中古品
¥ 380
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に若干のスレ、本体に若干の使用感がございますが、中古としては普通です。帯はございません。丁寧に梱包させて頂き、迅速な発送を心がけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・在日特権 (宝島社文庫) 単行本 – 2007/8

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 216
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本人との通婚の増加、帰化の進展などによって、在日韓国・朝鮮人の数は年々減る傾向にある。いずれ「在日」は消滅するだろうとも言われるが、マスコミや行政に根強く残る「タブー」の影響で、「在日」問題には正論を唱えられない不自由さがある。彼らは徹頭徹尾「被害者」なのか?「在日特権」というキーワードを軸に、戦後日本が封殺してきた民族問題の歪みを端的に概説する異色の在日読本。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野村/旗守
1963年生まれ。編集事務所経営などを経てフリーに

宮島/理
1975年生まれ。山形生まれの大阪育ち。東京理科大学理学部物理学科中退後、IT系企業設立を経て96年、フリーライターに。関東在住

李/策
1972年東京都生まれの在日朝鮮人3世。朝鮮大学校を卒業後、朝鮮総連での活動を経てフリーライターに

呉/智英
1946年愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒。評論家

浅川/晃広
1974年生まれ。在日韓国人3世として出生。96年神戸市外国語大学卒、97年オーストラリア国立大学留学、99年大阪大学大学院修士、同年日本国籍取得。現在は名古屋大学専任講師。専門は移民政策論、オーストラリア政治社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 251ページ
  • 出版社: 宝島社 (2007/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479665920X
  • ISBN-13: 978-4796659208
  • 発売日: 2007/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 103,807位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書は、戦後長く秘匿されてきていた「在日タブー」に切り込んだ意欲書です。
在日韓国人・朝鮮人は自らを歴史の被害者を訴え、日本社会全体を敵視する
一方で、彼らは「特別永住者」として厚遇を受けていたのです。

○反日教育を行っている民族学校に税減免措置や補助金が支給されている
○在日の犯罪は隠蔽される。一方で在日の犯罪者は本国へは送還されない
○国交のない朝鮮総連施設は、みなし外交公館として減免税特権を持つ
○金融破綻した朝鮮銀行に公的資金・一兆三千億円超の血税が投入された

一般の日本人が知らない在日特権の数々に愕然としました。政治家、官僚、
マスコミ、朝鮮総連がグルで秘匿し続けていました。著者と宝島社、晴れ!!
1 コメント 259人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他の方のレビューがあまりに素晴らしいので買いました。ところが、他の方のレビューがあまりに素晴らしいので私には書けません。(笑)自分なりに勉強して在日の事はわかっていたつもりでしたが、この本で知識の低さを認識しました。何も言う事はありません。是非読んでみて下さい。読んだ後のわたくしの感想です。ホント、いい勉強になりました。間違っていた知識も改めることが出来ました。ただ日本人も韓国人も、「日本にだけは」「韓国にだけは」ってゆうようなレベルの低い意識はお互いに無くしてほしいと思います。政治でもスポーツでもね。今のままではお互いが損ではないでしょうかね?これ以上書くと他の方のレビューと比べて恥をかくだけなので、とにかく皆さん読んで下さい。いい勉強になりますよ。
コメント 106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトル通り在日特権を足がかりにしていますが、金融やパチンコのような在日の経済活動や、在日出身の芸能人、スポーツ選手について、在日知識人の生態について、さらには暴力団との関係など在日に関するかなり広範な話題が書かれています。在日特権については(それが正しいかどうかなともかく)かなり情報が出回っているのでむしろそれらの話題の方が興味深く読めました。

特に注目したのは在日知識人と暴力団についてです。まず在日知識人については、本書は全般的に在日に理解を示した書き方をしていますが、その中で在日知識人についてはかなり厳しい見解を示しています。差別されるかわいそうなワタシ、という地位に甘え続ける彼らこそ民族の融和を阻害する張本人でしょう。

暴力団については在日系の暴力団の小史ともいうべきものが収録されています。このあたりになってくると在日から見た日本現代史といった様相を呈してきます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
第一章の「在日特権の真相」は「マンガ嫌韓流2の在日特権の真相」を検証したもの
嫌韓流のやや不正確な点を挙げています

・嫌韓流「在日は日本の銀行では禁止されている仮名口座を民族系金融機関に持つことが出来る、脱税しようと思えば簡単に出来る」
日本に帰化して通名がなくなっても架空口座(脱税口座)を開けないわけではない。
在日社会と縁の深い日本の暴力団も民族系金融機関の中に架空口座(脱税口座)を作って裏金を隠していた
ただし一見の日本人客が民族系金融機関で口座を開けるわけではない(野村旗守)

<大多数の日本人は民族系金融機関の中に架空口座(脱税口座)を開くことは出来ない>

・嫌韓流「朝日新聞などの一部マスコミが在日の容疑者を通名で報道、在日犯罪を隠蔽、これにより社会的制裁を免れている」
大部分の在日は通名で暮らしているため、本命報道がされないからといって「社会的制裁を免れている」ことにはならない(野村旗守)

<他の在日外国人は国籍・本名を報じられるので、在日韓国人・朝鮮人の場合は、国籍・本名・通名を報じるべきだろう>

・嫌韓流「センター試験の外国語科目の韓国語の平均点が英語の平均点よりも20点高いにも関わらず得点調整が行
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告