通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
シェアリング・エコノミー ―Uber、Airbnb... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】中古のため表紙に多少の使用感がございます。しかし、ページ部分は読むには差し支えないコンディションです。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シェアリング・エコノミー ―Uber、Airbnbが変えた世界 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/23

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,235

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • シェアリング・エコノミー ―Uber、Airbnbが変えた世界
  • +
  • シェアリングエコノミー
  • +
  • 限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 195pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

これが、グーグルを本気にさせた次世代ビジネス戦略だ!
P2P宿泊サービス、ライドシェア、カーシェア、クラウドソーシングなど、
テクノロジーの進歩が可能にした「新しい取引」の実態と、
急成長するサービスの仕組み、台頭する注目企業の動きを明らかにする。

・シェアリング・エコノミーとは何か?
・何がそれを可能にしたのか?
・既存産業や経済全体に与える影響は?
・規制と労働はどうあるべきか?
・新たなテクノロジーによってどう進化するか?

「シェアリング・エコノミーには、世の中にあるモノや人といったリソースの稼働率を上げることで、社会全体の生産力を上げるという効果が期待される。2016年には、こうしたシェアリング・エコノミーの経済規模が10兆円を超えるという試算もある。
 実際、シェアリング・エコノミーの潮流は、巨大なビジネスチャンスを生み出している。Uberは未上場ながら企業価値評価額が5兆円弱(400億ドル)、Airbnbは1兆円強(100億ドル)となっている。両社とも2000年代後半に創業された企業であることを考えれば、その急激な成長ぶりがわかるだろう。
 しかし、その一方で、個人間で取引をするということは、規制の対象にもなりやすい。ホテル業界やタクシー業界といった規制が厳しい業界で提供されるサービスと類似したサービスの場合は、特にそうである。シェアリング・エコノミーを促進し、社会全体の生産性を上げるためには、そうした規制についても見直していく必要がある。
 本書では、シェアリング・エコノミーの流れを促進する背景や、それが社会に与える影響、そして、私たちの社会が直面する問題について考えていく」(まえがきより)

内容(「BOOK」データベースより)

シェアリング・エコノミーとは何か?何がそれを可能にしたのか?既存産業や経済全体に与える影響は?規制と労働はどうあるべきか?新たなテクノロジーによってどう進化するか?P2P宿泊サービス、ライドシェア、カーシェア、クラウドソーシングなど、テクノロジーの進歩が可能にした「新しい取引」の実態と急成長するサービスの仕組み、台頭する注目企業の動きを明らかにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 238ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2015/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532320186
  • ISBN-13: 978-4532320188
  • 発売日: 2015/7/23
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 110,136位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
UberやAIRBnBは聞いて知っていましたが、問題点も含め全体的な流れが良く分かりました。
色々新しいサービスも登場していて一度使って見たくなりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
シェアリングエコノミーを中心に、クラウドソーシングのような関連分野にも言及されている。

著者が学部在学中の執筆ということもあってか、分析の深みに乏しく調べ学習感はぬぐえない。

ただ、ニュースなどでざっくりした情報に触れているだけでは知らなかった情報もあった。
・シェアリングエコノミーの要所は自由競争の下で共同使用を実現すること。
・ネット上のレビュー機能が個人間の貸し借り広がりに弾みをつけた。
Uber、Airbnbなどはシェアリングエコノミーのプラットフォームを提供していると言える。
・エクスローというネット上の決済サービスの普及が売り手と買い手の信用を担保するようになった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
これから日本にも訪れるシェアリングエコノミーについての入門書です。
P2P宿泊サービスとしてAirbnb、ライドシェアとしてUberの説明が詳細になされています。
また、オンデマンドサービス、カーシェアリングサービス、クラウドファンディングなど、シェアリングエコノミーを考える上で基本的な要素は十分に網羅されています。
全般的にシェアリングエコノミーを好意的に受け取っていますが、批判に対しても考察がなされており、とても参考になります・
経済学の観点からのコラムもわかりやすく、巻末の深尾光洋教授の経済学の解説もよかったです。星5つです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書は、近年、人々の消費行動を根本的に変えているとされているシェアリング・エコノミーについて解説している。

本書は2つの意味で面白かった。

1つは、シェアリング・エコノミーに関するサービスや具体例が数多く掲載されていることである。

買い物を代わりにしてくれる人を探してくれるサイトであったり、、見知らぬ人の犬を預かってくれる人を探すサイトであったりこんなことがビジネスになるのかーというようなものが数多くあり、興味深い。

またもう1点は、前半部分で、非常に詳細にシェアリング・エコノミーの仕組みについて解説している点である。

本書によると、シェアリング・エコノミーは、スマートフォンの普及や決済手段の発展などにより、取引コストが下がったことだという。

また、需給のマッチングという極めて経済学的な効率性を高める仕組みであるから、経済学の規制の議論を使って、規制を見直すべきと指摘し、

詳細に、規制緩和の具体案や、世界各地の規制のベストプラクティスを紹介している。

新聞記事や雑誌等で、紹介されているシェアリング・エコノミーの解説とはまったく深さの違うものであった。

前半部分はシェアリング・エコノミーに
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著書はこの本を大学在学中に書いたようだ。
同年代が書いたとは思えない内容の濃さで、いろいろ刺激的だった。
似たテーマを僕も研究しているので、是非とも卒論の書き方の参考にしたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
シェアリングエコノミーについて、多面的に分析している良書です。

新しいビジネスチャンスというだけでなく、シェア経済が私たちの社会にいかに大きなインパクトを与えるか、その輪郭が理解できます。

シェア経済のポジティブな側面だけでなく、Uberや、Airbnbなどのサービスが、既存の事業主や、各地域の法的規制とどのように折り合いをつけていくのか、規制緩和のプロセスや提案など具体的な事例とともに解説されていたのは大変参考になりました。
例えば、AirbnbやUberなどが参入している、ホテル旅館業界や、Uberは既存の事業者が安全面など様々な規制を受け入れるための投資をしています。
一方で、AirbnbやUberでサービスを提供する個人は、既存事業者のような規制に対応する必要がないとすると、サービス提供に関する設備投資などで有利不利が発生します。そういった個々の問題に対して、現実的な解決プロセスの萌芽があるということは、今後のシェアリングエコノーミーの普及に大きな後押しになると感じます。
一方で既存の規制を守ってシェアサービスの参入を止める国や自治体も増えていくことが予想されるため、シェア経済が貼って飲していく地域と、そうでない地域と社会面、経済面でどのような差異が発生してくるか大変興味深いテーマです。

学術的な事例調査、ビジネス的な視点、読みやすさバランスのとれた内容で学びになりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー