通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ザ・プラットフォーム―IT企業はなぜ世界を変えるの... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・プラットフォーム―IT企業はなぜ世界を変えるのか? (NHK出版新書 463) 新書 – 2015/6/9

5つ星のうち 3.8 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 177

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・プラットフォーム―IT企業はなぜ世界を変えるのか? (NHK出版新書 463)
  • +
  • ITビジネスの原理
  • +
  • 図解 一目でわかるITプラットフォーム
総額: ¥3,974
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「人類の未来とプラットフォームのあるべき姿を語った名著です」(LINE元社長 森川亮 氏)

アップル、グーグル、フェイスブック……
今や国家や社会の基盤に成長した巨大IT企業を動かす基本原理は何か?

わかりやすい語り口に定評のある『ITビジネスの原理』の著者が、
「共通価値(シェアード・バリュー)」をキーワードにプラットフォームを展開するネットサービスを根本から解説。

超国家的プラットフォームの登場で激変する世界を見通す!

【マッキンゼー、Google、楽天、リクルートなど11社を経験して見えたこと】
・Apple vs Google 本当の勝者は?
・Facebookは世界の何を変えているのか?
・Amazonより楽天の品ぞろえがよいのはなぜか?

この原理を知らずして、今や世界は理解できない。

出版社からのコメント

デビュー作となった前作『ITビジネスの原理』では、
「IT業界の池上彰か!?」というレビューが付くほど
語り口のわかりやすさに定評を得た尾原和啓さん。

本書も「IT企業がなぜ世界を変えるのか?」という疑問に対し、
“プラットフォーム”という視点を持ち込むことで、
鮮やかにその基本原理を解説してくれました。

マッキンゼー、Google、楽天、リクルート(2回)……
11社を経験したからこそ見える仕組みがそこにはあります。

ちなみに前作を読んでいただいた友人たちからは、
「えっ、尾原さん今インドネシアにいるの!?」
というファースト・リアクションをいただいています。
そうです、尾原さんは楽天を経て、今バリ島に居を構えています。
前作になぞらえるならば、
「楽天を辞めて、なぜインドネシアへ?」ですね。
その秘密も「あとがき」で明らかにされています。

世界を動かす原理を知る。
圧倒的に刺激的で面白い一冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: NHK出版 (2015/6/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140884630
  • ISBN-13: 978-4140884638
  • 発売日: 2015/6/9
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,342位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
企業が掲げている共有価値観というものを知ってから
各企業を見ていくと面白いものが見えてきました。

Google,Apple,Facebookなど世界を代表するものから
日本のリクルート、楽天、iモードなどの説明を共有価値観を
通してどのような歴史があったかの幹の部分を知ることができます。

mixiな何故衰退したのかなど、面白い話もあります。

この本を読むことでIT企業がどういった方向へ
進んでいくのか以前よりも想像する力が身に付きました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「ITビジネス業界に入ってきた新人さん」や「ITビジネス業界にはいるんだけど、プラットフォームビジネスはよく知らない」という人向けに、プラットフォームビジネスの基本から説明している本。
筆者は、15年以上プラットフォームビジネスに関わってきた。プラットフォームビジネスが現在のような形になってきた歴史をよく知っている。「昔話なんて聞いてもしょうがない」と思う方もいるかもしれないが、意外とそうでもない。歴史は繰り返す部分もある。ITビジネスに携わる方なら、この本に書かれている程度の、ざっくりした歴史ぐらいは、頭に入れておいて損はない。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 Apple、Google、Facebookといった世界的IT企業は、確かに世界を変えた。Webの普及がその背後にあることは間違いない。ただ、これらの企業が「世界的」にまで広がったのは、Webの普及だけが理由だろうか。その理由を明快に説明してくれるのが本書だ。
 さらに本書は、リクルート、楽天といった日本企業の分析から、懐かしのiモード、ミクシィにまで踏み込んで「プラットフォーム」の本質を解き明かし、「プラットフォーム」がこれからの社会を如何に幸せにできるのか、まで言及している。
 プラットフォームとは、「個人や企業などのプレーヤーが参加することではじめて価値を持ち、また参加者が増えれば増えるほど価値が増幅する、主にIT企業が展開するインターネットサービス」である。そして、プラットフォームがその参加者を引き付けるのが「共有価値観(シェアードバリュー)」であり、筆者がプラットフォーム運営を見るときに最も大切にしていることだ。たとえば、グーグルの共有価値観は「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」であり、「グーグルの社員が共有価値観にもとづいていいサービスをつくればつくるほど、ユーザーの欲求や意図(インテンション)が集まってくること」になり、その「ユーザーのインテンションに対して、お金を出してでも自分たちの情報を伝えたい企業が現れ」
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
個人や企業の参加者が増えるほど価値が増幅する仕組みを
プラットフォームというが、これはGoogleやフェイスブック、
楽天といったITサービスに限らず、リクルートのビジネスやAKB、
果ては国家の仕組みそのものもプラットフォームであり、
本書ではこの仕組みを上手く働かせるために必要となる
要素について、丁寧に書かれている。

例えば共有価値観。グーグルの目指す世界は選択肢を増やし、
人が能動的に生きられる手助けをすること。
その美学が余計な手間の自動化であり、
マインドフルネスという哲学があり、
人の仕事を奪うような単純な自動化を目指しているのではない。

現在進行形で世界を変えつつあるプラットフォームの事例として、
3Dプリンタに象徴されるメイカーズ・ムーブメントやネット化により
激変する教育分野、個人の家や車をネット経由で貸し借りする
シェアリングエコノミーを取り上げる。

更に
リクルートはなぜ優れた人材を供給し続けられるのか?

iモードはなぜグーグルやアップルにベンチマークされるほど成功したのか?

楽天はなぜ、アマゾンよりも品揃えが良いのか?<
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私を含むIT素人向けに書いてくれてのだろうから仕方がないが、それなりにビジネスモデルを勉強した事がある人にはかなりチープな内容と言わざるを得ない。

そもそも最先端分野というのは、情報の非対称性が存在するため、情報を持つ者が持たざる者をカモる事になる。それは仕方がない。

さて本題だが、誰もがしる日米のIT企業のモデルを分かり易く解説している点は良いが、何かと体系的かつロジカルに説明しようとする為、随所にこじつけ感が出ている。

例えば、グーグルは人がマインドフルに生きられるように、便利な機能で助けてくれる会社。アップルは、自分独自の生き方をサポートする企業。フェイスブックは共有とオープンな場の提供を標榜。実際こういう哲学はあるのだろうが、グーグルグラス、オキュラス、iPad Airなど、個別のプロダクトを無理やり哲学に結び着けている。多分、現場は儲かりそう、流行りそうって事が先に立ってるはずなのに。

なるほどと思ったとこを列挙すると。。課題解決より実行力、その後は課題設定能力。優秀な人ほど社会の役に立っている企業で働きたがる。ソーシャル時代では、利他的な遺伝子が利己的な遺伝子に勝る、など。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック