この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・ライト・スタッフ―七人の宇宙飛行士 (中公文庫) 文庫 – 1983/11

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 304
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 535ページ
  • 出版社: 中央公論社 (1983/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122010713
  • ISBN-13: 978-4122010710
  • 発売日: 1983/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 187,967位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
「アポロ13号」を読んでその前の合衆国の宇宙ロケット開発はどうだったのか知りたくて読みました。1950年代〜1960年代の話。競争心旺盛で「飛ぶ飲む乗る」の軍の飛行機野郎たちが自分のキャリアを気にしながら宇宙飛行士に応募し、マーキュリー計画(ひとり乗り弾道・地球周回軌道飛行)の最初の7人として選ばれる。宇宙飛行士たちは飛ぶ前から合衆国の英雄として持ち上げられる。先行するソ連に追い付こうと躍起になる合衆国の宇宙ロケット開発の黎明期が面白いエピソードと共に楽しめました。
著者は6年間取材して6ヶ月経ったところで奥さんに完成していると言われて筆を置いたそうですが、著者が当初考えていた通りにジェミニ計画(二人乗り)とアポロ計画(三人乗り・月面着陸)も出して欲しかったです。
技術者には焦点が当たっていないので、フォン・ブラウンがいながらなぜ初期のロケット技術がソ連に比べてかなり劣っていたのかという疑問は残りました。合衆国が当初宇宙飛行に焦点が当たっていなくて予算もそれほど付けていなくて出遅れただけかもしれませんが。
著者はニュージャーナリズムをうたって執筆活動をしているそうですが、内容は「人間」対「科学技術」というより、「人間」対「社会」の、事実ベースの文学という感じもします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
自分の知っているノンフィクション、という形とは大いにことなっていて、その文章と構成に圧倒されました。自由闊達に書きたいものを書いている、と思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
30数年前、航空ジャーナル誌の書評欄で当時の編集長であった中村浩美氏より紹介されていたのを目にし、直ぐに本屋に探しに行った事を覚えています。

ライトスタッフのピラミッドの頂点にいる人間たち、、エドワーズや精鋭部隊のパイロットから見ると、大陸間弾道弾のてっぺんでカプセルの中に押し込められ、ただじっとしているだけの哀れな被験者。しかも きわめつけは、「初飛行は猿が行う」。これが飛行士と言えるのか?

しかし、世間はそうは思わなかった。
ソ連に対抗する一騎打ちの戦士として一躍脚光を浴び、LIFE誌の表紙を飾る彼らに、ライトスタッフの秩序が崩れさる。

後半、中弛みするが、前半は素晴らしい!。後に映画化されましたが、ハリウッド映画以上でも以下でもなし。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本は宇宙開発が進むに連れて脚光を浴びて行く宇宙飛行士達とその進行と共に意義を失って行くエースパイロット・イェーガーとを並べて話を進められる、アメリカ宇宙開発の黎明期の話です。一気に読むには、著者のトム・ウルフの文体はキツイでしょう。しかし、アメリカ屈指の文筆家の描く宇宙飛行士像はとてもシニカルでスパルタンですが、宇宙飛行士と言えども、家族がおり・泣きも笑いもする地に足を付けた「人」であることを印象付ける内容になっています。また、わかっている事実や取材で得られたこと以外は極力 排除したようなのでルポタージュとしても読めます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
物語の大半はProject Mercuryが占める。そしてその主要メンバーMercury Sevenに光が当てられる。飛行は6回。1: Alan Bartlett Shepard Jr.によるアメリカ初の有人宇宙弾道飛行。2: Virgil Ivan "Gus" Grissomによる二回目。3: John Herschel Glenn Jr.によるアメリカ初の地球周回飛行。4: Donald Kent "Deke" Slaytonの代わりに飛んだScott Carpenterの科学飛行。5: Walter Marty Schirra, Jr.による工学飛行。6: Leroy Gordon Cooperによるアメリカ初の1日以上の宇宙滞在。このうち、グレンとクーパーの時は全国で盛大なパレードなどひどく盛り上がったようだ。Sputnik crisisによるSpace Raceの最盛期とも言えよう。実際、この時にNASAが発足し、John Fitzgerald Kennedyによる「landing a man on the Moon」計画の開始がある。

読後に調べ上げた上記のことだけであれば、題名は「マーキュリー計画」でも良いようにも思える。しかし、小さい頃に図鑑で見た覚えのあるX-planesによる実験飛行もまた紹介されている。その
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告