お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ザ・プラクティス シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,132
価格: ¥ 2,327 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,805 (55%)
通常7~9日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,327より 中古品の出品:7¥ 1,378より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・プラクティス シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
  • +
  • ザ・プラクティス シーズン2 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
  • +
  • ボストン・リーガル シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
総額: ¥8,938
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ディラン・マクダーモット, マイケル・バダルコ, リサ・ゲイ・ハミルトン, スティーブ・ハリス, カムリン・マンハイム
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 7
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2011/12/16
  • 時間: 590 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005WG7EO2
  • JAN: 4988142866820
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 8,346位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

強力初廉価タイトルが続々登場! 業界初の最小コンパクトサイズ!! 全話収録フルシーズンでどれでも4,752円+税

<キャスト&スタッフ>
ボビー・ドネル…ディラン・マクダーモット(藤原啓治)
ジミー・バルッティ…マイケル・バダルコ(茶風林)
レベッカ・ワシントン…リサ・ゲイ・ハミルトン(加藤沙織)
ユージーン・ヤング…スティーブ・ハリス(乃村健次)
エレノア・フラット…カムリン・マンハイム(一城みゆ希)
リンジー・ドール…ケリー・ウィリアムズ(加藤優子)

製作総指揮:デイビッド・E・ケリー

●字幕翻訳:桜井 文 ●吹替翻訳:松崎広幸/柳澤由美

<収録エピソード>
【Disc-1】
第1話「罪なき被告人」(原題:Pilot)
第2話「失意のロビン・フッド」(原題:Part I)
【Disc-2】
第3話「開戦前夜」(原題:Trial And Error)
第4話「裁きは我が手に」(原題:Part IV)
【Disc-3】
第5話「嵐」(原題:PART V)
第6話「評決の行方」(原題:Part VI)
【Disc-4】
第7話「禁断の恋」(原題:Reasonable Doubts)
第8話「生涯最悪の日」(原題:Betrayal)
【Disc-5】
第9話「安らかな眠りを」(原題:THE Blessing)
第10話「我らの流儀」(原題:Dog Bite)
【Disc-6】
第11話「情事の果て」(原題:First Degree)
第12話「傷心」(原題:Sex, Lies And Monkeys)
【Disc-7】
第13話「躊躇と決断」(原題:Search And Seizure)

<ポイント>
●法に従うか、情に従うか
●「アリー my Love」のデイビッド・E・ケリー製作
●すべての人の胸を打つ正義と感動のストーリー
●裁判員制度開始で注目されるジャンル、裁判前に必ずチェックしておきたい“法廷ドラマ"のバイブル
●エミー賞にて26部門ノミネート、そして15部門受賞した珠玉の名作!!
アメリカでは第8シーズンまで製作された超人気法廷エンターテイメント・シリーズ
●第7話からヘレン・ギャンブル役でララ・フリン・ボイル登場!

※日本語吹替音声は現存するテレビ放送当時のものを収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。
※アメリカで放映されたシーズン1全6話とシーズン2前半7話の計13話を日本ではシーズン1としてDVDリリースいたします。放映順に収録し、本編の内容に変更はございません。

<特典>
【Disc-7】
●<特別収録> 『ボストン・リーガル』 第1話 「弁護士アラン・ショア」
●『ザ・プラクティス』の見どころ
●『ザ・プラクティス』シーズン2 予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『アリー my Love』のデイビッド・E・ケリー製作で贈る法廷ドラマ第1シーズンのコンパクトBOX。大企業の重役から麻薬ディーラーの裁判まで、さまざまな訴訟を抱える弁護士たちの苦悩と葛藤を描く。全13話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
FOXで放映当時に友人にビデオを押し付けられてみたものです。
はまってしまい、しかし試験勉強中だった私は一通りみたら存在を忘れていました。
どうせDVDが出るからいいやと思っていたのです。
ところがでないでない。
ようやく出たと思ったらシーズン2まで。
アメリカでの評価は高いのですが、日本ではCSだったためか、文化の違いによるものか。
姉妹作のアリーマイラブはNHKで放映されたというのに...
もう待つのに慣れてきたので気長に気長に待ちます。
最後までどうかDVD化されますように。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
このドラマ、出演者もぱっとせずなんともB級感を醸し出しています。
何かのDVDにおまけで第1話が付いてきて暇なので観ていたら
泣いてしまいました。。。。。。。
罪を犯した人間を弁護して有罪になるのは何も怖くない
しかし、本当の無罪の人間を弁護して有罪になることが
どれだけ辛く、怖いことかが表現されています。
考えさせられる作品です、日本でも陪審員制度が始まっていますが
人に人を裁く権利が本当にあるのか考えてしまいます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 1984 投稿日 2015/2/12
とにかく傑作なのですよ。
法を巡る人間ドラマと言ってしまうと陳腐ですが、毎回真剣に考えさせられる内容で、
加えてスパイスのように主人公たちの恋模様も描かれておりこれはこれでまた面白い。

アリーはもちろんクローザーやコールドケースより遥かに面白い。

お願いですからシーズン3以降も早く・・・

絶対に購入します。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
第一話が好きです。

無実の少女を弁護するのです。

失敗する可能性を想像して主人公である弁護士は苦悩します。

実に鮮烈な印象のある作品です。

今までに観た法廷ものの中で最も好きな作品です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
英語のヒアリングのトレーニングのために数年前にシーズン1と2を購入してましたが、ずっと見ていませんでした。

今般、せっかく買ったしと思って見てみました。最初の2-3話までは、まだいい感じだったのですが、中盤から後半にかけては(2,3のエピソードを除けば)ひどい内容ばかりです。社会的弱者を守る弁護士といった感じかと思いきや、後半(セカンドシーズン含め)は、主人公たちのやっていることは、日本でいえばいわゆる悪徳弁護士とやっていることはほとんど変わりません(わざとらしく多少苦悩したりはしてますが)。主人公たちは、罪を犯した人間をそれと知りながら、非常に非倫理的な行動で、無罪にしたり、逆に無実の人間を主人公が(自分の依頼人(真犯人)を無罪にするために)陥れて、有罪になるように仕向けたりと、むちゃくちゃなことをしています。登場人物のだれもかれもが自分の非は棚に上げて、他人に対しては正しくあることを求めたり、自分に対する罰は重過ぎるとか主張したり、勝手なことばかり主張するドラマです。特に主人公や主人公の事務所の弁護士が、(たとえ真犯人であっても)「弁護士の仕事は被告人(依頼人)を無罪にすることだ」(そのためには法に触れない範囲で何をやっても、倫理に反することをしても、弁護士としての職務を全うするためには仕方ないのだ)というような主張を真顔で言うのには心底、腹が立ちました。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す