ザ・ロード スペシャル・プライス [Blu-ray... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 管理ラベルは簡単に取れます(商品のクリーニング済み)Amazon.co.jp配送センターより送料無料・年中無休で発送します。帯や付属品の欠品、色あせ等ある場合がございます(レンタル品は扱っておりません)注文や配送に関する問い合わせはAmazonカスタマーサポートにてお受けします。お急ぎ便、コンビニ決済、代引き支払い、ギフト券などもご利用できます。 ※Amazon.co.jp配送センター保管品のため商品コンディションについての問い合わせは回答できません。予めご了承くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ザ・ロード スペシャル・プライス [Blu-ray]

5つ星のうち 4.0 70件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,473 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 471 (24%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,473より 中古品の出品:3¥ 1,269より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でザ・ロード(字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・ロード スペシャル・プライス [Blu-ray]
  • +
  • ザ・ウォーカー [Blu-ray]
総額: ¥3,903
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ヴィゴ・モーテンセン, コディ・スミット・マクフィー, ロバート・デュヴァル, ガイ・ピアース, シャーリーズ・セロン
  • 監督: ジョン・ヒルコート
  • 形式: Color, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2014/04/02
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 70件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00HF506I4
  • JAN: 4907953040083
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,611位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ヴィゴ・モーテンセン主演、ピューリッツァー賞を受賞したコーマック・マッカーシーの原作を忠実に映画化!
絶望的な世界の中で描かれる父子の深い絆と愛情の軌跡に、誰もが魂を揺さぶられる。


■ヴィゴ・モーテンセン主演!更に圧倒的な存在感を放つ実力派キャストが脇を固める!
■原作はピューリッツァー賞を受賞したコーマック・マッカーシーの全米ベストセラー小説「ザ・ロード」。
■誰もが魂を揺さぶられる奥深い父子の絆と愛情。

【ストーリー】
文明を失い、10年以上経つ。理由は定かではない。太陽は見えず、寒冷化が進み、動物も植物も次々と死滅した世界。
僅かに生き残った人間も保存食を見つけるしか生き延びる手立てはない。
そうしなければ、餓死するか自殺するか、さもなくば、理性を失った人間の餌食になるかだ。
そんな荒廃した道なき道を、“父"と“子"は、寒さから逃れるため、南を目指して歩き続ける。
その道中、父は、幼い息子に、在りし日の世界や道徳観について話をして聞かせる。
今の世界しか知らない息子が、理解しているか不明だが、寒さと飢えで極限になってなお、他人を助けようと務め、善き者であろうと心掛ける。
父は、この天使のような息子を悲惨な現実から守ろうとする。息子は、父に僕が死んだらどうする?と尋ね、父は、お前が死んだらパパも死ぬだろうと答える。
一緒にいられるようにと。それでも、父と子は“世界の終り"を旅する。人類最後の火を掲げ、絶望の道をひたすら南へ―。

【キャスト】
ヴィゴ・モーテンセン/コディ・スミット・マクフィー/ロバート・デュヴァル/ガイ・ピアース/シャーリーズ・セロン

【スタッフ】
監督:ジョン・ヒルコート/原作:コーマック・マッカーシー/製作:ニック・ウェクスラー、ポーラ・メイ・シュワルツ、スティーヴ・シュワルツ/
製作総指揮:トッド・ワグナー、マーク・キューバン、マーク・バタン、ラッド・シモンズ/脚本:ジョー・ペンホール

【特典映像】約27分
● キャスト・スタッフ プロフィール (静止画)
● 予告編+TVスポット集(日本版劇場予告編、日本版TVスポット、US版劇場予告編2種)
● メイキング
● 未公開シーン集
● ヴィゴ・モーテンセン フォトギャラリー(静止画)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ヴィゴ・モーテンセンが主演を務め、“世界の終わり”を旅する親子の物語を綴ったSFドラマ。文明が崩壊し動植物が死滅した世界。飢え、寒さ、そして理性を失った人間の襲撃に耐えながら、父と子は安住の地を求めて道なき道を進み続けるが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
父と子が崩壊した壮絶な世界を生き抜く物語です。

最初のシーンで泣けました。無我夢中で食料を捜索したり、父が子を守る為に必死で人喰い人族に立ち向かって交戦したところが良かったです。

自然災害で危険な地帯から身を削ってまで子を抱き抱えて身を守る父のシーンは必見です。

子が他人に食料を分け与える優しさや、父が子の為にこれから生き残る為にに必要な事を真剣に教える父の言葉にも納得しました。

「パパはもういないんだぞ!これから先、一人の力で生きていかなきゃ駄目なんだぞ!」と心からジーンときます。

もう自分の命が尽きるのを知っていて心身になって父なりの思いやりの言葉を授けたんですね…。

全体的に重く暗くなる話ですがこのようなサバイバルな世界を拝見してみたい方にお勧めです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 大災害後の街を、父子ふたりがひたすら海へ向かう、というストーリーです。 画面は暗く、なんの救いもありません。 父親は自分の死期が刻々と近づきつつあるのを痛いほど感じています。 人としての尊厳を奪われないように死を選んだ母親。 何より息子を守るため、襲い来る危険と戦い続けた父親。 親として、人として、どちらが正しいのかを単純に判断するわけにはいかないけれど、すべてを投げ出して自分だけを守りぬいた母親には共感できませんでした。
 そんな暗いテーマの中にあって、息子の純粋さ・美しさが救いとなっています。 当然ながら登場人物たち全員が、とても汚れた格好です。 にもかかわらず父親役のヴィゴは、「どの作品よりも強く、美しい!」と感じます。 こんなに暗く、思いテーマなのに、何度も何度も見返したくなる。 特に自分が疲れ切っているときほど、なぜだか「頼る」ような気持ちで見直しています。 大切に残しておきたい作品のひとつです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
『THE BOOK OF ELI』『THE LAST OF US』とあわせて繰り返し浸りたい/浸りたくない世界。
生存のための武器もなく、闘いはほとんどすべて逃げること、そして自死することを毎日確認しあう南への道。
父の子への依存があまりにも激しいところにいちばん驚かされる。
南への道の途中で、えんえんと話し合いが続く。対話映画ビフォアシリーズのリンクレイターが、『エレファント』のガスヴァンサントが同じ原作を撮ったらどうなるかと考えてしまう。
『メランコリア』を観直したあと、また本作を観直してみる。
父と子で話しあわれるのは善き人とは、悪き人とは、・・・・ 完成版では削られたかつて存在した鳥の本をめぐっての対話などはない。破滅前の世界についての会話が少い。しかしどう生存していくかの具体的な描写が続くわけではない。ドキュメンタリー『ライフ・アフター・ピープル』で検証されたような世界が詳細に描かれるわけでもない。中心はあくまで父と子の対話と破滅前の記憶の侵襲。想起でなくむこうから毎日、破滅前の世界が毎日、父を襲ってくる。そのおそろしさについては父と子も違うものを感じていると思わせる。
対話しながら、子は疲れはてていつも寝てしまうが、父の子への依存も激しい。
聖書があれ文明は復興する『THE BOOK OF
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
何がこんなにも怖いのか。
原因や動機がわからないことに対しては想像力が及ばなかったり、余計なことまで想像してしまい、恐怖が増大してしまう。
登場人物たちはそれを知っているはずだが、周知の事実なのでわざと鑑賞者にわかりやすく説明したりしないし、最後まで説明はない。
目にみえるものより、みえないものによるほうがこわい、これは手抜きではなく、高度なテクニックたどおもう。
背景・設定を怖いんだよと説明してしまったほうが、製作者側としても楽だから。

そして「ザ・ロード」は希望の地にいたる道のようなものとしてわずかに終盤に言及されるが、希望があると思い込んでいるだけで、本当にあるものなのかすら明らかにされずに物語は終わる。
鑑賞している我々にとって、悪夢が何の結論もなく突然終わるように、この映画も終わる。

一般的な映画のような、あるいは普遍的な意味での悪の対象は登場しないし、誰もが生きるために暴力をふるうし、あっさりと犠牲者にもなる。そうしないと生きていけないし、そうしながら逃避行を続ける父子だけれど、息子に矛盾を指摘されながらも父親はそれでも人としての善悪を息子に教えつづける。
世界の秩序が歪めば、人々もみな歪む。このダイハードな父ちゃんさえも。
その中を父子は歩き続ける。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー