通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ザ・トヨタウェイ(下) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 book store 24
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好なコンディションです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・トヨタウェイ(下) 単行本 – 2004/7/22

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,000 ¥ 111

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・トヨタウェイ(下)
  • +
  • ザ・トヨタウェイ(上)
  • +
  • トヨタ生産方式―脱規模の経営をめざして
総額: ¥6,264
ポイントの合計: 190pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ジャストインタイム、カイゼン、一個流し生産、自働化、平準化などを駆使した製造力に連結純利益1兆円突破のトヨタの秘密がある。そこには、人の動機付けに対する深い洞察にもとづけ事業哲学がある。本書は、トヨタの世界の工場で実践されているトヨタ生産方式を基礎付けるトヨタウェイの14の原則を詳細に解説する。下巻は、原則の後半とトヨタウェイの導入法を解説する。

出版社からのコメント

ミシガン大学はアメリカにおける日本の製造業、特に自動車産業研究のメッカ。同大学教授で、ジャパン・テクノロジーマネジメントプログラムのディレクターでもあるライカー教授が、20年の研究成果を初めてまとめたのが本書。GMとの合弁事業から始まった自動車の母国・アメリカにおけるトヨタの車づくりの本質を、関係者への膨大なインタビューと、本人も生産現場で実際に働いて肌身で感じるという体当たりのフィールドワークによって解明した。   著者の結論。トヨタの事業哲学であるトヨタウェイと製造手法であるトヨタ生産システムは、まるで風土の異なるアメリカでも見事に根付いた。つまり、純粋な日本型経営・生産モデルであると思われてきたトヨタウェイは、普遍的なものであることが実証されたーー。

 著者のトヨタ分析の視点は、 1長期的考え方 2正しいプロセスが正しい結果を生む 3人とパートナー企業を育成して会社の価値を高める 4継続して根本問題に取り組んで組織的学習を行う  の4つに分けられ、14原則にまとめている。

 これまで、トヨタ生産システムについては、元トヨタ自工副社長の大野耐一の名著『トヨタ生産方式』が概念的な説明を与えてくれたが、それ以外は非常にテクニカルな「手法」論しかなかった。本書は、ムダ取り、一個流し、ジャストインタイム、自働化(ニンベンのついた自動化)

といった特殊なトヨタ用語の単なる解説ではなく、連結で純利益1兆円を生むにいたったトヨタの事業哲学と生産システムを真正面から取り上げ、「トヨタ流」の本質を解き明かしている。ある意味で、トヨタ本の決定版とえいる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 293ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2004/7/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822244164
  • ISBN-13: 978-4822244163
  • 発売日: 2004/7/22
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 208,519位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この書籍はトヨタ式のシックスシグマの実例として、詳細に記されている。

カイゼン、自働化、ポカヨケなどのトヨタ独自の問題解決法がユニークなネーミング

以上に現在のトヨタを支えていることが良くわかる。

他の会社も、トヨタに見習いシックスシグマ手法を取り入れている所も多くなってきたが

東芝のように自分独自の手法を取り入れて成功しているところもあれば、NECのように

いまだ、成果が表れていないところもあり、本書そのままの手法を取り入れて会社が

良くなるということはないだろう。

書籍としては、現在のトヨタがなぜ今の位置にいるかが良くわかる内容であった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
下巻のレビューです。
下巻の後半では、「あなたの会社がトヨタのようになるためにどうしたらよいか?」を考察しています。本書をいくら読み込んでも、もちろん、自身の会社をトヨタ式に変革できる、というものではありませんが、「訳者あとがき」にあるように、「十分に示唆に富む」ものだと思います。
トヨタ式はトヨタグループの皆さんが築いてきた尊敬すべきなにものかであって、トヨタさんと無関係な日本人が自分たちのものとして誇りに思ってよいようなものではない。
とはいうものの、トヨタ生産方式が日本の宝であることは、知っていなくてはいけないと強く思う者です。
長年日本経済を支えてきた2本柱(素材産業の大きな顧客であったという意味からも)であった自動車とエレクトロニクスの今日の状況を見れば、1本柱になってしまうのではと危惧するほどです。
本書とともに、トヨタ自動車さんの工場見学や、産業技術記念館の見学も、お勧めします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 トヨタが一人勝ちに近い賞賛を受けていた6年ほど前に出版され、大変話題になった本である。その後社長が2代交代し、北米でのリコール問題を経た現在のトヨタの変化は当然ながらこの本からでは分からないが、改めてトヨタが凄い会社であることを知ることができる。
 あまたのトヨタ本がある中で、この本の意義は、同社のグローバリゼーションの考え方、方法論が、特に北米での現地化の様々な事例や証言を元に、アメリカの経営学者の眼を通して描かれていることにあると思う。価値観が日本と大きく異なる北米において、企業としてのフィロソフィーを変えることなく、見事現地化に成功した日本企業のグローバリゼーションの優れたケースを読むことができる。その成功要因は、下記の4点が大きかったように本書から読み取れた。
 ・比較的早い段階から北米での現地化を検討し始めたこと
 ・最初は、あえてGMとの合弁会社(NUMMI)という慎重な手段をとったこと
 ・日本のリーダーを派遣し、トヨタの文化、フィロソフィーを植えつけ、時間をかけて現地のリーダーを育て上げたこと。
 ・最も根本は、変に現地の価値観におもねらず、自社の思想、哲学への強い信念をもっていたこと。
 こうした、自社の哲学を核として強くもってグローバリゼーションを図ることの大切さは、近年のサムスンの成功などにも共通し
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
→他人から自分を評価してもらうことは、

  自分が自分を評価することよりも

  的を得ていることがありますよね

→例えば、自分が通常聞いている自分の声は

  テープやビデオで撮った声を比較すると..

→例えば、日本人がトヨタを語ることと

  外国人がトヨタを語ることを比較すると..

→「「ハンセイ」と「カイゼン」は、車の両輪である」(P187)

  などは、まさに、

  外国人ならではの、的確なトヨタウェイの表現だと思います!

→ストレッチ目標(P192)や、作ることと、維持・管理することは異なる

  スキルである(P239) という言葉だけでなく、本全体に覆う「がんばれ 

  トヨタウェイに挑戦する企業のみんなっ!」

  という雰囲気が、なんとも、ほんとに、心地よい!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告