通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫) 文庫 – 2002/12/25

5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 357
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 283

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫)
  • +
  • あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書)
総額: ¥1,544
ポイントの合計: 47pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【シェイクスピア】1564~1616(ひとごろしイロイロと覚えます。謀略・発狂・嫉妬・情死、作品の登場人物は、考えられる限り様々な理由でこの世を去ります)。誕生日と命日は同じ4月23日。欧米の大衆娯楽演劇の原点、ハリウッドで最も売れている脚本家、世界で一番有名な作家です。名前は知っているけど、作品も大体見当がつくけど……、という方のための〈アトーダ式〉解説本。

内容(「BOOK」データベースより)

シェイクスピア―1564~1616(ひとごろしイロイロと覚えます。謀略・発狂・嫉妬・情死、作品の登場人物は、考えられる限り様々な理由でこの世を去ります)。誕生日と命日は同じ4月23日。欧米の大衆娯楽演劇の原点、ハリウッドで最も売れている脚本家、世界で一番有名な作家です。名前は知っているけど、作品も大体見当がつくけど…、という方のための“アトーダ式”解説本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 400ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101255261
  • ISBN-13: 978-4101255262
  • 発売日: 2002/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,348位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 スカラベ トップ100レビュアー 投稿日 2014/12/12
形式: 文庫 Amazonで購入
 演劇は舞台に乗って初めていきいきと動き出すものだから、戯曲を読んでも
おそらく退屈なだけと思います。とくにシェイクスピアなんかの古典になると、
その戯曲を読むのは学者か演劇関係者くらいではないでしょうか。
でもシェイクスピアには400年の歴史があるし、いろんなところで引用されるし、
教養としてどんなものか概要くらいは知っておきたい。
そんな私たちにピッタリの本が当書です。

 シェイクスピアの30を超える作品のなかから、以下の代表作11編を選び、
阿刀田高が私たちのかわりに、演劇を見、戯曲(日本語訳)を読み、イギリスの
歴史を渉猟し、必要があれば実際にロンドン等の現地を訪れて、作品のあらすじと
作品にまつわる面白い話を語ってくれます。つまりこの本はシェイクスピア劇を
主題にした文学エッセイと言えます。

  1.『ハムレット』 Hamlet (悲劇)
  2.『ロミオとジュリエット』 Romeo and Juliet (悲劇)
  3.『オセロー』 Othello (悲劇)
  4.『夏の夜の夢』 A Midsummer Night's Dream (喜劇)
  5.『ヴェニスの商人』 The Merchant
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シェイクスピアの生い立ちから始まり、作品の一つ一つに独自の見解で意見が書かれてあり、とても興味深く読めました。
シェイクスピアの作品はストーリーの面白さ以上に台詞の巧みさにあることがよくわかりました。
知らない作品でも内容と見所、名台詞が書いてあるので理解しやすかったです。日本語では現しきれない部分が多々あるようなので原文を読めたら面白そうだと思いました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
小学校の教科書でリア王を知って以降、一通りの有名作品は読んできたが、

本書を読んで、よりシェイクスピア作品への理解が増した。

ハムレットにせよ、オセロウにせよ、シェイクスピアのオリジナルではなく、

元となる作品があるらしい。今で言えば脚本家という感じだろうか。

トルストイは好きな作家の一人だが、彼がシェイクスピアを低く評価していたらしい

ことが印象に残った。

歴史の勉強にもなるし、読んでよかった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
四大悲劇の内容が大体分かるが、歴史物は観たことがない、原書まで買って読む程ではないがまだ観たことの無い劇の内容も知りたい、といったぐらいの中級者がシェイクスピアについての知識や話の筋を得るために最も適した本。
書き口が軽いのでさらっと読めるところも良い。
阿刀田氏の解説シリーズは初めて読んだがちょうど良い情報量だと思った。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シェイクスピア文学を真面目に学ぼうというのでなければ、とっても面白い本だと思います。
独特の語り口に引き込まれ、一気に読みました。
例えるなら、「高校の歴史の先生が、授業からちょっと脱線して熱く語っているのを、聞いている感じ」の本です。
シェイクスピアの特徴が、なんとな〜く、ざ〜っくり、分かります。
劇作家(シェイクスピア)と小説家(著者)の視点の違いについて、折に触れて語られているのも、興味深かったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 シェイクスピアの入門書であるが、同じ著者の
例えば、旧約聖書や新約聖書などの入門書よりも
面白くないのは、シェイクスピアの作品に対する
私自身の予備知識が少なすぎるからであろうか。
 いきなり原作を読もうとしても、なかなか読めない
ので、そのために入門書を読むのが良いが、それ
でもなかなか、親しめそうにない場合は、映画化され
たものを見てから原作を読むのが良いと思う。すぐ
れた映像が少ないのが残念であるが。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「小説新潮」に1999年4月から12回にわたって掲載されたコラムの再録。シェイクスピアの生涯について語った第1回を除き、シェイクスピアの37の戯曲から、「ハムレット」、「オセロー」、「夏の夜の夢」など有名なものを毎回1つずつ計11篇を解説する。
シェイクスピアの戯曲のうち、特に有名なものはすべて網羅されている上に読みやすいので、入門書としては最適でしょう。取りあげた戯曲のあらすじ、背景、見どころなどをウィットに富んだ文章で紹介していきます。またシェイクスピア劇の重層性について解説したり、少々辻褄が合わなくてもドラマツルギーを大切にする書きかた、同じ物書きとして、シェイクスピアの創作に対する姿勢などにも思いを馳せていきます。翻訳の問題も指摘しています。可能であれば、原文で読むに越したことはないようです。
さっと読めるわりに盛りだくさんなのは、阿刀田氏の「楽しむために」シリーズならではでしょう。惜しむらくは、雑誌連載だったせいか、まとめて読むと似たような解説が何度も出てきて少々くどいことでしょうか。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック