中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シックス・センス 生存者 (竹書房文庫) 文庫 – 2000/12

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

小児精神科医マルコム・クロウとの出会いから一年…“死者を見る能力”を持つ少年コール・シアーは、今だ 戸惑いながらも自らの能力を受け入れ学校生活を送っていた。少ないながらも友人もできたコール少年は美術の課 外授業中、偶然にも飛行機墜落事故を目撃してしまう。そして彼の前に再び死者たちが現れる…。 首の折れたロシア人テロリスト、お互いの恋人を探して彷徨う男女、そして唯一の生存者である少女の姉…。は たして飛行機墜落は事故なのか故意なのか?コール少年の“シックス・センス”によって、謎は解明されるのか。

内容(「BOOK」データベースより)

小児精神科医マルコム・クロウとの出会いから一年―“死者を見る能力”を持つ少年コール・シアーは、いまだ戸惑いながらも自らの能力を受け入れ学校生活を送っていた。少ないながらも友人もできたコール少年は美術の課外授業中、偶然にも飛行機墜落事故を目撃してしまう。そして彼の前に再び死者たちが現れる…。首の折れたロシア人テロリスト、お互いの恋人を探して彷徨う男女、そして唯一の生存者である少女の姉…。果たして飛行機墜落は事故なのか故意なのか?コール少年の“シックス・センス”によって、謎は解明されるのか―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 251ページ
  • 出版社: 竹書房 (2000/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 481240701X
  • ISBN-13: 978-4812407011
  • 発売日: 2000/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 697,886位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
映画「シックスセンス」の続編第1巻。「生存者」「逃亡者」「密告者」と三部作になっています。特に続編第1巻と第2巻には、再び「あっ!」と言わされました。どの巻から読んでも楽しめますが、三部作なので、やっぱり順番通りに読むのが1番です。映画ノベルは良いものが少ないのですが、これは本当に面白かったです。オススメです!
【本編も含め、全4巻】
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/6/3
形式: 文庫
この小説版と映画版のThe sixth senseとの最大の違いは、主人公コールに、同じ学校に通う友人がいることです。
コールは、この友人とともに時を過ごし、同じ感情を抱きます。
そして、もう一人の友人が現れました。
その友人の登場が、この物語をおもしろくしているのではないでしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
映画が公開されたときも、オカルトものかと思い、敬遠していいました。でも、「よかった」というアンケートが多くて、ゲット。
結論から言えば、感動の涙でした---
幼い少年の気持ちに入り込んだり、カウンセラーの喜びや苦悩を追体験したり、----いろんな誤解やすれ違いがあるけれども、人は出会い、わかりあい、分かち合えるものだということが貫かれていて、全体として愛があふれていました。最後は温かな涙に包まれました。
ホラーが嫌いな人も好きな人も、ぜひ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前作と作者が変わってしまったため、文章は短くなった。それで読みやすくなったのが、いいことか、悪いことかは判断が分かれるだろう。

話の結末はは前作と同じように、おっとそういうことかー、というのがラストで待ち受けている。

話的には、かなり理不尽で、事件を解決しても、それは死者の個人的な価値によるもので、生者にはまったくメリットのないかなり迷惑である。

主人公のコールは最大の被害者だ。しかも今度の話は迷惑というレベルではすまなくなる。

飛行機の墜落事件を目撃したことで、また死者に追われるコールは、家の中でも派手に暴れられる。目を覚ましてみると殺されかけたりもして、なかなかハードな日々だ。

息子を理解しようと苦悩する母親に、かつて自分の兄が死者を見る能力をもっていたという刑事が現れる。

今回の協力者はこの刑事だが、でもマルコムのように助言者という役割ではない。

どちらかというとコールは自分で状況を解決していく。それが前回の映画で得た彼の成長だ。

死者をむやみに恐れず、可能な限り避けはするが、どうしても逃れられないときは死者と向き合い、彼らが何を望み、どうすれば自らを死者と理解させ、昇天させるか、課題にたちむかう。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック