中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シガテラ(3) (ヤンマガKCスペシャル) コミック – 2004/9/6

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

未来永劫の約束なんてない!!
高校2年生にもなって純情で、
未来を少しだけ夢見ていて、
普通に女の子にあこがれを抱き、
自由も不自由もない日々の中、
少しずつ毒に冒されていく‥‥。


登録情報

  • コミック: 210ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/9/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063612554
  • ISBN-13: 978-4063612554
  • 発売日: 2004/9/6
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 実は当初の予定より1ヶ月遅れて発売となった『シガテラ』待望の第3巻。一般的にギャグ漫画家の寿命は短い。前作『ヒミズ』が完結したとき、古谷実の漫画家生命は終わりなのではないかと本気で危惧した。だが、それは全くの杞憂に過ぎなかった。本作『シガテラ』は過去の古谷作品に負けず劣らず凄まじい。いじめも初体験もあらゆる青春は、いつか嘘のように終わる。しかしそこは古谷実、表情やら描写やらがやたらとリアルなのである。登場人物の各々にそれぞれの過去があり、当たり前だがそれが各キャラクターの人格を形成している。ごく当然のことのようでもあるが、なかなかどうして本当にこの作者は凄い…!流石に元(?)ギャグ漫画の帝王だけあって、笑いのツボも熟知している。1巻2巻に続き3巻も本当にイイところで終わる。またもや次巻に期待せずにはいられない!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zac VINE メンバー 投稿日 2004/9/12
形式: コミック Amazonで購入
この作品は当初より、「青春17遁走曲」と言っていた。
辞書(大辞泉)によると、
【遁走曲】…フーガ。複数の主題が次々と複雑に模倣・反復されていく対位法的楽曲。
…と、なっている。
当初、この作品を「微笑ましい恋物語」「いじめられっ子の心情表現」程度と思って読んでいた人も多かっただろうが、3巻に至り、それぞれのテーマがみるみる覆い尽くさんばかりに広がり、絡まりあい、逃げ出せなくなりつつある。
当初から「シガテラ」という毒の名前を題とし、「遁走曲」と称していたことからもわかるように、それもこれも、当然作者の構想の範囲内の展開であろう。
作者は、読者の数段先のレベルで物語を作っている。
当初それほど意識しなかったこれらのキーワードにこれだけの意味があったのだから、ヒントは作中の至るコマにもあるはず。
(まあ、タイトルなんだから、重要であってしかるべきではあるが。)
作者のばらまいたそれらを残さず読みつくそうとしても、それを十分に受け入れるだけの奥行きを持った作品だと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作品は笑いどころであっても
迂闊に笑っていられない。
何故なら次の話では信じられない事が起こったりするから。
こんな感覚は初めてだ。
ぬめっとした狂気が作品全体を覆っていてとても不安。
だけど見るのがやめられない。
それほど魅力的ってわけです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 funnys 投稿日 2004/9/19
形式: コミック
帯に「ついに残忍な毒の扉が開く!」とある通り、この3巻で大きな変化が見られます。タニ君の彼女と荻野君の関係、タニ君と高井君の関係。この巻はタニ君を中心として描かれているように思いました。高井君がネットで知り合ったサイコな奴がタニ君を監禁するため行動を起こす。これが3巻です。この後がちょっと怖いですが…。最後の方で南雲さんの裸が見れます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック