中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 見た限り書き込みありません。古本のため多少の使用感やスレ・キズ・傷みなどあることもございますが全体的に概ね良好な状態です。通常2営業日以内で迅速丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シアーズ博士夫妻のベビーブック 単行本 – 2000/10/1

5つ星のうち 4.5 70件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,672 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 子育て| 年齢に合わせた子育てのしかたやしかり方、ほめ方、離乳食の作り方など、幅広いジャンルの本をラインアップ。子育ての本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   現役の小児科医で、自らも8人の子どもを育てたシアーズ博士と看護婦である妻マーサによる育児書。小児科医と看護婦が科学的根拠と豊富なデータ、子育てを経験した夫婦への取材結果をもとに述べており、信頼できる。内容は出産に始まり、離乳、2足歩行、トイレトレーニングまでと0~2歳児に関するあらゆるトピックを網羅している。

   出産から新生児に関する部分では、いいお産、安全なお産をするためのアドバイスに始まり、医師の選び方、新生児を迎え入れるために必要なグッズのリスト、授乳やベビーマッサージの方法などが紹介されている。授乳に関しては「母乳かミルクか」という古典的命題から、正しい吸いつきを促す方法、授乳ポジション、手による搾乳の方法までイラスト入りでかなり詳しく説明されている。もちろん、母乳の出ない人のために、粉ミルクの選び方や哺乳びんの消毒の方法についても解説している。

   6か月から1歳の子どもを持つ親にとっては、栄養学の知識をふまえて書かれた離乳食の与え方の部分が参考になるだろう。赤ちゃんに好まれる食べ物やヘルシーな食事の作り方、食事の与え方など、離乳時期のあらゆる疑問に答えている。また、この時期の悩みである子どもの寝かしつけ方、夜泣きを防ぐ方法なども紙数を割いて詳しく説明されており、重宝する。

   1歳から2歳の子どもを持つ親には、子どもの歩行能力やおもちゃ遊び、言語の発達などについて解説した22章以降が役に立つ。発育の目安も表で示されているので参考になる。また、気になる病気に関しても、巻末に各病気の諸症状と対応方法を記している。これから出産を迎える夫婦や子育て中の夫婦にぜひおすすめしたい良書である。(土井英司)

内容紹介

アメリカで1993年に発行以来、育児書のベストセラーを続けている。この育児書を貫く主張の根幹は「アタッチメント・ペアレンティング」。誕生直後から赤ちゃんとなるべく長い時間、肌を触れ合わせて過ごすことにより、赤ちゃんと気持ちが通じ合い、楽しい子育てにつながる、としている。この考え方をベースにして、子育ての基本といえる2才までのさまざまな事がらについて、基本的なアドバイスや病気やケガなどのトラブルへの対処法を網羅している。中でも「手のかかる赤ちゃん」や「夜間の子育て」といった、新米の両親が子育てがつらくなったり自信をなくしがちなケースについても、これまでの育児書には見られないわかりやすく説得力のあるアドバイスを展開している。また、いま問題になっている「キレル」など子供に関するさまざまな不安も、赤ちゃん時代からの「アタッチメント・ペアレンティング」で予防できる、としている。小児科医としての専門的な立場からだけでなく、一人の悩める父親としての実感もにじみ、新米パパも共感できる内容。ぜひ、両親でいっしょに読み、子育てについての考えを話し合うなどのきっかけにして欲しい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 639ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2000/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4072258458
  • ISBN-13: 978-4072258453
  • 発売日: 2000/10/1
  • 梱包サイズ: 26 x 18.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 291,970位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 私には二人の子供がいますが、下の子をこの本を参考にして育てました。
 上の子の時は、地域の保健所の栄養指導や、日本の子育て本、ジジババの意見などに翻弄され続けました。
・授乳時間は3時おき、4時間おきなど決める。
・離乳食、幼児食は手作りし、時間を守って食べさせる。だらだら食べさせない。
・もちろんおやつも手作り。
・夜連続して寝させるためには夜間授乳をしない。寝る前におなか一杯にしてやれば朝まで眠る。
・寝オッパイしない。
・夜泣きはそういう時期だから諦める。
・早い頃から支えてたたせたりすると足が曲がる。
・絶対布オムツ。
・2歳までにオムツをはずせ。
・・・・・・・などなど。
 泣いたら夜にだって寝オッパイしてもいいんじゃないか。欲しかったら何時でも母乳をあげてもいいのではないか。食べなかったら後で食べさせてはいけないのか。子供を泣かせてまで3度3度手作りで3品も4品も食事を用意する必要があるのか・・・。
 そう思っても、自分の考えを試してみる勇気もないまま、しなければならない決まりごとにがんじがらめに縛られて、それをこなすのに精一杯で、育児がまるでノルマのように辛くて辛くて仕方ありませんでした。
 今でも本当に、一人目の子の時にこの本
...続きを読む ›
コメント 109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 示申 投稿日 2017/2/16
形式: 単行本 Amazonで購入
奥様が妊娠したら是非買ってご夫婦で読めば、自宅出産できますよ。オススメします!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/8/4
形式: 単行本
いい本です。著者のパワーと前向きな精神は賞賛に値しますし、よくぞここまで、というくらいさまざまな知識を与えてくれます。ちょっと大きくなった子との遊びのネタも楽しい。が、異文化のなかで書かれたものだということは念頭において読んだほうがいいでしょう。
知人のアメリカ人男性は「親が子どもと一緒の部屋で寝たりしているから、日本の男はみんなマザコンになるんだ」と言っていました。つまり、大人の生活を大切にし、アカンボが泣いても別室で寝かせるのが一般的な国で「アタッチメント・ペアレンティング」を提唱することは大きな意味があり、新鮮なことですが、ここはもともと母と子の「ふれあい」を強調する日本。新米ママが、泣きやまないアカンボに途方にくれ「アタッチメントが足りないのでは」と自分を責める必要は、たぶんないでしょう。むしろ「ペアレンティング」、母親だけでなく両親として書かれていること、またシングルの場合などでも一人で抱え込まないで、というメッセージを受けとめたいものです。
出産準備品や離乳食についても、アメリカではこうなんだ、と参考にするのがいいと思います。頭でっかちの育児より人類の伝統的な育児を見直そうという著者ですから、生活文化のちがうところで、そっくりマネをされるのは本意ではないでしょう。(やっぱり首がすわるまでは、カブリより前あわせのキモノ式肌着が便利!)
子育て
...続きを読む ›
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
周囲の意見に惑わされそうなとき、この本には本当に助けられました。
少しでも迷いがあると、子育ては楽しくないですもんね。
子供が産まれてから2歳になる今まで、何度も何度も開いた本です。
隅から隅まで読みました。
ページを開くと字がびっしりで、抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、内容は明るくて必ず元気をもらえます!
すごくおすすめです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
小児科医であり大勢の子供の親であるシアーズ夫妻の言うことはすべて一理あることだが、初めての子を産み育てるときにこの本のみを読めばいいかというと、違うと思う。発達過程が微妙に日本の子供と違っているし(骨格や生活習慣の違いによるものだと思う)、子供を育てる家屋の構造や、母子をとりまく社会のありかたも、日本とはすべて違う土壌で書かれたものであるからだ。「第一の本」としてこの本を頼りに育児することは、はっきり言って難しいと思う。が、ある程度余裕を持って育児している人が、「第二の本」として読むにはいいと思う。子供の月齢別の発達について、ときにユーモアを交えながら細かく書き込んであり、国は違っても大きな意味で育児は共通なんだ、と安心感に包まれる。育児に困ったとき、日本ではこうするけどアメリカではこうするんだ、と第二の文化の勉強になる。文化と土壌の違いを踏まえたうえで読めば、世界(欧米文化圏)的にどのような育児が望ましいのか、知ることができる。シアーズ夫妻の提唱する良い育児の中から、可能なところを自分たちの日本の生活に反映させていくのがいいと思う。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー