¥1,650
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ザ・フナイ vol.143 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・フナイ vol.143 単行本(ソフトカバー) – 2019/8/3


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/8/3
¥1,650
¥1,650 ¥1,100

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ザ・フナイ vol.143
  • +
  • ザ・フナイ vol.141
総額: ¥3,300
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

特集
「天才」のいない日本
大衆の智恵が生きる!

1 増田悦佐(ますだ・えつすけ)
クルト・ジンガー著『三種の神器――西洋人の日本文化史観』を読む

連載
副島隆彦
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」
今月号タイトル:新天皇の即位で見えてくる日本国のこれから

古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」
今月号タイトル:年金問題の根源に潜む「欧米流金融・経済構造」

船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」
今月号タイトル:どんどん貧しくなるニッポン 立ち上がれ! 時間はない

飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」
今月号タイトル: GHQを引き継いだCIAの「在日による大和民族分断プロジェクト」! ! 特別編シリーズ6

安西正鷹
『みち』論説委員
連載テーマ「お金の謎に迫る」
今月号タイトル:時間とお金の関係を読み解く(8)

片桐勇治
政治評論家 国際政治アナリスト
連載テーマ「日本と世界を読み解く」
今月号タイトル:時代を動かす本源――構造と歴史の特異点㉝(最終回)

渋澤健
コモンズ投信株式会社会長
連載テーマ「変化を捉える価値視点」
今月号タイトル「: 2000万円問題」を受けて思うこと

金原博昭
オリオン形而上学研究所 代表
今月号タイトル:エジプトの謎 第一のトンネル《その16》

加藤鉱
ジャーナリスト
連載テーマ「ぼくらは絶対現金主義……キャッシュレス社会は監視社会と同義語である! 」
今月号タイトル:モバイル決済の主役QRコードの功罪

前田和男
ノンフィクション作家
連載テーマ「異聞“翳の錬金術師"吉村金次郎風雲録」
今月号タイトル:かつて空前絶後の錬金術を編み出し日本経済を裏で動かした男がいた!


今月号の見どころを、一部ご紹介

●新連載
増田悦佐
クルト・ジンガー著
『三種の神器――西洋人の日本文化史観』を読む
――――――――――――――
母国からはユダヤ人として排斥され、第2次世界大戦中はドイツ人として連合国側から警戒されていたジンガーには、世界を圧倒的な少数派の立場で見るという確固たる視点が備わったのだろう。
彼の日本文明論は、ほかの欧米人による日本文明論とはまったく切り口が違っている。
日本人が書こうと、外国人が書こうと、日本文明の特徴は模倣性、雑種性、混淆性に焦点を当てたものが多い。
だが、ジンガーは世界中で日本ほどオリジナルな文明はないと主張するのだ。


●本物の探求者特別鼎談
八木雅之×佐藤恭男×舩井勝仁
糖化は万病の元だった! 3ステップで効く神秘の黒ガリンガル(前編)
――――――――――――――――
舩井
グルコーススパイクが起きると、具体的にどんな不調が起きるのでしょう。

八木
まず糖尿病になりやすくなることが分かってきています。最近問題になっているのは、「隠れ糖尿病」の存在です。
糖尿病になると、空腹時でも血糖値が高くなります。ですが、食後だけ極端に血糖値が上がってしまう人たちは、空腹時の血糖値やヘモグロビンA1cの数値は至って正常であるものの実際には糖尿病をはじめとする生活習慣病の症状が表れてきます。
もう一つは、高血糖状態において糖が糖化反応中間体でもある「アルデヒド」という物質が生成されます。
アルデヒドはものすごく反応性が早く、同時に血管の内側にある内皮細胞を攻撃にいく性質を持っています。
血管内皮を激しく傷つけてしまうのです。


●連載
片桐勇治
時代を動かす本源――構造と歴史の特異点㉝
これだけの動きは人類史的なものですから、これから数百年は同様のことは起きないでしょう。
そういう人類史的な出来事を描写してきた本連載は、二つの要素からなっています。
一つはこれから迎える新しい時代について(一~一二回)、二つ目はそこに向かう世界を描写し、そこで何を清算し、旧時代から新しい時代へと移り変わる状況をつぶさに描写・解説したもの(一三回~四七回)です。
本連載で扱った生命論も、戦争とお金の構造の歴史も、宗教、政治、そして資本主義も、すべてこの二つの要素に係るのです。
そして、はっきり言えることは、旧時代から新しい時代への時代の移行の本質がわからないと、これからのことがすぐにはわからず、新しい時代を能動的に生きていくことができないということです。
これまで何が起きてきたことがわかる者だけが、これから何があるかわかり、どう生きるかがわかるということです。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 231ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2019/8/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828421238
  • ISBN-13: 978-4828421230
  • 発売日: 2019/8/3
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 157,611位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう