この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

ザ・フー・バイ・ナンバーズ+3

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 968より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・フー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2006/10/25)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル インターナショナル
  • 収録時間: 51 分
  • ASIN: B000HOJDTI
  • JAN: 4988005446107
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  Vinyl Bound
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 605,701位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
5:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
2:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
4:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
3:20
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
3:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
2:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
3:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
4:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
4:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

`My Generation,My Music`シリーズ。1975年発表のアルバムに当時未発表だった3曲のライヴ録音を収録したアルバム。ウクレレ伴奏で歌われる「ブルー・レッド・アンド・グレイ」、ジョン・レノンの代表曲を連想させる「イマジン・ア・マン」など、他のアルバムに比べ、比較的穏やかな曲を中心に構成されている。他にシングル「スクイーズ・ボックス」などを収録。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
一般的なWHOのイメージとしての爆発力を期待すると肩透かしを食うが、個々の楽曲はレベルが高い。各人の演奏もタイトですばらしい。しかし、75年リリースという、パンク爆発まで待たなければならないロックの減退期という時代背景、メンバー間のトラブル、健康状態などが重なり、ピートの鬱状態を表す楽曲は物悲しい。しかし、それもWHOという真摯で正直なバンドの一面を示す大事なアルバムであり、ファンならば必ず聴くべき内容である。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
本作はWho'sNextに負けず劣らずの佳曲揃いの作品でありながら、その評価は低いといった不遇の作品だと思う。
確かにWho'sNextやTommyのようなコンセプト…Live at Leedsのような荒々しさ…そういった要素を見出すのは難しいが、それを補うだけの佳曲が詰まっている作品ではないだろうか。
少なくとも、イーグルスやドゥービー・ブラザーズ…そんなウエスト・コースト系のマイルドなアメリカン・ロックが好きな方の耳には、スッと馴染んでいく仕上がりだと思う。
起伏の激しいのリズムで展開される1
キャッチーなリフと酔っぱらったようなピートのヴォーカルがお茶目に披露される2
分かりやすく軽快なカントリー・タッチの3
ピートの歯切れのいいカッティングとジョンの素晴らしいリード・ベースが聴ける4
4のテンションをクール・ダウンさせるかのような清涼感漂う5
執拗に繰り返されるリフが印象的なジョン作の6
クラシカルな趣の7
ウクレレの素朴な響きが黄昏を誘う牧歌的な8
Gettin'Tuneを彷彿させるバラード9
6の続編といった感じのリフで始まる10
そして、ライブ・バンドとしての面目躍如的なボーナス・トラックの3曲…とりわけ13に於けるジョンのプレイはライブな
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
75年発表の9作目。前作の間にレコード会社の移籍、マネージャーの交替、ジョン、キース、ロジャーの各々がソロ・アルバムの発表など多望の中で発表された作品。プロデュースは名盤『WHO'S NEXT』も担当したグリン・ジョンズが再び担当し、ニッキー・ホプキンス℗がゲストで参加している。
1.はちょっぴりラテンぽいリズムを持ったハード・ロック。ハンド・クラップも加わったのほほんとしたドラムスのビートに鋭利なサウンドのギターが加わり、独特の雰囲気を生み出している。ニッキーのピアノもこうした異種格闘技戦のような演奏の中で実に珍妙なプレイを聞かせており聞き物である。異色な一曲ではあるが、メロディやギター・リフは非常にキャッチーでありトータル的には新鮮かつポップな印象も受ける佳曲に仕上がっている。2.はアコギを中心にしたちょっぴりカントリーの風味も感じさせるフォーク・ロック。1.とは打って変わった穏やかで優しいメロディを聞かせる曲となっており、こちらもなかなかの佳曲である。3.はカントリー・ブギを穏やかに演奏したかのような佳曲。ベースは良くあるタイプの曲であることは分かるのだが、それを見事にWHO流に仕上げあり、逆に新鮮である。バンジョーのソロもイーグルス辺りとは一味違い、柔らかなヴォーカル/ハーモニーも聞き物である。4.はペダル・スティールも入ったカントリー・ロック。WHOらしい切れ味
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
The Whoというと“ロック・オペラ”ですとか、コンセプト・アルバムといったアルバム全体の評価が高いため、本作のような小品楽曲の集まりのアルバムは、ともすると低く評価されてきていた感があります。
しかし、一曲一曲の完成度は高く、メロディーの良さやメンバーの個性が失せることなく曲の中に表現されています。
初めてThe Whoを購入する方でも安心して聞けるでしょうし、大御所としてのThe Whoを知る人がまだ、このアルバムを聞いたことがないのであれば、再認識をする意味で、このアルバムを購入しても損はしないと思います。
何しろ、このお値段ですから…
併せて、オリジナル・アルバムには収録されていなかったライブ3曲は、この曲だけでも購入の価値はあると思えるほどです。
今は亡き、ジョンが描いたイラストがジャケットを飾る隠れた名盤を一聴してください。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー