ザ・ベスト・オブ・タイムス~グレイテスト・ヒッツ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★帯なし。CD/DVDのPP袋付(定型外除く)。送料を含む【金額を表示】した納品書兼領収書を発行し、同封いたします。発送通知以後の手書き領収書発行ご依頼には画像データでのメール送付となります。ご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ザ・ベスト・オブ・タイムス~グレイテスト・ヒッツ

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,285 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、安心迅速発送のクレイブが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 4,285より 中古品の出品:43¥ 129より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・ベスト・オブ・タイムス~グレイテスト・ヒッツ
  • +
  • ベスト・オブ・フィル・コリンズ
総額: ¥6,379
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1995/11/10)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: BMGビクター
  • 収録時間: 78 分
  • ASIN: B0000070OK
  • JAN: 4988017058183
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 111,760位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. サラ・スマイル
  2. リッチ・ガール
  3. ウエイト・フォー・ミー
  4. ふられた気持
  5. エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ
  6. キッス・オン・マイ・リスト
  7. プライベート・アイズ
  8. アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット
  9. マンイーター
  10. ワン・オン・ワン
  11. セイ・イット・イズント・ソー
  12. アウト・オブ・タッチ
  13. メソッド・オブ・モダン・ラヴ
  14. エヴリシング・ユア・ハート・デザイアーズ
  15. ソー・クロース
  16. ホール・アンド・オーツ・ヴォイス・メッセージ
  17. ホワッツ・ゴーイング・オン
  18. ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ

商品の説明

内容紹介

A Unique Collection of Hall and Oates Recordings from Japan Spiced Up with Live Tracks Not Heard Elsewhere in Addition to the Hits as Well as a Special Audio Message from Daryl and John Themselves to their Fans.

メディア掲載レビューほか

ホール&オーツの日本独自企画ベスト盤。CD初収録のライヴ2曲他、彼らのヴォイス・メッセージも収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
私がホール&オーツを知ったのは「稀代なるポップ・アーティスト」として全米ヒットを連発していた80年代。このベスト・アルバムは時系列的に彼らのヒット曲を並べているが、曲で言うと、#6~14の時代。彼らの創り出す楽曲は「ポップ・キャッチー・ダンサブル」で、出せば必ずヒットした。
しかし、時の流れと共にこのアルバムを何度も聴くうちに私の嗜好は「ダリルのソウルフルな歌唱力をじっくりと堪能できる」それ以前の作品に移っていった。特に哀愁を漂わせる#1・3、ダリル本人の失恋がモチーフで、狂おしいまでに歌い上げられる#5。(#5は80年発表の「モダン・ボイス」からだが・・・。)また、軽やかに流れる#10は一年余り悩んだ末に異性に初めて自分の恋心を告白した達成感(というか脱力感)の中で無意識のうちに頭を駆け巡っていた思い出深い曲。(その一週間後には「ふられた気持」という結果になるのだが・・・苦笑。)
かといって、#6~14も今聴いても全く色褪せを感じることなく聴ける。要は全曲完成度が高く、素晴らしいものばかりなのだ。#15・17・18のライヴ・バージョンもコンディション良し!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1995年に発売のアルバム。前作BEST盤「ROC'N SOUL Part-1」の最後の曲「Wait For Me」は武道館Liveで原曲に近いLiveだったが、このアルバムに入っている「Wait For Me」はしっとりと切なさたっぷり、大人のLIVEアレンジになり、先のLiveでも言っていた通り僕の好きな曲である 「WHat's Going on」はカバーであるが、本当に渋くかっこいい!
「So Close」もこのLiveアレンジの方が鳥肌が立つ程に、初めて聴いた時は感動したことを覚えている。「Me and Mrs.Jones」も彼らが好きな曲、Live音源であまり感動しない私も、Hall&Oatesだけは別。何処からそんなアドリブでありながら質の高い演奏が出来るのか?といつも感じてしまう程。  ホント?と首を傾げるあなたもこのアルバムを聴いたら、絶対にHALL&OATESのLiveに行ってみたくなるはず!もうこのLiveだけでも星5つです!!!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
先日、夜TVでトムクルーズ主演の“ナイト&ディ”という映画の中で“プライベートアイズ♪”が使われていて、とてもよかった。聴いた事のある曲で馴染みあるメロディーなので、調べてすぐに知る事が出来ました。今聴いても全然古く無くポップない〜い曲と思います。早速CDを購入して聴いてますけど、他にもCMで使われていたりとかで有名な曲も入っています。(ベストだからネ)人並みの感性の私が、映画で聴いて瞬時に惹きつけられた音楽!なのでお勧めします。一度は聴いた事あるかも、若い方なら新発見!となるかも。洋楽の歴史的名盤! ドライヴとかで聴くのにイイかもよ、安全運転でね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
代表作「プライベートアイズ」なんて、
もう25年つまり四半世紀前の曲ですが、
やっぱりいいものはいいですね。
イントロだけで、「あの頃」に戻してくれます。

高校生の皆さんへ
今はもう演歌しか聴かないお父さんへのプレゼントとして最高ではないでしょうか。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 All Music Guide Japan 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/9/19
形式: CD
黒人音楽のおいしいところを=白人マーケットでバカ売れできる使用にして提示できた器用なバンドまたは狡猾なバンド。ダリルはテンプル大学卒のインテリ。過激なまでの商業的成功があるのに評論家からはあまり評価されない。このへんは歌詞がラブソングばかりだからだと思われる。彼等の特色は『日本でばか受け』していることだろう。なぜなら『おいしい餌としてのフック重視の楽曲製作姿勢』=フックから作っていくのではないかと思われる=を徹底しているからである。
フィラデルフィア出身のダリルホールは黒人音楽に対して同化しようとしていた。このへんはギャンブル&ハフとの交流やテンプテーションズとの共演からもわかる。初期はかなりフォーキーなスタンスで演奏していたが、メガヒット街道に硊??入モードに入ってからの彼等のスタンスは=ずばり=ソウル+ポップ+ロック+ニューウエイブの絶妙なブレンドになっていった。このへんは解散したガリバーというバンドでの苦い経験があると思われる=売れないとつぶれるという原則=。
でこのアルバムは彼等にしてみれば『忠実なファンがたくさんいる国』=おいしいマーケット=に対する感謝状=をつけた変則的なアルバム。二人からの日本のユーザーに対して感謝の言葉が挿入されている。
へたな新人をデビューさせるよりも、手堅く儲ける=リスクが少ないから=というレコ会社の姿勢も感じる。と
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー