通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シネマトグラフ覚書―映画監督のノート がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、カバーに日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

シネマトグラフ覚書―映画監督のノート 単行本 – 1987/11

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,923

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シネマトグラフ覚書―映画監督のノート
  • +
  • 定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー
  • +
  • 映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
総額: ¥9,828
ポイントの合計: 209pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『抵抗』、『スリ』から『ラルジャン』まで、傑作の数々を監督し、現代フランス映画史上に屹立する巨匠ブレッソン。4半世紀にわたり、演出のかたわらで彼が綴りつづけた《映画=シネマトグラフ》への、叡知にみちた言葉たち。氾濫と囲繞が問われる映像の時代に、その意味と可能性を真摯に考えるすべての人々へむけ、若き詩人の繊細な訳をとおして贈られる断想集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松浦/寿輝
1954年東京生まれ。詩人、小説家、批評家。東京大学大学院総合文化研究科教授。詩集『冬の本』(青土社、1987、高見順賞)ほか。小説『花腐し』(講談社、2000、芥川賞)、『半島』(文藝春秋、2004、読売文学賞)ほか。評論・エッセイ『平面論』(岩波書店、1994、渋沢クローデル賞)、『エッフェル塔試論』(筑摩書房、1995、吉田秀和賞)、『折口信夫論』(太田出版、1995、三島由紀夫賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (1987/11)
  • ISBN-10: 4480871128
  • ISBN-13: 978-4480871121
  • 発売日: 1987/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 217,607位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 素晴師 投稿日 2006/8/3
形式: 単行本
筑摩書房も参加した出版社4社の共同企画「書物復権2006」における投票上位書籍に選ばれ、

晴れて2006年9月中旬再販されることが正式に決定しましたね。かねがね映画ファン

必携の良書と思っていましたのに絶版状態となっていた事を勿体無く思って

いたのでこれは本当に素晴らしい出版社の判断だったと思います。

文体は時にアフォリズムのように散文的に、情熱的に。ブレッソン14番目の作品と呼んでも

差し支えないほど、多くの示唆や驚きに満ちていると思います。映画製作現場において発生する

日々の労苦や理不尽さ、また時に起こる奇跡、自らの目指す理想をブレッソン本人独特の言い回し

で非常に率直に吐露しており、これを読んだ方の中から「シネマトグラフ」の後継者を

自認する人が1人でも現われてくれることを思わず願わずにはいられません。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1999年12月18日、映画監督ロベール・ブレッソンは98歳でパリで死去。

今ではほとんど誰も知る人がいないといっても過言じゃない映画監督ですが、私にとっては、ジャン・リュック・ゴダールの『中国女』より以前に大好きなアンヌ・ビアゼムスキーが出演している、数少ない映画である『バルタザールどこへ行く』を撮った監督として忘れられない人です。

プロの俳優を一人も使わないで、芝居じみた演技を嫌って、感情を抑えたかたちで行われる彼の映画術は賛否両論あるでしょうが、時として音楽も何もない静寂の世界は、逆にものすごい迫力で身震いするほどすばらしい感動を与えてくれます。

映画から感じるその繊細さやひたむきさは、おそらくロベール・ブレッソンその人の人間性そのものなのだと思います。

あっ、それから、書名のシネマトグラフというのは、かの有名なリュミエール兄弟が1895年に発明した撮影機・映写機のことで、映画のことをシネマというのはこれが由来。
残念ながら、発明王エジソンの開発したキネトスコープなるものは、映画の元祖となるには幼稚すぎて覗きからくり程度の代物でした。

それはともかく、ロベール・ブレッソンは自らの造形物を、映画とは呼ばずにシネマトグラフと称していたらしくて、それは多分あのリュ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Hugman 投稿日 2001/6/16
形式: 単行本
フレッソンの映画の奇跡のように、彼の「シネマトグラフ覚書」は平易な言葉で映像と「見ること」の差異を短い言葉で言い表してもれがない。個人的なうらみなどがチラとかいま見えるのがご愛敬だが、それもまた映画が集団で作る故のおもしろさか。これから映画を作りたい人やプロにお勧め。手放せない。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告