日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (字幕版)

 (8,584)7.82時間27分2016G
世界の危機を救ってきたアベンジャーズが、国連の管理下に置かれることを巡り、激しく対立するアイアンマンとキャプテン・アメリカ。さらに、ウィーンで起こったテロ事件の犯人として、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが指名手配された。それを機に、アベンジャーズはついに分裂する。スパイダーマンも参戦し、世界を揺るがす禁断の戦い(シビル・ウォー)がはじまる――友情によって引き裂かれた彼らの行方は?そして、驚愕の結末とは・・・。マーベル・スタジオが贈るアクション超大作!(C)2016 MARVEL
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
セバスチャン スタンアンソニー マッキードン チードルジェレミー レナーチャドウィック ボーズマンポール ベタニーエリザベス オルセンポール ラッド
プロデューサー
ケヴィン ファイギ
提供
Marvel
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.5

8584件のグローバルレーティング

  1. 70%のレビュー結果:星5つ
  2. 17%のレビュー結果:星4つ
  3. 9%のレビュー結果:星3つ
  4. 2%のレビュー結果:星2つ
  5. 2%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

PAPAmuu~2019/02/23に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
期待外れ
確認済みの購入
単なる仲間割れにしか思えない。意見の相違を擦り合わせ、乗り越えていくという過程が無く、終始意見の対立による戦いに明け暮れて、後味が悪い。
42人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2018/12/31に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
キャプテンアメリカがうざい
確認済みの購入
キャプテンアメリカが調子にのりすぎてて終始いらつきました。とりま最初からサインしておけや!!!
そしたらこんな話こじれてないやろーーーw
45人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ダン2018/10/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
個性溢れる戦闘が良い!
確認済みの購入
これだけたくさんのキャラクターが登場しているのに一人一人にちゃんと見せ場が作られていて感動しました。
登場するヒーローが総動員の戦闘シーンはまさにマンガの見開きページのかっこいいイラストをそのまま再現したかのようで最高です!
またアクションだけでなく激しい戦闘の中にも役割分担がされていて、それぞれの戦闘スタイルやちょっとした台詞から個性が表現されていると思います。
仲良くしてほしいとは思いますがこんなかっこいい戦いが見られて嬉しい笑
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
AAAKO2018/07/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
正義と悪で簡単に割り切れない
確認済みの購入
二人のヒーローがすごくかっこよくて良かった
二人それぞれに正義のための主張があって食い違ってて
どっちが正しいとか簡単にわりきれない感じが複雑でいいなあと。
今のヒーローって街に住んでる一般市民の感情とかもちゃんと拾うんですね
昔のヒーローものに比べて心理描写とかが丁寧だなって思います
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
chikuwabu2019/05/25に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
キャプテンの正義 vs アイアンマンの正義
確認済みの購入
キャプテン・アメリカのシリーズ第3作。
アベンジャーズが、国際連合の管理下に入る協定をめぐり、反対派と賛成派に分かれて
正義と正義がぶつかり合う「シビル・ウォー」。簡単に言えば、アベンジャーズ内輪揉めの回。
数多くのヒーロー達のそれぞれの特性を生かしたバトルは、やはり圧巻です。ある意味、夢の戦い。
それだけで、十分観る価値のある映画です。
けれど。
反対派のキャプテンの行動原理は、最後まで、友情最優先。洗脳されていたバッキーを最後まで守り抜きます。
一方、賛成派のアイアンマンのトニー・スタークは、合理的で、非常に理性的。(最後は感情的になりますが)
今まで、純粋なキャプテンとエゴなスタークという差別化がされていましたが、今作ではキャプテンの方が、悪い意味で青臭く、とても子供っぽいなぁと感じました。友の無実を晴らそうということは分かるんですが。
そして、どちらも、相手を倒すことを目的にはしていませんが。
今作をキャプテン・アメリカのシリーズ最高作に挙げる人もいますが、個人的には、もう少しスカッとした気分で終わってほしかったなと思います。
やはり、皆の敵、地球のピンチじゃないとアベンジャーズはダメなのね、ということがよく分かります。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
どろんぱ2019/05/05に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
普通、ここまで揉める前に誰か止めるだろ
確認済みの購入
色々と巷で余りにも話題だからアベンジャーズもの制覇ってことでまとめて順番に観ているのだが(ワンダーウーマンを観たあとのような)鑑賞後のすっきり感が皆無なのは何故??(なので一連の感想文は全て以上の同じ文章です。すいません)
で、とにかくレビュータイトルのように、ここまで揉めないだろ、普通。。。誰か止めるだろまとめるだろ。。。みたいな
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
オニキス2018/12/15に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
身勝手な英雄
確認済みの購入
キャプテンアメリカの最終章なのにスティーブロジャースの狂行が酷い。しかしそれ以外は演出やストーリー、映像、どれを取っても面白い!
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2020/04/26に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
キャップの映画じゃない。
確認済みの購入
キャプテンアメリカシリーズの完結にあたり、MCUにおいて押さえておくべき作品の1つでもあります。

タイトルでも書いたように、タイトルがキャプテンアメリカなのに心理描写や見せ場がアイアンマン(トニー)に偏っているように感じます。

こういう対決物ならキャップ、トニーそれぞれのファンによって共感するサイドが決まってきたりしそうですが、先ほど書いた通りキャップの心理描写がほとんど無い、または浅いのでイマイチキャップの判断を支持できません。

ネタバレになるので詳細は伏せますが、この映画を観てキャップが嫌いになりました。

それまでの作品(アベンジャーズ、アベンジャーズAOU、キャプテンアメリカ、ウインターソルジャー)では超人になり祖国のために戦うスーパーソルジャーでありながら優しさと愛嬌もある、まさにキャプテンアメリカでした。

この頃はキャップが大好きでしたが、今回のキャップはただただわがままで自分勝手なクズだったので嫌いです。

ここまで悪いことを書きましたが、この作品はヒーローの負の部分とそこに絡まるヒーローならではの葛藤が描かれており、ヒーローチーム同士のアクションシーンはまさに、胸躍るシーンの連続でした。

さらにこの出来事はMCUフェーズ1〜4の完結作エンドゲームにも影響してきます。
どう影響するかを書いてしまうとまだ観てない方の壮大な感動と衝撃を奪ってしまうのでここでは書きませんが、個人的にはかなり重要な作品だと思います。

MCUを追いかけている方、ヒーロー同士のバトルが見たい方にはお勧めです。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示