Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 1,296の割引 (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ネイト シルバー]のシグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」
Kindle App Ad

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」 Kindle版

5つ星のうち 3.8 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592 ¥ 1,344

紙の本の長さ: 594ページ

商品の説明

内容紹介

金融市場、天候、政治(選挙)、プロスポーツなど、さまざまな分野における予測の重要性と精度、失敗例・成功例などに具体的に言及しながら、複雑に絡み合った情報のなかに混在するシグナル(予測の手がかり)とノイズ(雑音)の見分け方、陥りやすい落とし穴、予測の精度を高めるための手法などを平易な言葉で解説する。ビッグデータ分析のための貴重なヒントを凝縮した一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

「私たちはシグナルを探そうとしてノイズを集めている」米大統領選で「オバマの勝利」を完璧に予測し、世界を騒然とさせた希代のデータアナリストが、情報の洪水のなかから真実(シグナル)を見つけ出す統計分析理論と予測技法を初公開!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13631 KB
  • 紙の本の長さ: 564 ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2013/12/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00HWP6MXA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,081位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ビッグデータとか統計とかがブームです。おかげで私は会社の片隅でメシが食えています。
が、どうも世間の方々は「すげえ技術を放り込めばコンピュータとかデータサイエンティストが勝手に疑いようのない正解を見つけ出してくれるはず」と思っているようです。
いや、統計はその候補をわかりやすく表現するための手段であって、何が正解かはヒトが判断しなきゃならないんですよ。
分析方法にしても人の目は捨てたもんじゃないし、それをコンピュータとうまく組み合わせる方法がないだけなんですよ。
というある意味「当たり前」のことを、現代トップクラスのデータ分析屋さんが説得力をもって示してくれる本です。
数式もプログラムもないけど、データ分析の本質の部分については丁寧に説明してくれています。
ビッグデータへの夢を捨てるために読むもよし、夢を実現するために読むもよし。
今のブームを使って一儲けしようという方にだけは、おすすめしません。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るかに トップ500レビュアー 投稿日 2013/12/18
形式: 単行本
本書では、シグナル(信号)とノイズ(雑音)との区別をすることの難しさが繰り返し説明されます。
人間というのは、ランダムなノイズの中にパターンを見いだしてしまう傾向があり、
このために、分析対象のデータは解釈する人間によって都合の良いストーリーを語ることが多いとのこと。
本書では一貫して、このことによる「予測」の難しさとその対応方法について語られています。

「ビッグデータ」ブームが沈静化し、「スモールデータ」などという新たなバズワードが生まれつつあります。
そんな昨今、データの量や精細さによって分析や予測を計算機に丸投げすることには限界があり、
それを取り扱う私たち人間の役割が重要であることを気付かせようという本書の存在は有意義です。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 原書が544ページ、翻訳書も594ページと、とにかく分厚いので読むのには相当覚悟のいる一冊ですが、
ビッグデータ時代の中で、必見の予測の極意が書かれています。

 スポーツと政治の領域のデータ分析に関して圧倒的な実績を誇るシルバー氏。シルバー氏が有名になったのは、
PECOTAという野球の統計データの分析モデルを開発したこと。
メジャーリーグで活躍が期待できるマイナーリーグの選手を特定するもので、
その非常に高い精度が評価されて、「 マネーボール 」で有名になった、
野球データ分析会社「 Baseball Prospectus 」が買い取ったというエピソードもあります。

また、さらに名声を挙げたのが大統領選の予測です。
自身の政治ブログ「 FiveThirtyEight 」では、
世論調査や経済データを分析・解析し、
オバマ大統領選の
50 州中の 49 州 ( 2008 年 )、
50 州中の 50 州 ( 2012 年 )と、すべての予測を的中させました。

ビッグデータ時代においては、
「多くの書籍や記事で、いかにデータを集めるか」に
注目が集まりがちです。しかし、シルバー氏によれば、現代のビッ
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 A・Y 投稿日 2014/2/7
形式: 単行本
ギリシャ人のジョン・P・イオアニダスが2005年に発表した「なぜ発表される研究結果のほとんどは間違っているのか」という論文。論文調査がある専門誌から、効果が確認された研究結果、つまり学的な仮説が実証されたものを調査したところ、そのほとんどが現実の世界では失敗することが判明した。別の研究所がこれを検証したところ、実際に医学専門誌で発表される研究結果の約3分の2は再現できなかった。

S&P社がCDO(担保債務証券)に最高ランクであるトリプルAのランクを付けた場合、これが今後5年間にデフォルトする確率は0.12%としている(850回の1回の確率)。しかし、S&Pの内部データによれば、トリプルAと格付けされたCDOが実際にデフォルトする割合は28%である。

2005年、ペンシルバニア大学のフィリップ・テトロックが発表した「専門家の政治判断」という調査。ソ連崩壊、湾岸戦争、日本の不動産バブル、カナダのケベック州独立問題など80~90年代の主要な出来事を政治の専門家に予想させたところ、専門家の予想正解率は職業、経験、分野に関係なく、偶然の一致より高くなかった。専門家が「絶対に起こらない」と予測した事象でも、そのうちの15%が実際に起こった。専門家の予想は総じて悪かったが、その中でも特にメディアに登場する回数が多い専門家は予想正解率が特に悪かった。よく
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す