にあたる著者が、日本の将来を憂い、政官財のトップ・リーダーに送り続けた手紙。その内容を、ここに公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2004/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 440810583X
  • ISBN-13: 978-4408105833
  • 発売日: 2004/03
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,406,838位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
期待して手に取りました。数年前に書かれたということもあるかとも思いますが、「勝ち組がもっと勝つための土壌を作ろう、資本主義はもっと進めよ、日本型社会主義(ここでは批判100%として述べられています)を打ち破ろう!」という主旨が展開されています。
能力のある者・努力した者が報われる社会をという意見には賛成ですが、コンゴの難民の子どもと自分の子ども(渋沢栄一の6代目)がまったく同じスタートラインに立っている(教育を受ける機会でさえも)、自由競争だと明言する氏の能天気さには少々驚きました。
一読の価値はあると思いますが、銀のスプーンをくわえてうまれた階級が書いていることは頭の片隅に置いていただきたい。そして日本は確実に渋沢氏の言う方向に向かっているとは思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
渋沢栄一翁の晩年は、社会貢献に満ち満ちています。
それは、「個から公へ」との志から生じたのでしょう。
栄一翁の「論語と算盤」にあるように、本来の資本主義には、
このような志が伴うはずです。
本書を丹念に読んでいくと、この志がジワッと湧き出ている
ことに気がつくはずです。単なる利己的な利益追求に支配された、
グローバル資本主義ではなく、志から発する資本主義の精神が
本書の隠されたテーマなのでしょう。
この志は、だれでも勝ち組になれるという機会平等に満ちた
資本主義を目指すものであり、冷徹な拝金主義とは一線を
画するものです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 しがらみから解き放たれるためにどうある
べきか。渋澤氏はヘッジファンドのリスクマ
ネジメントと先祖渋澤栄一に共通する方法論
を提言する。金は資源であって目的ではない。
よりよい世の中をつくるために、今、日本人
が為すべきことを考え、滞ったお金の流れを
自然に戻そう。
田坂広志の「これからの世の中はどう変わる
のか」に通じるものを感じました。
 変化しないリスクと自分自身どうありたい
のかを冷静に見つめる。提言は、何をなすべ
きかの選択肢を提供してくれています。選択
肢の中から自分で選ぶという責任を引き受け
よう。といっても、難しく考えず「へぇ~、
そうなんだ。とりあえずちょっとやってみよ
う」で良い。こういう世の中への参加の仕方
がある。そのことが静かに心に残りました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
しがらみから解き放たれるためにどうあるべきか。
渋澤氏はヘッジファンドのリスクマネジメントと
先祖渋澤栄一に共通する方法論を提言する。
金は資源であって目的ではない。
よりよい世の中をつくるために、
今、日本人が為すべきことを考え、滞ったお金の流れを自然に戻そう。
田坂広志の「これからの世の中はどう変わるのか」に通じるものを感じました。
 変化しないリスクと自分自身どうありたいのかを冷静に見つめる。
提言は、何をなすべきかの選択肢を提供してくれています。
選択肢の中から自分で選ぶという責任を引き受けよう。
といっても、難しく考えず「へぇ~、そうなんだ。
とりあえずちょっとやってみよう」で良い。
こういう世の中への参加の仕方がある。
そのことが静かに心に残りました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/11
形式: 単行本
久しぶりに読んでいて体が震撼する一冊でした。買った日早々一気に読み通してしまいました。
一言で、「金融の、経済の、そして人生のバイブル」といった感じで、幅広く事例を取り上げながら、体系的な仕上がりになっています。 日本人で未だ数少ない大手アメリカ企業でのヘッジファンドを経験した後で、自ら起業し、現在経済同友会の幹事として活躍している渋澤氏。その幅広い視野で、読者の感性をピンポイントに意識した様々な事例を使い日本再生への活路を斬新にそして大胆に提示しているあたりはさすがです。
金融関係者のみならず、経済人全てに是非読んでいただきたいと思いました。 渋澤氏のような人間が今後の日本を引っ張っていくのではないでしょうか。
本当に、ためになると共に感動の一冊でした。是非お勧めさせてください。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告