Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 486
ポイント : 2pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[見城徹]のザ・ラストエンペラー (幻冬舎plus+)
Kindle App Ad

ザ・ラストエンペラー (幻冬舎plus+) Kindle版

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 486

紙の本の長さ: 139ページ

商品の説明

内容紹介

ニューズピックスで大反響を巻きこした伝説対談の完全版。
出版界の革命児・幻冬舎社長 見城徹に、コルク佐渡島庸平、ピースオブケイク加藤貞顕、NewsPicks佐々木紀彦の3人が迫る。
「極端な事をやらないと鮮やかな結果は出ない」「伝説をつくれば、金も人も後からついてくる」と言い切る見城と新時代の編集者の熱き想いが交錯する。
道なき道を切り拓き、鮮やかな結果を出すためのバイブル!

〈目次〉

◆序章 出版界の革命児と呼ばれる男

◆見城徹×佐々木紀彦
・夢なんか豚に食われろ。圧倒的努力をせよ
・なぜ私はネットが嫌いなのか
・己の名を上げろ。伝説をつくれ

◆見城徹×加藤貞顕
・最大のライバルは「彼氏からのLINE」
・「売れなかったがいい本」と言い訳するな
・初対面にしか礼儀はない。安目を売るな

◆見城徹×佐渡島庸平
・会えない時間にどれだけ相手を想像するか
・若手時代に差を生む「雑用の中の想像力」
・理屈ではない。原色の才能の見つけ方
・すべては「たった一人の熱狂」からはじまる

◆おまけ 見城徹×元幻冬舎社員
・元幻冬舎社員が見城徹社長に意地の悪い質問をしてみたら
・「 野心家が嫌いだ。松下幸之助はもっと嫌いだ」
・「 自分が何者かだと錯覚してしまう」のがSNSの最大の罠

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 30199 KB
  • 紙の本の長さ: 139 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/5/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01FTZQPLI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 33,012位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
見城徹に興味がない人が読んでも物足りないだろう。

電子書籍であっても紙の本並にしっかりとした編集をして欲しい。

ネットで無料で読むレベルの内容。

見城徹の『たった一人の熱狂』の宣伝のための対談
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容は面白いです。Web記事で既に公開されているもので、同書のためのオリジナルの書き下ろしはありません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
幻冬舎社長の見城徹と若手編集者3人の対談がつづられている。
新旧の編集者の思考が交錯することで、紙とネットの問題点が浮き彫りになってくる。

見城氏と3人の考えや才能のある作家の発掘方法は、一見すれば時代の流れによる違いも感じさせるが、
根底ではつながっていることも感じさせる内容。時代を超えた仕事論としても見ごたえがある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover