¥1,650
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ザ・フナイ vol.146 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・フナイ vol.146 単行本(ソフトカバー) – 2019/11/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/11/6
¥1,650
¥1,650 ¥1,100

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ザ・フナイ vol.146
  • +
  • ザ・フナイ vol.145
総額: ¥3,331
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

◇【特集】
お金の不安をなくし、天国の門を叩く

◇対談岡本和久&土井広文
ハッピーマネー®でハッピーライフ!マネーは感謝のエネルギー


◇連載
●副島隆彦
評論家、副島国家戦略研究所< SNSI>主宰
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」
今月号タイトル:地震とは何か(前編)

●古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」
今月号タイトル:倒産寸前のアメリカで分裂するユダヤ

●船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」
今月号タイトル:未来に進む中国過去に沈む日本

●飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」
今月号タイトル: GHQを引き継いだCIAの「在日による大和民族分断プロジェクト」!!特別編シリーズ9

●安西正鷹
『みち』論説委員
連載テーマ「お金の謎に迫る」
今月号タイトル:時間とお金の関係を読み解く(11)

●金原博昭
オリオン形而上学研究所 代表
今月号タイトル:エジプトの謎第一のトンネル《その19》

●増田悦佐
経済アナリスト・文明評論家
連載テーマ「“主義"の没落と“もどき"の興隆」
今月号タイトル:意外なところで継承されている欧米崇拝の系譜(下)

●加藤鉱
ジャーナリスト
連載テーマ「ぼくらは絶対現金主義……キャッシュレス社会は監視社会と同義語である!」
今月号タイトル:キャッシュレス化と監視社会との親和性

●前田和男
ノンフィクション作家
連載テーマ「異聞“翳の錬金術師"吉村金次郎風雲録」
今月号タイトル:世界は俺を中心にまわっている!ゴルフ会員権から編み出された超錬金術


◇今月号の見どころを、一部ご紹介
巻頭対談
ハッピーマネー®でハッピーライフ!マネーは感謝のエネルギー
――――――――――――――16ページ
舩井
自分の労働時間を売って得たお金を回しているだけではいつまでたってもお金持ちにはなれないけれど、ある程度資産をつくれたらそれを運用しないとお金持ちになれないというのが、お金持ちになる法則などが描かれた本の共通原則です。
土井さんもそれを実践されたのですね。散髪を奥さんにしてもらったり車の所有を一人1台から家族で1台に減らしたり庭の草を食べたりして、種銭をつくったということですよね。

土井
そうですね、今ではようやく時々は贅沢もできるようになりましたが、相変わらず髪は妻に切ってもらっていますし、携帯電話もかれこれ15年くらい同じものを使っていて、月額700円に抑えられています。

岡本
つまりは無駄を省くということですね。使わないでいいお金は使わない。それで本当に幸福感の増える使い方をすればいいと思うのです。
その中に寄付も入ってくるかもしれないし、投資が手段としてあるのかもしれない。


連載
安西正鷹
お金の謎に迫る〈33〉
時間とお金の関係を読み解く(11)
――――――――――――――90ページ
新生国家アメリカは、誰もが予想した以上に民主的で、金儲け中心の社会へと移行していきます。
その規模が拡大し、スピードが加速するにつれて、アメリカはこの時代を彩る平等主義的で商業的な活力を象徴する「建国の父」を、新たに、少なくとも一人は見出す必要に迫られました。
1790年にフランクリンが亡くなってから数十年の間に、「独立独行型ブルジョワのモラリスト」、あるいは「資本主義の代弁者」としてのフランクリンの近代的なイメージが作られていきました。
フランクリンは、自伝が刊行されてからは特に、「大衆レベルで独立独行のビジネスマンを具現する者」、そして「アメリカン・ドリームの創造者」としての見方が強くなり、今日に至っています。
しかし、フランクリンに対するこうしたイメージは、一面的なものでしかありません。


短期集中連載
加藤鉱
『僕らは絶対現金主義……キャッシュレス社会は監視社会と同義語である!』
キャッシュレス化と監視社会との親和性
――――――――――――――146ページ
ヘタを打つと、日本も中国のようにスコアに翻弄される社会になりかねないが、いまのところ日本ではスコアで「人の格付け」を行うことへの抵抗感が強いようだ。ネットプロペクションズの調査によると、日本で信用スコアが普及することへの賛否で、反対が65%に達した。
反対の理由で多かったのは、個人情報を共有されることへの不信感、計算方法が不透明、監視されているような気味悪さなどで、日本でインフラとして機能させるにはハードルが高そうだ。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 223ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2019/11/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828421424
  • ISBN-13: 978-4828421421
  • 発売日: 2019/11/6
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,500位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう