この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ザ・テレビ欄0 1954~1974 単行本(ソフトカバー) – 2009/8/31

5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,445
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「黄金バット」「てなもんや三度笠」「シャボン玉ホリデー」など、全20年・196日分の番組表からテレビ黄金期を振り返る。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: ティー・オーエンタテインメント (2009/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904376102
  • ISBN-13: 978-4904376102
  • 発売日: 2009/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 504,582位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
テレビ放送は、半世紀の歴史があるのに、リファレンスのテレビ番組年表がないのが不思議だった。
曖昧なテレビ番組の記憶を整理したいという思いから、
1958−2009のテレビ番組年表の作成にチャレンジ、
どうにか完成しかけたところで、このシリーズが出版された。
もう一年早ければ、というのが個人的な感想。
年表は、番組の変遷、放送時間の移動等を把握するのに有効だが、
思い出の断片を呼び戻すのは、やはり、テレビ番組欄の方が有利だ。
テレビ欄の縮小コピーなので、文字のかすれ、つぶれがあり、読みにくいが、
このような形で、出版されたのは、大いに意義がある。

(1)1954〜1960のテレビ欄は、断片しかないのが残念。
   掲載データが揃っていないのか?
(2)1966までの11時の番組がレイアウトの関係で一部カットされている。
(3)見つけた訂正箇所
  P11のテレビ欄1959.4.10(金)は、1960.4.10(日)。
  P13のテレビ欄1960.4.8(金)は、1960.4.12(火)。

テレビ中毒者だった人には、おすすめの本です。
1 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
昔のテレビ欄見たかったんですよね。
こういう本を数十年待ってました。
とにかくありがたいので、字が細かいのは我慢します。でも、出来たら大きな文字でゆったりとコーヒーでもすすりながら読みたいものです。
あと、ちょっと残念なのは。年末年始がないところですね。
特に正月番組で何があったのか見たかったなあ。
まあ贅沢は言いません。この本を出して頂いただけでも。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この時代のテレビ欄が見たかったんです。ついに黄金期の登場ですね。これで完結は少しさびしいです。大判で年代別に出してください。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
テレビ創成期にどんな番組がやられていたのか,テレビ好きには興味を持つ内容をカタチ
にしてくれた本に感謝しております。
掲載形式は、テレビ欄+泉麻人さんの解説から成り、興味深く拝覧しております。

ただ残念なのは、テレビ欄の字が極めて小さく(アップ写真参照)、拡大鏡・ルーペがな
いと拝覧するのが難しいです。次回改訂時があるときは、改善されるよう期待します。

企画自体は◎です。昭和初期や戦後すぐのラジオ欄なぞという企画物についても、可能で
あれば期待したいところです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私が子供の頃の昭和40年代も含めて
とても懐かしくとても面白くこの本を眺めていて、いつの間にかハマってしまっています。
この当時はプロレスやボクシング中継もゴールデンタイムで数多く放送されていましたし
今みたいに2時間、3時間の長時間スペシャル特番も少なく
ドラマにしてもバラエティーにしても本当に30分、1時間といった短い時間が多かったようで
その中できちんとした中身で番組が作られていたんだなあと感じます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告