通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版 単行本 – 2009/9/7

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,224
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版
  • +
  • ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実
  • +
  • 真実のビートルズ・サウンド完全版 全213曲の音楽的マジックを解明
総額: ¥9,720
ポイントの合計: 293pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビートルズのスタジオ・レコーディング・マジックが明らかになる!
カラー写真や原書にあった図版なども完全収録し、1962年~1970年のビートルズのレコーディングに関する記録全てをまとめあげたファンはもとより音楽を志す人必携の一冊。2009年9 月9日には、オリジナル・アナログ盤に忠実にリマスターされたデジタル・リマスター・ステレオCDが発売され、その録音の詳細を解説した本書は最高のガイドブックとなること必至。20世紀末のアンソロジー他、21世紀になって発売されたアイテムとの関連も含め、原書にはない豊富な訳注、解説も新たに書き下ろし収録した完全版です。

内容(「BOOK」データベースより)

「ビートルズ・サウンドのマジック」その全貌を知る!あの名著が、新たなデータを加えてリニューアル。200点を超す貴重な写真や図版も掲載。


登録情報

  • 単行本: 367ページ
  • 出版社: シンコーミュージック; B5版 (2009/9/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 440163294X
  • ISBN-13: 978-4401632947
  • 発売日: 2009/9/7
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 209,317位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
スタジオレコーディングおよびトラックダウンについての状況を知るには、
間違いもあるようですが、それでもこの本がまず第1級の資料であることは間違いありません。
旧版をお持ちでも、リマスターが出ている今、これは買う価値があります。

どうでもいいことですが、個人的には、巻頭のポールのインタビューがいいです。
すでにいろんなところで語られていることが多いですが、ポールの目から見たビートルズの状況が
わかります。
デビュー前にジョンのフラットのマットレスの上で一緒に曲作りしたとか、
あぁ、シンシアと一つになった場所ね。などと下世話な想像もできたり(苦笑)。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ビートルズ作品の制作過程を知る上では、第一級の公式資料と言ってよい。大ヒット曲がわずか数テイクで出来上がっていたり、初期の頃はあまりよくない条件の中でレコーディング作業をしていたことがわかる。60年代当時のレコーディング技術の変遷もわかり、興味深い。本書の初版刊行の後、アウトテイクもののブートがたくさん出てきたが、本書を読むと、そういうものを聞きたくなる気持ちもわかる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
こんな記述が面白かった。「録音が終わってスタジオ内で誰かが言った。今度のアルバムのタイトル撮影はエベレストがいい(タバコのパッケージからインスパイアされて)。そうだ!最高のアルバムにふさわしいじゃないか。世界NO.1バンドだし。」しかしジョン・レノンは首を縦に振らなかった。「そんなに大袈裟にすることないよ。遠くへ行かなくてもスタジオの前の道路で撮ればいいじゃない。」と、他のメンバーも同意した。決してうぬぼれない、こころは、すでにビートルズにあらず。ゲットバック企画セッションが嫌なムードで終わり、最後のレコーディングを完全無欠に成し遂げてしまった頃のメンバーの雰囲気をよく現わしている。しかし完成したアルバムジャケットは“アビーロード”というファンなら誰もが知っている永遠にその名を残す横断歩道としてビートルズ聖地の一つになった。他にもアルバム“ラバーソウル”や“リボルバー”、“サージェント・ペパー”で聞けるジョージが傾倒したインド楽器シタールを取り込んだ経緯、「ストロベリーフィールズ・フォーエバー」や「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」はジョン作品にポール作品を後から組み合わせた2部合体構成であった点などは、以外にもあの才能集団といえども納得するまで試行錯誤があって、やっと産み落とされたのであった点などは驚きであり、スタジオなどにまるで縁のない自分もそこに居合わせているかの如くビートルズの新...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 1990年に出版されたものの新版・改版であり、旧版発行後に出てきた新しいデータ等の資料が追加されている。マーク・ルーイスンによるレコーディング記録は1962年6月6日から1970年5月8日までとまったく変わっていない。レコーディング記録の内容も変わっていない。旧版では巻末に納められていたポールのインタビューが、新版では巻頭にきているのと、レコーディング途中の写真等が新しいものと差し替えられたり、全体的なレイアウトが変わっている。

 旧版と大きく変わったのは、本と活字フォントの大きさである。版型がA5からB5に変わると同時に、最近の出版界の傾向と読者の高齢化にあわせて、文字も大きくなって、レイアウトも考えられて読みやすくなっているのは本当にうれしい。
 ところで、肝心の内容だが、既に知っている事実にもかかわらず、何度読んでも興味深く、ついつい時間を忘れて読み耽ってしまう。印象深いのは、1968年7月中旬のホワイト・アルバム製作中のスタジオの険悪なムードだろう。嫌気がさしたエンジニアのジェフ・エメリックはとうとうスタジオを飛び出してしまう。そのときのスタジオ内の雰囲気が生々しく記録されている。ジェフが本書の記録に再登場するのは、1969年4月14日の"The Ballad of John and Yoko" のレコーディングのときである。
<
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現代のビートルマニアなら必ず座右に!すでにもっているとはおもうが・・・この本の日本での版権がビートルズクラブの手に落ちなかったのはやはり幸いだった!?
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
レッド・ツェッペリンの「コンサート・ファイル」同様、トイレにいながらにしてビートルズのセッションに参加できる贅沢。アルバムの音が頭の中に入っていればいるほど、この本読むのが止まらなくなる。「愛こそはすべて」なんて、本当にとんでもない事をやらかしている訳で、これを読んでから「アンソロジー」の映像見ると興奮する。ファンを自認するなら、これは読んで損はない。一生モノだ。

それにしても1963年の2月のアビー・ロードは、ビートルズのライブだった訳だ。エンジニアはさぞかし興奮したんだろうなぁ!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告