¥ 4,536
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

シオニズムの解剖: 現代ユダヤ世界におけるディアスポラとイスラエルの相克 単行本 – 2011/10/25


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011/10/25
¥ 4,536
¥ 4,536 ¥ 8,608
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

紛争の起源としてのシオニズム。ヨーロッパの「ユダヤ問題」から今現在につづく「パレスチナ問題」までディアスポラとイスラエルのねじれを読み解き、近現代世界を民族紛争の理解に多くの視点を示す。

著者について

1956年生まれ。日本女子大学文学部教授、同大学院文学研究科教授。専門はパレスチナ/イスラエルを中心とする中東地域研究、中東政治。著書に『イスラエル』(岩波書店[岩波新書]2009年) 『アラブ革命の衝撃――世界でいま何が起きているのか』(青土社 2011年) など。

1972年生まれ。大阪大学人間科学研究科特任助教。専門は近現代ユダヤ文化。共著に『ユダヤ人と国民国家――「政教分離」を再考する』(岩波書店 2008年)編著に『ディアスポラから世界を読む』(明石書店 2009年)など

1973年生まれ。東京経済大学専任講師、東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター共同研究員。専門は社会思想史、パレスチナ/イスラエル問題。著書に『ユダヤとイスラエルのあいだ――民族/国民のアポリア」(青土社、2008年)、編著に『ディアスポラから世界を読む——離散を架橋するために』(臼杵陽氏監修/赤尾光春との共編、明石書店、2009年)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 354ページ
  • 出版社: 人文書院 (2011/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4409230476
  • ISBN-13: 978-4409230473
  • 発売日: 2011/10/25
  • 梱包サイズ: 21.4 x 15.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,100,656位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう