ザ・ビーチ (特別編) [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 936
9pt  (1%)
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 物流MK2014
カートに入れる
¥ 1,448
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
カートに入れる
¥ 1,680
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: meetjapan
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ザ・ビーチ (特別編) [DVD]

5つ星のうち 3.8 84件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,533
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 606 (40%)
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:20¥ 763より 中古品の出品:2¥ 600より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオザ・ビーチ (字幕版)¥ 0で観る

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・ビーチ (特別編) [DVD]
  • +
  • ロミオ&ジュリエット [DVD]
  • +
  • 華麗なるギャツビー [DVD]
総額: ¥2,389
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: レオナルド・ディカプリオ, ティルダ・スウィントン, ロバート・カーライル, ヴィルジニー・ルドワイヤン
  • 監督: ダニー・ボイル
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2012/09/28
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 84件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B008MVQC9W
  • JAN: 4988142905420
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,672位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

それは、禁断の場所──そして恐怖が始まった。
「もう1つのオープニング&エンディング」など、DVDだけの特典が満載の<特別編>!

映画の言葉 “先入観は捨てて何でも体験しよう"


<キャスト&スタッフ>
リチャード…レオナルド・ディカプリオ(松田洋治)
サル…ティルダ・スウィントン(唐沢 潤)
ダフィ…ロバート・カーライル(岩崎ひろし)
フランソワーズ…ヴィルジニー・ルドワイヤン(高橋理恵子)

監督:ダニー・ボイル
製作:アンドリュー・マクドナルド
原作:アレックス・ガーランド
脚本:ジョン・ホッジ
音楽:アンジェロ・バダラメンティ

●字幕翻訳:松浦美奈 ●吹替翻訳:木村純子

<ストーリー>
バンコクを旅するリチャードは、安宿でダフィと名乗る奇妙な男から“伝説のビーチ"の話を耳にする。そこは美しすぎるほどに美しく、全ての日常から解放される夢の楽園──。その翌日、1枚の地図を残しつつダフィは変死。リチャードは地図のコピーを手にし“伝説のビーチ"を目指す。しかしそれは狂気に満ちた世界のはじまりだった……。

<ポイント>
●「もう1つのオープニング&エンディング」がチェックできる未公開シーン集を収録。
●ダニー・ボイル監督が作品を徹底解説する音声特典、貴重なストーリーボード集もあり。

<特典>
●音声解説(監督)
●未公開シーン集
●ミュージック・ビデオ(All Saints“Pure Shore")
●ストーリーボード
●バイオグラフィ(英文)
●オリジナル劇場予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ダニー・ボイル監督、レオナルド・ディカプリオ主演によるサスペンスドラマ。バンコクを旅するリチャードは、変死した男・ダフィが残した地図のコピーを手に“伝説のビーチ”を目指すが…。“ベスト・ヒット”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
私の場合、社会に出るまでのモラトリアムと呼ばれる期間の多くを無気力で過ごした。もちろん毎日の遊びはそれなりに楽しかったが、目的意識のない快楽でしかなかった。
やがてバックパッカーになり、未知の世界の探求という若干目的意識のある楽しみを覚えた。この映画に出てくるタイのサムイ島、パンガン島で友人と数週間毎日バイクで島を走り回ったり、ダイビングをしたり、ムエタイを見たり、クラブで踊りまくったりと楽園のような日々を過ごしたこともある。
だが、毎日そんな生活が続くと、つくられた娯楽、うかれた観光客というのが非常に嫌に思い始めるのだ。この映画に出てくるバンゴクのカオサン通りというのは、まさにバックパッカーの溜まり場の町で、この町をスタート地点として世界中に飛立つ若者でごった返している。目的地を見出さず、長期間この町でごろごろしている者も多い。自分の今までいた世界から飛び出してカオサン通りに来たのに、また同じような奴ばかりかとうんざりしてしまうのだ。
このような自分の見たことの無い世界を求めるという経験があることを前提として、初めてこの映画が楽しめるのでは無いだろうか?
誰しも若い頃には新しい未知の世界を求める。だが、実際にその未知の世界を手に入れてしまうと、結局今までの世界が一番であるとわかる。
この映画はあらためて、一番大切な世界はどこかを教えてくれる。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作(原書)とDVDを同時に購入し、先に原作を読んだ。読み終えた時点で、続けてDVDを観るのは正直気が重かった。原作のもつ猟奇的なエンディングを映像で観るのは「ちょっと遠慮したいな」という気分だった。
原作を読んでいる間にインド洋大津波が起きて、虚構を遥かに超える現実に打ちのめされたこともDVDを遠ざけた要因となった。
そして、ようやくDVDを観た。・・・原作との相違を私は好意的に受け入れる。エピソードの省略、キャラクターの省略と役割変更など、原作とは異なる点が多々あるが、何も原作を忠実になぞるのが映画化だとは思わない。むしろ、原作を上手に裏切ってくれた方がいいと私は思っている。
原作では共同体のストイックな側面にカルト宗教的な気持ち悪さを感じたが、映画は俗っぽい要素を取り入れ、そのあたりはかなり軽減されている。
発表年代の違いもあるし、原作者と映画制作者とで社会的な経験の差もあるのだろう。
優柔不断で、おっちょこちょいで、お調子者で、小心者で・・・、情けないけどカッコいい主人公リチャードをデカプリオは好演している。
原作の方がいいとか、映画の方がいいとか、そういうことではなく、読者として、観客として、双方を受け入れることができるのだから、その幸福は享受したい。原作とDVDの双方を味わうことでさらに深みを増す世界が『ザ・ビ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/6/19
形式: DVD
私のお気に入りの映画の1つです。 主人公のリチャードがタイへ1人旅に行き、そこで見た物、 体験した事、そして、そこで得た物が描かれている訳ですが、一見非現実的な様で、とても現実的な内容だと思います。一人で海外を旅した事のある人なら多少なりとも リチャードに共感出来るのではないか思います、 私がそうであった様に。
私の楽園という場所のイメージが、そのまま映像になった かのようなところも気に入った理由の1つです。 タイの青い空と青い海、そして流れる音楽が凄い良い。 リチャードと一緒に超短時間楽園の旅に行きましょう。 最後はちゃんと現実に戻してくれますよ。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
当時絶頂にあったディカプリオが主演し、個人的には90年代の最高傑作と呼びたい「トレイン・スポッティング」のクリエイターが作り上げた「娯楽大作」としての期待を背負わされたがために、興行的には失敗した本作であった。しかし、映画公開から数年ぶりに見直して観ると、映像や音楽のみならず物語の部分でも、きわめて丁寧に作られた作品であることに気づく。映画にするには到底長すぎる原作を忠実に再現するのではなく、ビーチで起こるキーとなるイベントだけを取上げてまとめた点は、評価に値すると思う。

そして世紀末のアメリカ(西洋と言うべきかもしれないが)の若者を描いているという点で、これをアメリカ版「トレスポ」と観ることもできることに気づく。彼らの日常はもちろん、「トレスポ」のジャンキー達の悲壮感とは180度異なる。アジアを「未開の地」としてバックパック1つで放浪し、自分達が美しいと思うものだけを享受する特権を(何の苦労もなく)手に入れ、そしてそれが儚いものであることには(自分の生命がおびやかされるまで)まったく気づかない。ビーチを抜け出した後も記念撮影した写真を笑顔で見ているエンディングがすべてを物語っている。なるほど、この映画のエンディングには「トレスポ」のような爽快感があるはずがない。

これを「娯楽大作」として制作しようとしたために、原作にはなかったロマンスが
...続きを読む ›
2 コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー