Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 756

¥ 324の割引 (30%)

ポイント : 111pt (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ウィリアム・シェイクスピア]のシェイクスピア全集 ハムレット (白水Uブックス)
Kindle App Ad

シェイクスピア全集 ハムレット (白水Uブックス) Kindle版

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 756
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 50

商品の説明

内容紹介

滑稽、悲哀、苦悩、歓喜、陶酔……。奇蹟としか言いようのない深い洞察力によって人間のあらゆる感情を舞台の上に展開させたシェイクスピアの全劇作を生きた日本語に移した名翻訳。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 684 KB
  • 紙の本の長さ: 167 ページ
  • 出版社: 白水社 (1983/10/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00P9QY5LU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 22,771位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
今年シェークスピアを読破する。このシリーズは、シェークスピアの全ての作品を安価で提供してくれる
良心的なシリーズだ。第一弾としてハムレットを読んだ。非常に読みやすい。冒頭に登場人物一覧を付けてくれているのが嬉しい。
ハムレットは、独特のストーリー展開に続く圧巻のラストシーン。全く古さを感じさせない名作。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 romarin 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/1/7
形式: 新書
To be, or not to be, that is the question,のセリフがあまりにも
有名な『ハムレット』。この有名な独白の原文の難しさ、また「四大
悲劇」というジャンル分けから、何となく堅苦しい印象があり敬遠して
きた。
しかし、英文科の学生としてたとえ翻訳ですらハムレットを知らないの
はまずいだろう、ということでトライしてみた。
すると、シェイクスピアとしては比較的分厚いにも関わらず、今まで
読んだどの作品よりもすいすい読めたのである。
復讐悲劇であるこの話は、先王の亡霊が息子の王子ハムレットに、
「弟である今の王が自分を殺し、妃までも奪ったのが真実であり、復讐
をしろ」ということを伝えに現れ、、ハムレットがいろいろと考える
うちに、王もハムレットを危険と感じ陰謀をめぐらせ始める・・・
というもので、メインキャラが次々と死ぬ筋立ては確かに悲劇である。
しかし、作品で際立つのはその悲劇性よりも、陰謀が絡み合うサスペンス
性、そして何よりも素晴らしい台詞の数々である。
引用の典拠とされることも多い作品だから、どこかで聞いたセリフもあろう。
どの人物も、詩的で、哲学的、思索に富む深い言葉を言ってくれている。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は数あるハムレットの中でも、この小田島雄志翻訳のハムレットが一番好きです。シェイクスピアの巧みな言葉遣いが、非常にうまく表現されていて、おもしろかったです。シェイクスピアというと堅苦しいイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、この作品は年月の流れを感じさせないくらい、今読んでも楽しめる内容です。古さをほとんど感じさせません。ハムレットが自己の生きる世界について悩む姿や、ポローニアスの教訓は、現代にも通用するものばかりです。あっという間に読みきってしまいました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 33 VINE メンバー 投稿日 2006/8/25
形式: 新書
かなり上手な訳だと思います。

シェイクスピアの著作に当たっている中で、小田島さんの訳に触れられたことは幸運でした。

多少駄洒落風言葉遊びが嫌でしたが、全体としては及第点。

日本語版ハムレットの正統と位置づけていいのではないでしょうか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
あらゆる印象的な、修辞法に富んだ言葉、台詞を紡ぎだしたシェイクスピア、「資本論」にすら引用されるシェイクスピア。彼の言葉へ対する思いは一言一言本気であったのだろう。この「ハムレット」も、巧みな言葉の使い方(下ネタもあるし)など想像をはるかに超えたおもしろさだった。シェイクスピア四大悲劇の一つであり、内容もどう考えても悲劇なのではあるが、どうしても「愉快」という印象が強い。「素晴らしい悲劇は同時に素晴らしい喜劇でもある」という、かの有名な・・・というのは嘘で、かなり適当な定義を今、自分で勝手に作り出してみたけれど、とにかく面白い。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover