通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
システムはなぜダウンするのか がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

システムはなぜダウンするのか 単行本 – 2009/1/22

5つ星のうち 4.5 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 505

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • システムはなぜダウンするのか
  • +
  • コンピュータはなぜ動くのか~知っておきたいハードウエア&ソフトウエアの基礎知識~
  • +
  • ネットワークはなぜつながるのか 第2版 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識
総額: ¥7,776
ポイントの合計: 234pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

銀行ATM停止、座席予約不能、株の誤発注――原因とメカニズムを徹底解説!
24時間利用できて当たり前、正常稼働して当然。社会インフラとして便利な世の中を
支えている企業や官公庁の情報システムが、ひとたびダウンすると大きなトラブルを
生みます。
多くの情報システムのトラブル事例を追ってきた日経コンピュータ誌の記者が、
過去10年間に発生したダウン事例を冷静な視点で分析。システムを正常稼働させる
技術とダウンの原因を、多くの実例を交えながら体系だって解説します。

特徴1:「ダウン」という切り口から見る信頼性のしくみ
情報システムは、例外的な状況も想定して正常に動くためにさまざまな技術を取り入れ、
運用ルールにもとづいて利用しています。しかしそうした技術や工夫を施し、テストを
繰り返しても、システム・ダウンは起きています。本書では、まず、正常稼働のための
基本的技術や運用方法を説明し、続いて、そうした技術があるにもかかわらず、実際に
起きたダウン事例を取り上げて、現実にどの部分にダウンの要因が潜んでいたか
を見ていきます。

特徴2:システム・ダウンの原因を4つに分類し解説!
システム・ダウンの原因はさまざまで、複数の要因が絡んでいることもありますが、
突きつめると1つの原因にたどり着きます。本書では、「ソフトウエアの不具合」
「性能・容量不足」「設定・操作ミス」「不慮の事故」の4つに分類し、根本原因が
どういう不具合を次々に引き起こしダウンにつながっていたか、複雑に絡みあう原因を
ひも解いてきます。

特徴3:52事例が示すダウンの実態!
株の誤発注で400億円損失、ATM11万台が使用停止、電車の緊急停止、
コンピュータ・システムの日付問題、口座振替の二重引き落とし、
データセンター火災、サーバーの2台同時故障など、
日経コンピュータ誌が取り上げた過去10年間のダウン事例から代表的な52事例を
取り上げ、「ダウン」を大きなトラブルへとしないための方策を学んでいきます。

内容(「BOOK」データベースより)

銀行ATM停止、座席予約不能、株の誤発注―原因とメカニズムを詳説。10年後も通用する“基本”を身につけよう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 312ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2009/1/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482228381X
  • ISBN-13: 978-4822283810
  • 発売日: 2009/1/22
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 151,568位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
システム・ダウンについて、過去の誰もが知っているような有名な事例などを使って、アプリケーション、ソフトウェア、ミドルウェア、OS、ハードウェア(パーツ、L3スイッチ)、人的(設定、運用、操作、うっかり)ミス、不慮や突然の事故や災害など広い視点で図や表もふんだんに使いながら詳しく分かりやすく書かれてあります。
ITの開発者やシステム・エンジニアであれば、要件定義やトラブル対応・再発防止策など全範囲にわたり仕事に役立てることが出来ると思います。
ダウンが発生した時にユーザーの表に立って対応する営業も、一部技術的に分かりにくいところがあると思いますが、対応や原因と対策について非常に参考になると思います。
また、管理者なども早期復旧と原因究明および対策に向けて、ITに詳しくなくても幅広く知識を得られると思います。
ITに関わる人であれば、読むべき本だと思いますので、★は5つとします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
システム≒銀行や株取引に使われる大型コンピュータとネットワークの話が中心です。
パソコンにある程度詳しくないと、読む気が起きないと思います。

ある程度パソコンを使う人にとっては、この本はとても面白いです。

昔々、「マーフィーの法則」という本がASCIIから出版されていましたが、それに通じるものもあります。

「バグはなくならない」
「バカは、設計者が想像もできないような使い方を考え出す」

とか。

私には、「今の維持コスト」と「トラブルが起きたときの損害額」を天秤にかけて、物事動かしなさい、と、
語りかけているような本でした。
この本を読んでからは、

「将来のトラブルの時、楽ができるよう、今しんどいことを積み重ねていこう」

という考え方をして仕事をしています。

★5つつけましたが、もう一度読み返そうという気になれません。分量多すぎ・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 システムがダウンするとはどういうことなのかというよりも、どういうときにダウンするのかを中心に解説されている。著者は元SEで執筆当時は日経コンピュータの記者。システムダウンの原因を(1)ソフトウェアの不具合(2)システムの性能・容量の不足(3)設定や操作のミス(4)ハード故障などの不慮の事故の4類型とし、それぞれについて事例を挙げながら解説する。
 曰く・・・
 本番系と待機系で冗長化しても、ソフトウェアに不具合があると冗長効果がない。そこで、OSやミドルウェアを本番系と待機系で異ならせるという対策が行われることがある(二系統化)。
 メインフレームとは違い、オープンシステムの場合、ウェブサーバやアプリケーションサーバなど役割別にサーバを分けるので、サーバ間通信が多い。システム全体でソフトウェア資源の設定(最大同時受付数やら待ち行列の長さなどの設定)を適正に行うのが難しい。このため、ソフトウェア資源が原因で「性能不足」を生じやすい。設定値が適切かどうかを確認するためのテスト手法も確立されていない。本番システムをつかって大量のアクセスをかけた負荷テストをこなすのが難しいことも一因。
 イーサネット・スイッチの刷新(性能アップ)が原因で、サーバの受信バッファのメモリ確保必要量が大きくなり、メモリ不足を起こすことがある。通信高速化のためにイーサネッ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
300ページくらいありますが、とても読みやすく、分かりやすく、システムの提案、設計、運用、保守をする人にはとてもオススメです。

私は営業職ですが、お客様から提案依頼(RFI,RFP)を頂き、提案書を作成することがありますので、基礎知識としてとても役に立つと思いました。
(RFI,RFPには大抵「冗長化を考慮すること」など、ダウンしないようにしなさい、という要件が盛り込まれますので)

システムがダウンするメカニズムの説明は、文章も図も平易で分かりやすいです。
また実例に関しては、ある程度具体的に、ただしあまり細かいところまで突っ込みすぎずに書いてあり、読み物としてすっと読めるレベルです。

いままで自社、他社のシステムの運用、保守も担当してきましたが、「これあるよね〜」というのがいくつかあってなんだか微笑ましくなりました。

ただしちょっと高いですかね。。。「業界全体でノウハウを共有することが大切」なんて書いてありますが、若い人の多くはこの値段じゃ手を出しにくいのでは、と思います。

また、ちょっと残念なのが、実例が金融機関、特にATMに偏っており、通常の企業(エンタープライズ)や通信事業者のネットワークシステムなどについての例が少ないことです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック