通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シェイクスピア・カーニヴァル (ちくま学芸文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シェイクスピア・カーニヴァル (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2017/2/8

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/2/8
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,199

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シェイクスピア・カーニヴァル (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 現代語訳 信長公記(全) (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 湯女図: 視線のドラマ (ちくま学芸文庫)
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 128pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

既存の研究に画期をもたらしたコットが、バフチーンのカーニヴァル理論を援用しシェイクスピア作品に流れる「歴史のメカニズム」を大胆に読み解く。

内容(「BOOK」データベースより)

ヤン・コットは名著『シェイクスピアはわれらの同時代人』で、それまでの研究とは一線を画すコペルニクス的転換をもたらした。コットの研究はシェイクスピア劇全体を眺め渡して、その底に太く流れる歴史的深層海流とも言うべき「歴史のメカニズム」が登場人物の全行為、あらゆる意図に貫かれていることを明確にあぶり出してみせたのである。また、本書に特筆すべきは、バフチーンのカーニヴァル論が援用されていることで、聖と俗、嘲笑と歓喜、死と再生等に注目することによってシェイクスピアの豊饒な宇宙がより一層鮮やかに描き出されている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 351ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2017/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 448009783X
  • ISBN-13: 978-4480097835
  • 発売日: 2017/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 211,685位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
シェークスピアの”真夏の夜の夢”にバフーチンのポリフォニー理論を応用し、この戯曲の中に如何に多様な声が響きわたっているか、を論証する。登場人物の一人アテネの職人ボトム、その名はいみじくも底を意味する。カーニヴァル的想像力では、聖と俗、天上と地上、精神と肉体が逆転するから、この名は意味深長である。そして、ボトムはロバの頭をもつ人間に一旦変身し、パックに惚れ薬を瞼にたらされたタイタニアは、そのロバに恋してしまうのだ。ここで、仮面劇、宮廷娯楽がカーニヴァルの”逆さまの世界”と出合う。著者によれば、これが近代喜劇の幕開けとされる。さらにここには、中世に読まれた”黄金のロバ”が意識されているし、夢から覚めたボトムは、聖書のコリント前書の一句をもじったような台詞を言う。その上”痴愚神礼賛”が意識された台詞もあるのだ。”真夏の夜の夢”は喜劇だが、death, deadは28回、dying, dieは14回、kill, killingは13回でてくるのに対して、kiss, kissingは6回それも劇中劇の中でのみ出てくるにすぎない。ここにも喜劇とは相反するものとの出会いが透けて見える。

次に論じられるのは”嵐”である。この劇はシェークスピア最後の作品であり、古代ローマの人ヴェルギリウス作の”アイネーイス”を下敷きにしていると論じられる。両作品とも嵐と船の難破で始まるのだ。”
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告