この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

シスター・プリンセス Re Pure Vol.12 咲耶 [DVD]

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 750より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


登録情報

  • 出演: 堀江由衣
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2004/02/25
  • 時間: 15 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00019251W
  • EAN: 4988003958565
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 180,276位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

2002年10月よりオンエア-された「シスタープリンセスRePure」のキャラクターズパートを1キャラクターずつ収録したDVD作品。今作は妹の中では最年長の咲耶が登場。

レビュー

製作総指揮: 大月俊倫 プロデューサー: 高野希義/森山敦/渡辺和哉/川崎とも子 監督: 宮﨑なぎさ 原作: 天広直人/公野櫻子 シリーズ構成: あみやまさはる 撮影監督: 大平幸輝 美術監督: 島津あゆみ 録音: 大坪恵美 効果: 佐藤一俊 オープニング・ED・BGM: 岡崎律子 企画: 佐藤辰男 編集: 田熊純 音響監督: 千葉繁 声の出演: 桑谷夏子/望月久代/小林由美子/堀江由衣/千葉千恵巳/柚木涼香/横手久美子/神崎ちろ/川澄綾子/かかずゆみ/半場友恵/水樹奈々
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

テレビアニメ『シスタープリンセスrepure』のBパートで最後に放映されたエピソード。シスプリキャラ中年齢的に最も上と見られる(つまり世間的な分別がありそうな)咲耶を、個性的な作品作りをする長濱博史氏が演出したら、こんなある意味とんでもなく残酷とも言えるような話に仕上がった、という感じ。シスプリ的な兄妹関係の行き着く先は確かにここですが、この最終点(故に咲耶でなければ成立しない)を本当に『シスプリ』の中で映像化したところが凄い。無論、「人生」を考えるならこれも一つの通過点でしかない訳ですが、ここから先に描かれるものは最早『シスター・プリンセス』ではあり得ない、という点で、なるほどシリーズの最終話に持ってきたのも納得というところです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
シスタープリンセスの作品としての限界(であり出発点)は兄妹関係に凝縮されていると思います。兄妹間の恋愛は現実的にはタブーです。咲耶は兄妹関係をイヤというほど熟知していながらも、それを超えたい気持ちと抑えなければならない気持ちの二つに引き裂かれている、十二人の妹のうちで最もアンビバレンツな存在です。シスタープリンセスはプレイヤー(ファン)にとって兄妹愛モノなのか、それとも恋愛モノかと問われたならば、どちらも選ぶことのできない両義性を持つ作品です。ですがシスタープリンセスはあくまでも兄妹関係に自足しなければなりません。それを超えた、兄と妹との恋愛を描き出したら、もはやそれはシスタープリンセスという作品の世界観を破壊(もしくは逸脱)することになるでしょう。本作で描かれている咲耶はそのギリギリ限界に位置します。ですからここがシスタープリンセスの終着地点。もうこれ以上のものはシスタープリンセスで描くことはできません。本作はシスタープリンセスの最後を飾るにふさわしい傑作だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
普通の兄妹関係を考えることができなくなってしまうほど、切ないです。確かにこうなることはわかっていたのですが、「Romantic connection」の歌詞と重ねてみると、胸が苦しくなるほどの作品です。
もうこれ以上、作品を作り続けるのは無理だと言うのが、嫌になる程、わかりました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック