中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・ファミリー (ヴィレッジブックス) 文庫 – 2003/1

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他(15)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,787 ¥ 565
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 650 ¥ 753
文庫, 2003/1
¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,917 ¥ 1
CD, Abridged, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 3,439 ¥ 1,151
カセット, Abridged, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 1,995
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『ゴットファーザー』の原点がここにある!法王アレッサンドロ6世、チューザレ、ルクレッツィア……。ルネサンス時代のローマを喜びと恐怖で支配したボルジア家の物語
ルネサンス華やかかりし15世紀イタリア。ヨーロッパの街々を信じられない冒険譚で彩った一族がいる———その名はボルジア家。
法王や優れた軍人を輩出し、「ローマにボルジア家あり」と畏れ、うらやまれたという。血縁に限りない愛と援助を、裏切り者には容赦のない報復をもってローマを制し、大いに権勢を誇った彼らこそ世界最初のマフィア、「ザ・ファミリー」と呼ぶのにふさわしい一族であった。絢爛豪華な仮面の裏に隠されたどす黒い陰謀と、禁じられた愛の数々・・・・・。
血の絆をテーマに、愛と憎しみを壮大なスケールで描ききったマリオ・プーヅォの遺作。


内容(「BOOK」データベースより)

ルネサンス華やかかりし15世紀イタリア。ヨーロッパの街々を信じられない冒険譚で彩った一族がいる―その名はボルジア家。法王や優れた軍人を輩出し、「ローマにボルジアあり」と畏れ、うらやまれたという。血縁には限りない愛と援助を、裏切り者には容赦のない報復をもってローマを制し、大いに権勢を誇った彼らこそ世界最初のマフィア、「ザ・ファミリー」と呼ぶにふさわしい一族であった。絢爛豪華な仮面の裏に隠されたどす黒い陰謀と、禁じられた愛の数々…。血の絆をテーマに、愛と憎しみを壮大なスケールで描ききったマリオ・プーヅォの遺作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 516ページ
  • 出版社: ソニーマガジンズ (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4789719820
  • ISBN-13: 978-4789719827
  • 発売日: 2003/01
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 447,179位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2003/5/19
形式: 文庫
史実よりも、小説としての面白さに重きを於いているように思う。
歴史の中で悪く言われがちなボルジア家の人達だけれども、この本では
温かい目線で人間味溢れる人物として描かれていた。
力強く着実に登り詰めていったチェ-ザレが、その何倍ものスピードで
人生を転がり落ちていく最期は、誰が書いた本を読んでもやっぱり切ない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
塩野七生氏の作品と比べると歴史的な考察、洞察という点では塩野氏の
ほうだが、小説としての完成度、面白さという点ではこっちに軍配を上
げる。マリオ・プーヅォの遺作をキャロル・ジーノが完成させたのだ
が、最終章までは彼が書き上げていたということなので違和感はなし。
この作品のキモはボルジア家をゴッドファーザー、マフィアとして解釈
する点にある。ここで好き嫌いがはっきり分かれると思う。
マキャヴェリは、塩野氏作品よりも出番は少ない。この作品は「家族」
の物語だからだろう。だから、マジョーネの反乱なんかもかなりあっさ
りとした扱いになっている。「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる
冷酷」と読み比べてみてほしい。
総じて、ボルジア家の悪名高き伝説をうまい具合に消化して使っている
小説といえるだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
各イベントの細部の描写が無かったり、場面転換が唐突過ぎることが多すぎる。 本来なら、この数倍のボリュームになるほどの内容を一冊に要約した感じ。

作者が死の間際まで書き続けていて、最後は別人の手で仕上げられた作品だということなので、作品を書くエネルギーが十分に残っていなかったのだろうと思う。

内容がスカスカというのを別にしても、魅力に富むキャラクターも登場せず、さして面白い話ではなかった。 身勝手な人間たちが相応の末路を辿るというだけの話。 「ゴッドファーザー」と同じ作者が書いたとは信じ難いほどつまらない。

Mario Puzo の作品で面白いのは、「ゴッドファーザー」以外では、Fortunate Pilgrim と Fools Die ぐらい。 Last Don とか Omerta(読んだっけ?)もいまいち。 The Fourth K に至っては作者のヒトの価値を評価する際の基準(美しく、賢く、強い)が登場人物にあまりにも安直に反映されている(The Family にも共通する欠点)のに嫌気が差して読むのを止めた(破って捨てた)。

Mario Puzo は「ゴッドファーザー」だけが飛び抜けて面白い。 他の作品との落差が不思議でならない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/15
形式: 文庫
マリオ・プーヅォといえば「ゴッドファーザー」などマフィアものを書かせたら第一人者。
1997年に亡くなり「オメルタ」が遺作だとばかり思っていたところに本書が刊行。
(最終章までは本人が書き、彼に20年連れ添ってきた作家のキャロル・ジーノが完成させた)
本書はルネッサンス期のイタリアを舞台に実在した法王アレッサンドロ6世となったロドリーゴ・ボルジアとその家族の物語である。
プーヅォはボルジア家こそが原初の犯罪組織(ファミリー)だと断言し中でも法王アレッサンドラは最も偉大な首領であると信じていたらしい。
プーヅォがヴァチカンに旅行してから20年近く構想を温めていたというだけあって堪能できるオススメの1冊である。
レオナルドダヴィンチ、女帝エカテリー!!?、マキアベリなどそうそうたる歴史上の人物が随所に登場し、
絢爛たるルネッサンス期の雰囲気を感じる事ができる。
本書でボルジア家に興味を持った私は早速塩野七生の「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」を注文した。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
歴史物と聞き手をつけるのに時間がかかったが、読み始めるとそこはやはりプーヅォの世界で物語としておもしろかった。多くの登場人物とその深みのある描かれ方はどんな人もはまらせるはず。あまり歴史物に興味がない人でも絶対に楽しめます!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告