日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ザ・フォーリナー/復讐者(字幕版)

 (1,008)
7.01時間50分2017G
ロンドンでレストランのオーナーとしてつつましい生活を送るクワン(ジャッキー・チェン)。平穏無事な生活を送っていた中、突然たったひとりの高校生の娘が無差別テロに命を奪われてしまう。クワンは復讐の怒りに煽られ、静かに爆発していく。彼は犯人を探すうちに、北アイルランド副首相のリアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)にたどり着く。ヘネシーは、官僚としての仕事で過去に抱えた問題に脅かされていた。クワンの犯人を追うあくなき執念が、昔アメリカの特殊部隊出身であることを浮き彫りにしていく。次第に明らかになっていく二人の過去。敵か、味方か…孤独な男たちの戦いは、想像もしない結末へと向かっていく―。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
レイ・フィアロンチャーリー・マーフィ
提供
松竹株式会社
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.9

1008件のグローバルレーティング

  1. 36%のレビュー結果:星5つ
  2. 30%のレビュー結果:星4つ
  3. 23%のレビュー結果:星3つ
  4. 7%のレビュー結果:星2つ
  5. 5%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

おやじじ2020/01/11に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
想像以上に面白かった
確認済みの購入
勧善懲悪というのではなく、ストーリーにも深みがあってスネに傷を持つおじさん達のギリギリの精神性や悲しさがグッときた。度重なる裏切り、鉄砲玉、嘘などが織りなす話。おじさん向けのストーリーと言えますね。おじさんなら絶対おすすめ。私もおじさんです。
182人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonカスタマー2020/05/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最期までカッコイイ
確認済みの購入
ジャッキーの新機軸、と言う事で期待して見ました。

今までのジャッキーの、「軽快なコメディとうねる様な怒涛のジェットコースターアクション」
は当然なく、終始ドロドロ(でもない)とした緊張感が漂う空気の中で話は進んでいきます。

面白いのは、ジャッキーが「老いを武器にした」というのがとても良い、と感じたことです。
演技的に、これほど感情を抑えきったジャッキーは見たことがないです。
いいじゃん。

何故か、「男達の挽歌2」で呆けてしまったディーン・セキを思い出しました。

そもそもこの映画がジャッキーありきでなく、ちゃんと考えられて作られてる印象。
政府や警察、IRAの相関関係が結構複雑で、基本知識がないと混乱するでしょうが、
その中を「無敵の人」としてジャッキーことクアンが縫う様に泳ぎきるのは、結構面白い。

それにしても、ジャッキー。60を超えた人の動きとは思えません。
アクションシーンも結構あります。最後のアクション、多分躊躇いなく人を殺すジャッキーははじめて?
しかしすごい、すごいなあ…

内容に特段の目新しさはないものの、
「ジャッキーにしか出来ないサスペンス復讐劇アクション」、楽しめました。
内容も構成もなかなか。考証も違和感ないです。
佳作です。

最期のジャッキーが歌う曲もかっこよかった。声も出てる。凄いw

「今までのジャッキー」の幻想に取り憑かれていると楽しめないでしょうね。

「いち役者としてのジャッキー」を楽しめる人と、本当のファンに。
いい映画です。
130人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ウォルター2020/11/03に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
意味が分からない
確認済みの購入
宣伝ではジャッキーチェン演じる主人公による復讐劇という売りでしたが、実際は別物。
復讐劇とは本来悪役側が明確だからこそ成立する話なのに、この作品は復讐劇と同時に首謀者の真相が明かされていくというミステリーと同時進行で展開するので、結果的に主人公はほぼ憶測だけで行動しているキチガイでしかありません。
だから一切スカッとしないどころか共感もカリスマ性も感じないし、寧ろ悪役に立たされているピアース・ブロスナンの方が散々過ぎて、悪役が一番人間味のあるキャラクターとして描かれている始末。
決着のつけ方も真相とはややズレたオチである為、やっぱりピアース・ブロスナン可哀想という印象が拭えない。
まあ部下の管理の甘さとか浮気とかダメなところもあったが、そのダメダメな人柄に逆に愛着が湧いてくるという・・・。

そもそもこの映画、ジャッキーチェン必要だったんですかね?
彼が演じるキャラクターの存在が却って無意味に話を複雑化してるだけで、普通にピアース・ブロスナン主演で方向性とかシナリオとかシンプルに出来たと思うんですが。

あ、アクションは文句なしでしたよ。
105人のお客様がこれが役に立ったと考えています
G1rle0n2019/11/10に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
観終わって「ん~」としか言えない
確認済みの購入
ネタバレあるので注意です。

ジャッキー映画としては現役では無いにしても、そこそこのアクションを交えつつストーリー性を重視した内容になっていて年相応の作品作りをしているのが良く分かります。

ただ、主人公の設定がありきたり。
元特殊工作員だなんだで娘の復讐をしていくのは「96時間」シリーズの設定にも似ているし、良く見るタイプの作品なので正直、真新しさは感じなかったです。
ジャッキーとピアースブロスナンという組み合わせの妙や、ジャッキーの「今」を見たくて興味を持ったので最後まで観ましたが、エンドロールで恐らくジャッキー自身だと思うのですが、過去のジャッキー映画同様に本人が歌う曲が流れてきたのには正直、萎えました。

これまでの作品、特にジャッキーが主人公でアクションをガンガンやって正義が勝つ!みたいな作品ならまだしも、内容が結構シリアスな本作品だけに完全な蛇足にしか思えないという、なんとも悲しい一面がありました。

いや、だからと言ってジャッキーを全否定したいわけでもなく、ただただ見終わった後に「なんだかな~」と釈然としない感情が沸きあがってしまったのが、残念でした。
62人のお客様がこれが役に立ったと考えています
AK2020/12/18に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
クソofクソ 逆恨みおじさんの復讐ごっこを観させられるだけ
確認済みの購入
ここまでクソな映画は久しぶりに観たというレベル。
終始なにを観させられてるの?といった内容。
中盤までは特にひどく、いっそ途中でも観るの止めようかと思うほど。
娘を爆弾テロで殺されたジャッキーは「犯人の名前を教えろ」と警察に鬼凸。ここまでは分かる。
ただなんの因果か、警察も調査進行中で相手にされなかったら次はたまたまテレビで観た、犯人と関係ありそうな有名人に因縁をつけだし「犯人の名前を言え」と脅しだす。
勿論知らない(笑)
終いにはその人相手に爆弾テロからゲリラ戦まで繰り広げる。「犯人の名前を言え」と。
いやそんなことまでするくらいなら直接犯人探せよと(笑)
相手も相手で、その人、副首相で、まずなんでしがない一市民がゴリ押しだけで会ったりしっかり会話対応するか謎。
しかも爆弾テロされても警察に通報しない謎感。潔白だしあのレベルの騒ぎならすぐ警察いけよと。
中盤過ぎにやっとただの一般人と思われたジャッキーが実は特殊部隊出身だったと明かされるのだが、遅すぎる。
観てるこちらとしては急におじいちゃんが爆弾作りだしたり銃入手してたり。トレーニングは付け焼刃。
そんでもって現役兵士を圧倒するもんだから違和感アリアリ。もどかしさで苛立ち半端ない。
そんな設定なら、ジャッキーのよぼよぼ歩きとか年老いた雰囲気をなんで出してたの?明らかにおかしい。
そしてやっと警察の頑張りで犯人割れて、つまりジャッキーの頑張り一切ないんだけど、
ゲリラ戦してたから流れで犯人の名前は聞けて。
警察が万全の体制で犯人追い詰めてるところをジャッキーが犯人のアジトに勝手に凸。
色々情報聞き出すべき相手を派手にドンパチぶち殺して、たまたま1人生きてたからいいものを、あまりの捜査妨害。
なのに何故かしれっと暴れた場所抜け出すし平穏な生活に戻るし意味が分からん。
警察の上層が「借りがある」「ドラゴンを起こすな」とジャッキーを見逃すけど、、
借り!!???ドラゴン!??いやこいつ放置したら警察の威信にかかわるだろ。やってること犯罪者と変わらんし。

一番かわいそうなのは副首相。
過去の件や愛人が犯人につながってたってだけで本人は何も知らなかったのに。。
ジャッキーに爆弾テロやゲリラ戦されて命狙われて、
最後は警察のアホが逃がしたジャッキーに愛人との不倫を世界に流されて政治生命も経たされたり。
胸糞悪すぎて、、視聴後にこの苛立ちをどこにぶつけたらいいのだろうかとやるせない。

なぜジャッキーやピアース・ブロスナンはこの映画に出演したのか。
彼らが出てなければこんなクソ映画なんて観ることもなかったろうに。
視聴後の胸糞感ふくめ、怖いもの見たさでも視聴しないことを勧める。
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
エーカゲン二世2019/11/20に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
シリアスなジャッキー・チェン
確認済みの購入
お笑い要素を一切排除したシリアスな内容の復讐劇。

アクションが全部リアル路線かといえば一応突っ込みどころは有るわけで、ジャッキーが打撃を連打するときに「ハイハイハイハイッ」と言ったり、ナイフを持った相手に素手で応戦するなど気になる点はあるが、笑わないジャッキーのシリアスアクションが見れたというだけで自分は満足できた。
42人のお客様がこれが役に立ったと考えています
猫太郎2019/11/29に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
殺る、殺らないの定義が明快なので主人公に好感が持てる。
確認済みの購入
「あまり殺さない」ということで話がぬるいのかな、と思ったのですが「不殺」の定義がしっかりしていてジャッキー演ずる主人公に好感を持ちました。やるときはやるしね。ストーリーもきびきび進んでよかったです。
中国人の主人公がなんで米軍特殊部隊に入れたのかそこはよくわからないんですが(笑)
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
KAZU2019/11/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ストーリー的にもなかなか深い仕掛けがあります。
確認済みの購入
よく考えられていると思います。政治的な問題は複雑ですけど、アクションも楽しめるし、なかなか深い仕掛けがあって、最後まで見入ってしまいました。ジャッキー、年齢を超えてよく頑張った。応援したい作品です。ブロスナンもよい味出していたと思います。バランスが良く、お勧めです。
36人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示