通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録 単行本 – 2011/10/14

5つ星のうち 4.2 64件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713 ¥ 142

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録
  • +
  • 住友銀行秘史
  • +
  • 同和と銀行 -三菱東京UFJ“汚れ役”の黒い回顧録 (講談社+α文庫)
総額: ¥4,558
ポイントの合計: 191pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

逃げたらあかん!
「不良債権と寝た男」、死に物狂いの仕事人生

安宅産業処理、平和相銀・イトマン事件、磯田一郎追放劇、銀行大合併、UFJ争奪戦、小泉・竹中郵政改革……。現場にいたのは、いつもこの男・西川善文だった。「最後の頭取」=ザ・ラストバンカーと呼ばれた著者が綴った、あまりに率直な肉声!

マスコミ報道の騒乱の中で失われた金融史のミッシングリングを埋める。

<目次>
◎第一章 バンカー西川の誕生 ◎第二章 宿命の安宅産業 ◎第三章 磯田一郎の時代
◎第四章 不良債権と寝た男 ◎第五章 トップダウンとスピード感 ◎第六章 日本郵政社長の苦闘 ◎第七章 裏切りの郵政民営化

内容(「BOOK」データベースより)

安宅産業処理、平和相銀・イトマン事件、磯田一郎追放、銀行大合併、UFJ戦奪戦、小泉・竹中郵政改革…現場にいたのは、いつもこの男・西川善文だった。密室の出来事すべてを明かす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 322ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/10/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062167921
  • ISBN-13: 978-4062167925
  • 発売日: 2011/10/14
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.7 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 64件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 132,829位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
歴史に残る銀行経営者(バンカー)はいつの時代もいた。’天皇’とか’法王’とあだ名がついた頭取もいた。
しかし、現在銀行のトップと聞いて具体的に思い浮かぶ人は誰だろうか?
その意味では西川善文氏は良くも悪くもラストバンカーなのかもしれない。

注目すべきなのはあまり多くを語らない大手銀行のトップ経験者が自分の回顧録のような形で実名を出してほんの数年前のことまで語っていることである。銀行のトップはこれまで何も語らず、「マスコミやライターには言わせておけ」とタカをくくっていたのかもしれない。そのため、スタンスの違う著者(多くはマスコミやフリーライター、告発本)が金融再編や銀行が絡んだ事件について多くの情報を流しても銀行トップは知らぬ存ぜぬを決め込んでいた。しかし、西川氏は敢えて自分の主張を公にした。これは評価すべきことである。

政治家や大企業経営者などは退任した後に回顧録などで自分の過去の行為をきちんと説明すべきだからである。例え、それが自己弁護や誤った判断であったとしても。どう評価するかは読者や後世である。

読んでいてわかるが、西川氏の主張はあくまで銀行経営者の視点に立っている。それはあくまで銀行サイドの視点ではないかなど違和感を感じても当然である。

また、微妙に旧住友銀行関係者や
...続きを読む ›
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 西川善文氏の回顧録とあれば、おもしろくないはずがない。それを手中に収め、出版こぎつけた講談社は、いい仕事をしたと思います。

 本書によって初めて明らかにされる事柄も少なくありません。安宅産業の処理にどれだけ苦心したか、平和相互銀行が実は買収に価しない銀行だったこと、宮澤喜一首相が各銀行頭取を呼び集めて打診した公的資金注入策、UFJが実は三井住友を合併相手に考えていた節があること……。
 さらに後任の奥正之頭取の能力に非常に懐疑的だったにもかかわらず、結局は彼を後継頭取にしたこと。なかなか人物評が辛辣でおもしろいです。

 ただ言及されていない事柄も少なくありません。たとえば名古屋支店長の殺人事件、頭取時代の末期の金融検査の攻防、その過程で漏洩した融資三部の資料……。あれだけ親密だった村上世彰氏や國重惇史氏の言及が全然ないのも、意図して言及を避けたのではないかと思われます。

 日本郵政のくだりでは、自分は正しいという主張が力説されますが、いったん「郵政」という公の仕事を引き受けながら、三井住友銀行に名誉顧問として舞い戻る、さらには横山邦男氏ら住友から郵政に行った子分たちも舞い戻るということには、やはりおかしさを感じます。公の仕事を引き受けるには、退路を断っていけばよかったのに。三井住友に顧問で戻るくらいだった
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
『私は悪役とされることが多かった』。安宅産業処理、平和相銀、イトマン事件、住専処理、そして日本郵政社長と死に物狂いで仕事をしてきた、と著者は言う。結果も残してきた。にもかかわらず、である。
私は本書を読んだとき、朝青龍の姿に著者が重なってみえた。誰よりも厳しいけいこに耐え、勝利に貪欲で優勝回数を積み上げてきたが、いつも批判にさらされてきたからだ。ほかの日本人大関はどうだろう。勝星は10勝がやっと、負け越しそうになれば金で勝利を買う、野球賭博に興じて練習にも身が入らない。それでいて、横綱と遜色ないような月収数百万円の給料を得る。朝青龍に多少の行儀悪さはあるにせよ、どちらが日本の国技を汚してきたといえるのであろうか。
本書では著者の思い入れが強いのか、日本郵政社長時代にページが多く割かれている。直前に大腸ガンが見つかったものの、時の政権から、なかば強制的に要請された任であるにもかかわらず、非効率極まりない巨大組織に対し、全銀システムとの接続、ファミリー企業の整理、業務の効率化などにまい進し、従来無税であった組織が、年間数千億円の税金を国庫に納めるまでになる。しかし、「国民の財産であるかんぽの宿を破格の安値で売り飛ばした」、東京中央郵便局の建て替えにおいて「歴史的建造物を破壊した男」と非難され、国会で数十回に及ぶ責任追求を経て、表舞台から追われていく(これについての著
...続きを読む ›
1 コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この種の回顧録でコリン・パウエルのもの以来久しぶりに感動を覚えた。
筆者と小生の年代がほぼ同じこともあり、筆者の経験した社会問題も鮮明に記憶しており、問題解決に奮闘する有様に共感を覚えてし
まう。小生の父親が富士銀行に勤務していた折に、国体を揺るがす大事件に巻き込まれ、当時中学生だった小生に「俺は殺されるかもし
れない」と言っていたことが思い出される。銀行員も命がけで取り組む仕事があるのだと子供なりに思ったものだ。
筆者は本のおわりにの部分で「本書を読んでくださった皆さんが、私たちが合理性と現実の間で悶々としながら決断を繰り返してきた
ことを感じ取ってもらえたら幸いだ。リーダーシップとは直面する難題から逃げないことである。」と言っている。
全面的に同意すると同時に西川さんの人格は素晴らしいと思う。に比べて郵政に係る政治家たちの行動の質の悪さ、
先見性の無さ、大衆迎合、一体この二年半何が行われて来たのだろう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー