日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ザ・ブルード 怒りのメタファー リストア版 (字幕版)

 (364)
6.81時間31分1987PG12
著名な精神科医ラグラン博士は独自に研究開発した精神治療法"サイコ・プラズミック"の実験台として、精神疾患を患う人妻ノーラに執着していた。ある日、夫のフランクはノーラへの面会から帰宅した娘キャンディスの背中に、原因不明の赤いアザを見つけ、ラグラン博士への疑念を強める。数日後、今度はノーラの母親が何者かにメッタ打ちにされ、無残な死を遂げた・・・。
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

提供
マイシアターD.D.
レーティング
PG12対象
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.0

364件のグローバルレーティング

  1. 54%のレビュー結果:星5つ
  2. 19%のレビュー結果:星4つ
  3. 11%のレビュー結果:星3つ
  4. 9%のレビュー結果:星2つ
  5. 8%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

おいんごぼいんご2018/12/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
クローネンバーグ、変態の原点
確認済みの購入
変態映画の巨匠、クローネンバーグの初期の作品が見れるとは、アマゾンプライムに誤って入会してしまったのも悪くないと感じました。
本作はやはり40年近く前の古い映画なので、ストーリー展開が今の映画に比べたらもっさりとしていますが、それでも緊迫感を失わないのがさすがのクローネンバーグです。序盤から得体の知れない怪しさがかもし出され、それが徐々に姿を現し、そしてクライマックスで得意の変態ワールドが炸裂。そして救いの無いラストを迎えると言う、クローネンバーグ作品のフォーマットをきちんとなぞっています。
初期の作品だけあって予算も潤沢に無いのを上手くカバーして、役者さんはそこそこ実績ある人(精神科医役のオリヴァー リード。「グラディエイター」で剣闘士の親方をやっていた。母親役のサマンサ・エッガー。「コレクター」で注目された。)だけど、その頃は低迷していた方々を使いそれなりに緊迫感のある絵を作っています。まあ、クローネンバーグファンなら、見て損は無いですね。それ以外の方は、「なんだこりゃ?」となるでしょうが。
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
チワワ恐怖症2019/03/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ド変態映画に騙される!その知的な頭を後ろから鈍器で思い切り殴られる!!
確認済みの購入
ジャンル:ドラマ・・・うん、ドラマではないよね?完全にホラーだよね?しかも結構悪質な部類のホラーだよね??
なるほど、クローネンバーグという監督が各所で「変態」の異名を欲しいままにしている理由がコレか・・・
変態・・・「ド」が付くレベルの「ド変態映画」でございます

最初ね、医学の焦点が人間の精神にも当たるようになり始めた当初に撮られた作品で、「精神病」や「精神科医」に対しての偏見や懐疑的な当時の世相が色濃く残っている作品なのかと思ったのよ。

人間の精神なんて目には見えないもの…その人が本当に「病気」なのか、その医師の治療によって本当に治ったのかなんて素人には分からない…
だから精神科医を「適当に病気をでっち上げてそれを治療したと言い張り家族から金を巻き上げる詐欺師」と本気で思ってた人は当時結構いたようで
中には「監禁(隔離)していかがわしいことをしている」だの「洗脳しようとしている」だのというような根も葉もないような中傷もあり、しかもそれがそこそこ信頼できる情報として流通していたわけです。

だから、精神科医のラグラン博士の主人公の妻ノーラに対する治療法を観て…「あー、なるほど洗脳ね…」と思い
ノーラ以外の患者を別の病院へ移して医院を閉鎖したシーンで…「ほーらほら、来ましたよ」と思い
醜悪な顔の障害者キッズたちが人を襲うシーンを観て…「あー、やっぱり当時は患者である障害者に対する偏見や差別も凄かったんだなぁ…」とかちょっとインテリジェンスな考察までしちゃったわけですよ・・・。

ああ!全然そんな作品じゃなかったな!!一点の曇りもなく全然関係なかった!!!!!
見事に綺麗さっぱり最初から最後まで欺かれっぱなしだったわ!!!!!
巨匠クローネンバーグのお考えを推察しようなどと100万年早かったわスマン!!!!!!!

普通にバケモノだったわ、障害者とか洗脳とか関係なくもう普通にバケモノだったわ・・・。

昔の作品の焼き増しみたいな作品ばっかりと言われる昨今ですが、まあ多分この映画の焼き増しだけは絶対ムリ…。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
尼尊2019/01/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
クローネンバーグ印
確認済みの購入
古いとかちゃちいとか言ってる奴は馬鹿なのか。時代を考えろってんだ。
或いはクローネンバーグという人間の映画に馴染みがないか。
強いて言うのならテンポ感がややもっさりしてるが、それもこれもクライマックスのあの衝撃の為だと思えば納得がいくし、そうは言っても1時間半というのは映画としてはコンパクトである。にも関わらずっきちんとストーリーも追えて尚且怖いとは、構成というか整理力に長けていると思う。下手な監督が撮ったら2時間は越えてしまうだろう。
あと最大の勝因は奥さん役の顔が素で怖い。もうこの女優一発で普通に怖い。あと音楽が怖くて美しいのも良い。
本作をはじめ、スキャナーズなろクローネンバーグ作品を見れるのは有り難い。
ありがとう、アマゾンプライム。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
tabenori2019/07/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
クローネンバーグらしさ満載
確認済みの購入
アマゾンプライムに入ってよかった(^^;)。久々に映画を見て満足した。
多くのレビューで,変態とかいっているけど,確かに全体的にありえないトンデモ映画だとは思います。
でも,後半30分くらいのこの発想!アイデア!ネタバレだから書けないけどすごいと思います。クローネンバーグは日本だと,マンガ家の諸星大二郎さんみたいな存在でしょうか。女の人が全員怖くなるような映画です。
ストーリーとアイデアと役者の演技でトンデモをそう思わせずにみせるという……そしてクローネンバーグらしいグロさも出ています。ラストで子どもの腕に赤い湿疹ができていて,最初意味が分からなかったけどサイコプラズミックの治療を冒頭で受けていたおっさんにも全身に湿疹が……。これがサイコプラズミックなんですね。このおっさん,変な人だと思っていたけど,ノーラの事を女王蜂さまと呼んだりして,けっこうアチコチに伏線があったんですね。
グロいだけではなく,なかなか深く侮れない作品だと思います。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
biwa2019/07/13に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
実はホラー映画なので苦手な人は注意(結構怖いよ)。クローネンバーグ版の「サスペリア」ですね。
確認済みの購入
※大きなネタバレは書いておりませんので、視聴前に見ていただいても多分、大丈夫です。

私はクローネンバーグ監督の作品が大好きなのですが、本作は以前から機会が有れば一度観てみたいと思っていました。で、面白いです。現実を超越した話で、主人公や精神科医の行動も変なのですが(昔のアメリカ映画的で矛盾がある)、そういった常識を取り払って観ると楽しめます。

この作品に対し、おそらくほとんどの方が疑問に思われるのは・・・

1.タイトルの「ザ・ブルード(the brood)」だと思います。これは「同腹の子」の意味です。ネタバレになるので、これ以上は書きません。

2.パッケージ写真の女性ですが、これは精神を病んだ主人公の妻(今回のキーマン)ではありません。

作品の解説文に「精神を病んだ主人公の妻云々~」と書かれていますが、実はそれほど重要な要素ではありません。ここまで話が飛躍すると、もはや精神状態がどうこうなんて話はどうでもよくなります。おそらくあなたが最初に想像していた展開とは全く違った方向に話が進むだろうと思います。監督のこの歪んだ感性を是非楽しんでください。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
り(PN)2019/02/23に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
時間経過した血の色が……
確認済みの購入
 バルトークの弦三番をアレンジしたような曲で幕を開けるトンデモ・ホラー。クローネンバーグの映画はどれもわかりやすいが、奇形な怖さがある。この映画の公開は1979年だが、今観た方が恐いかもしれない。すべてのカットに無駄がない(かなりチョキチョキしたはず)。それゆえトンデモ展開でも飽きずに(呆れずに)観ることができる。観終わって、まだ怖い。画面が綺麗なので、その分、怖さが緩和されるの助かる。あと血が出て来る映画で何時も気になるのは、時間が経っても血が黒くならないこと。この映画も、その点は踏襲している。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
尼崎のニート2018/12/15に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
突飛な内容なのにシナリオを追わずにはいられない
確認済みの購入
この奇怪なテーマの上で、しかもちぐはぐなパーツをチラ見せしながら、しかし関心を削がないレベルでつなぎ合わせていく展開には並ではない見せ方がある。
治療が何だったのかの説明などなくメッセージ性も勝手に読みとってくださいという提示の仕方であるが、サイコホラーとシナリオ展開の妙技が絶妙に組み合わさってかなり高水準の作品となっている。
ここまで非現実的で突飛な出し物が続くのに呆れずに見られたのは驚きである。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
nezu2018/11/29に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
1周まわって新感覚
確認済みの購入
古い映画ですが面白かったです。
現在の映画と比べればとてもチープです。
でも、脚本、演技、音楽でここまで面白くなるとは。
SFXほぼなしのクリーチャーホラーは逆に新感覚。
鬱系の展開がダメじゃない人は是非。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示